×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

週刊少年チャンピオン感想(2010年 27〜36+37号)

週刊少年チャンピオン感想TOPに戻る  作品別感想INDEXに飛ぶ

2010年 27号  2010年 28号  2010年 29号  2010年 30号  2010年 31号
2010年 32号  2010年 33号  2010年 34号  2010年 35号  2010年 36+37号


2010年 36+37号


・範馬刃牙 SON OF OGRE
休みが入った翌週は恒例のバキ3倍祭りである。袋とじはバキ外伝疵面。
原作、漫画は板垣恵介だー。あれー山内先生は描かなくなったんスかーッ!?
それはそれとして、疵面。花山薫がジョギングしているだと・・完全に鍛えてるじゃないですかッ!
花山の矜持以上に、国が決めた運動するという日を守る。これもまた花山の矜持か!
しかし、やはり普段運動していないせいか汗だくだくですな花山さん。

さて、本編。範馬親子が接触!
刃牙ハウスでコーヒーを楽しもうとしていた刃牙の髪がうきあがる。父さん妖気です!父さんの妖気です!
慌てて父親用のコーヒーを用意する刃牙。料理もできるだけにコーヒーの淹れ方も気を使う。
お湯であらかじめカップを温めるなどなかなか本格的。紅茶の入れ方っぽい気がするけど。
コーヒーを入れて振り返るとそこに親父がいた!ちゃんと靴を脱いで座っている!
刃牙も内心はえ〜〜〜!と驚きだがそんなそぶりは見せない。戦いはすでに始まっている!
こういう親子関係は・・やはりなかなかないと思う。
ちょっとした諍いが元で、抑えていた憎悪が噴出し、親子喧嘩に。それはわかるが、日常生活の風景がねぇ・・
コーヒーがマズくて腹を立てる。これも日常生活の一編。始まるか親子喧嘩・・というところで前半終了!

後半!
とってつけたような些細なキッカケッッ!
言ってしまいましたね。そして土下座をして相手の戦意を奪う。
さらに土下座しておきながら説教だ。嘘はいけない。俺の淹れたコーヒーはウマイッ!
調子付く刃牙は勇次郎にコーヒーを淹れてくれと注文をつける。
飲めるぞ、範馬勇次郎のコーヒー。
飲む方法はひとつ。力づくで無理矢理淹れさせる。そうすりゃ・・飯だって炊かせられる。
なんだ・・いいんだ、それで・・刃牙は親父の言葉を反芻した。
ようやく戦う気になった・・のか?刃牙のやる気はその時になるまでよくわからんから困る。

・みつどもえ
夏休みの間、松岡さんは丸井家にお泊り。必然的に出番も増えますね。
そういえば松岡さんはブラしている組でしたっけ。それなりに胸あるようですしねぇ。
おかわりはいらないと言っただけで大慌てされるみっちゃんの信頼感はハンパなかった。
それにしても、みっちゃんに生暖かい視線を送る松岡さんはふたばそっくりだ。
松岡さんもついに電波呼ばわりか。ゆんゆん。まあ、しょうがないですけどね。
実際、胸に関してはみっちゃん以上にひとはは薄い気がする。服装の問題もあるかもだけどね。

・元祖!浦安鉄筋家族
栄養ドリンクの一滴でジャック・ハンマー並のドーピングができるとは安上がりだな!
そしてフェチな面でもドーピングできます。思い込みの力って凄いね!

・弱虫ペダル
箱根学園の4番、新開。エーススプリンターでございます。
さすがにエースの肩書きは伊達ではない。泉田君のようなイロモノとはわけが違う。
御堂筋君と同じ速度での加速。あまりの加速度に先導車も抜き去ってしまう。いいのか、それは。
さらに加速。チギろうと思った御堂筋君がチギれない。どころか置いて行かれる。
ハァア?御堂筋君も呆然。これはカッコ悪い。
さんざん大口を叩いてきただけに、無様な姿を見せると一気にカッコ悪くなってしまうなぁ。
しかし新開さんは本当に早いな。しかも食べながらだし。
実は食べている間だけ早いとかないですよね。いや、箱学とはいえそんなイロモノ揃いじゃなくてもいいです。

・ナンバデッドエンド
立てこもる生徒に向けてさらにおどしをかける教師。
その教師に向けて非難の声が飛ぶ。冷やかし側は気楽でよいポジションだな。いてくれると助かるけど。
どうでもいいが、ワンモアチャンスを言い出した生徒が剛に見えた。もう戻ってきたのか!早い!
吟子も友達と体育館に向かう。いい友達を持ってよかったねぇ。ほんと。
立てこもり1日目にしていい結果が出そうな雰囲気。確かに帰宅しなければ父兄が騒ぎ出しますわな。
しかし校長の表情が気になるな。死なばもろともとか言い出しかねん。
まあ、退学は一時取り消しにするけど、何か条件をつけてきたりするのかな。どうなることやら。

・ケルベロス
子供を生贄にするというのもよろしくない話です。仰岐もまた普通に殺してしまうからまたよろしくない。
今回はずっと智恵さんのターン!なぶられて怒鳴ってまたなぶられる。
足にマヒ毒打たれて立っていられなくなったわけだが、足の裏を持って万歳したらどうでしょう?
その態勢では長く持たないかもしれないけど。
ついに悲鳴をあげ涙を流す智恵。その声を聞きつける景。まだ距離があるなぁ。
金屋ちゃんの時は悲鳴と共に駆けつけたというのに、今回は遠いな。まだ余裕があると申すのだろうか?
とことん智恵さんをいたぶるつもりですな。業の深い作者だぜ・・

・はみどる!
アイドル水着祭。ポロリもあるよってやつですか。と思ったらポロリ枠なんてあるのかよ。
頭についている少チャンフラッグを奪うのよ!
久しぶりに少チャンを作品内で見たぜ!弄ぶという字に似ていることで有名な少チャン。
あの程度のことで秋田書店サマが激怒なさるとは・・紳士的に少チャンをいたぶるのはNGということか?

・バチバチ
ドングリ渡部の意地が勝ったという感じですな。鯉太郎の初黒星。
王虎や村神の時とは違う、意地でもくらいついて勝つという気迫が足りなかった感じですねぇ。
しかし思った以上に派手な負け方したな。飛んだぞー!
さて、敗北を知った鯉太郎がどうなるか。敗北は獅子をネズミに変えるともいうが、はてさて。
吽形さんの大事な一番の前で負けたとヘコむくらいで済めばいいが、今後の場所にも響いたらコトだな。

・キガタガキタ!〜『恐怖新聞』より〜
新聞紙に服を着ろというのはいかがなものだろうか。
というか、中学生の枕元にエロイ格好で現れる恐怖新聞も罪な存在である。
今回の新聞記事のターゲットは、俳優の萩中マナヴさん。顔は怖いけど良い人だ。
こんな怖い顔で背景キラキラされても困る。
そんでもって殺人鬼。今日の正午に6人目の殺人を犯すのが記事の内容。
ということだったが、結果的に萩中さん死んでるんだよね。
どういう記事だったんだろう?記事の内容としては、6人殺しの萩中マナヴ死亡とか書かれそうなもんだが。
記事の内容が正確にわからないとどう止めればいいか判断しづらいなぁ。
なんだったら、死体をもうひとつ増やせば7人殺しになって記事が外れるとかとか。
前回のトラックだって2人は死んでるけど防げたことになるんだしなぁ。いまいちルールが不鮮明だ。
まあ、今回は恐怖新聞の勝ちということで、寿命100日分がその場で食べられます。
これはエゲツナイ。気づかぬうちに持っていかれてるならそんなに気にならないかもだが、これはキツイ。
おまけにゲップまで吐かれたとあっちゃ、意地でも抗いたくなるもんですわね。

・釣り屋ナガレ
突風を受けての最後の一投。ヒロはギリギリ入ったがナガレは外れて終了。
点数を見る限り、早うちでなくても変わらないのか・・意地の張り合いだったわけね。
次は遠投げである。飛ばすための竿で一気に飛ばせるぞ。釣りには向かない竿だ。
なんか釣りとは大きく離れていっている気がするが釣り屋としてそれでいいのか?

・出陣!!ムショ高排球軍
相変わらず将軍の特訓はキツイぜ!
それはそれとして、天馬の家庭のお話でゴザイマス。うーむ、キツイな。
おっかけに気を使うのはともかく、両親にのけ者扱いされるのはなぁ。
しかし、ベスト4でも結構なもんだというのに、それが霞むくらい兄は凄いらしい。
副キャプテンも天才と認めてたくらいだしねぇ。先輩クラスでも太刀打ちできるかわからないのか・・
兄はあんまり喋らないからどんな性格かわかりませんなぁ。
将軍の練習を見て何だアレ言ってたし、常識人ではありそうだ。
実はアスプロスの様に弟の影に怯えている・・とかはないな。あっちは弟も天才肌だったし。
しかし、将軍。ヘリを簡単に壊したりと、どんな財源持ちなんだよ。まあ、一城の主だしなぁ。

・ドカベン スーパースターズ編
野球の話をするなら帰れ!怒りの山田モードはまだ続いていた!?
わけではなく、微笑さんに対する思いやりらしい。
しかし微笑さんは何を相談するつもりだったのかね。引退も考えてたりするのか?
なんとなく光がサチコのポジションになっている気がする。

・侵略!イカ娘
イカ娘のアニメ用カットが公開。おぉ・・これは、いいな。イカ娘らしくなっている。期待したい。
本編は相変わらずさらさらとした話の流れだぜ。
ポイ捨ては本当にレッドカード与えて欲しいな。ナチュラルにやらかす奴おりますからなぁ。
そしていきなりのカードバトル。チャンピオンのカードバトルといえばカオシックルーンですよね。
絵柄はともかく、あの世界とイカ娘は合いそうにないな・・イカ娘にもモツはあるかな?

・聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
聖衣が砕けたのでむき出しの魂が抜けました。本当に抜けたー!
その魂を自ら傷つけ、砕けた聖衣に振りかければあら不思議。神聖衣の出来上がりだ!
パルティータはこれを狙っていたというのか?どうなのか?
まあ、神聖衣になったとしてもこの一戦だけとかになりそうですけどね。

・行徳魚屋浪漫 スーパーバイトJ
おさかな天国ってバブル終わってたころだったような気もしたがどうでもいい。
次回のスーパーバイトJは夏休み(取材)でお休みだ。今回は短い夏休みでよかったね!

・仁侠姫レイラ
いったれ虚空僧侶〜っ!マスクだけじゃなくコスチュームも剥いだれ〜っ!マァ、不謹慎な。
虚空僧侶は打撃系のスタイル。観客も南無南無とノリノリだ。
しかし攻撃の内容はエゲツナイ。喉への貫手。さらに三本指で喉をついて締め上げる。
鍛えようのない喉に食い込んだー!ジャックじゃあるまいし普通に悶絶するぜよ。
さらにコーナーポストに頭を打ち付けられ、リング外に落下するレイラ。
ふむ、やはりレイラは苦戦する姿の方が似合っている気がするぞ!
まあ、この後の逆転劇も期待しておきます。とりあえず。ザ・土偶見たいしね!

・ANGEL VOICE
シンゴがいることで、所沢のポジショニングが前よりになりループシュートを決めることができた。
一番大事なこと。サッカーは絶対に一人ではできない。うむ、大事だ。
敗北によるショックと分裂の危機もどうにか乗り越えれそうな雰囲気。打倒舟学の時期も見据えるようになった。
そして、練習前にマイちゃんが歌うのは、ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン
百瀬だけじゃなく、おじいちゃんも反応するユルネバ。サッカー選手にとっては特別な歌なんでしょうなぁ。

・クローバー
さすがに鳴我さん。全てお見通しだったんスね。さすがッス!
華咲の方々も結局見ていただけでお帰りに。みじめですなぁ。
なかなかいいキャラでした鳴我さん。また薔薇シャツで帰ってきて欲しいものである。

・不安の種
薬まかれて悶える守り神さまか・・頼りなくもあるが、擬人化したらいけそうだな・・厄いわね。

・ハンザスカイ
半座がケンカしたことを知り空手道部に衝撃が走る。慌てる一年生達。
そこで佐倉ちゃんの発言。護る為の戦いであったのだ。
番場さんのわかっていたぜ、みたいな表情がよい。格好いいッス。
すっかり拳士が板についた半座。普通の喧嘩もできない状態であります。
そんな半座を助けに現れたのは・・ヒロナオさん!ではなく青柳さんだ!
素足に靴というスタイルだがカッコイイ。当ててはいないもののこれはビビル。
しかし、相手が引かなかったらどうするんでしょう?青柳さんも喧嘩はできないっしょ?もみ消すのかッ!?
というか、穂波嬢を救って喧嘩したのも青柳さんなんですかねぇ?先生の話すタイミングからしてそうっぽいけど。
まあ、それならば3年生の部員が青柳さんしかいなさげなのもわかる話である。一度部なくなったのかぁ。
しかし、そうなると穂波嬢は2年あまりであそこまで強くなったのか・・恐ろしい。

・シュガーレス
久しぶりのシャケさん登場! そのシャケさんを倒すべく集まった不良達は何故か橋の上にいた。なんでだ!
数の理が全く生きない橋の上である。お前らは順番にやられるために並んでるのかよ!
と思いきや、喧嘩にすらならなかった。なるほどー橋から落ちるためにいたんですね。芸人かッ!
シャケは黙ったままで人を割って進みました。なぁに、マイちゃんだって一声で不良の群れを割ったぜ!
そんな無茶苦茶な人の前に現れたのはマリモ。ほんとマリモは無茶苦茶だ。溶け易いアイスから食えよ。

・AL
急所に突き刺さるアルの角。しかし、そこは硬かった。骨が再生した!?火事場のクソ力か!?
一応効いてはいる様子。しかしアルのいうでっかい角という表現は一体・・
牙王の骨がうまいこと曲がって内部に刺さりやすくなっているとかかね?
一方、北はモブばかりなので凄惨を極めていた。
玄牙さん、シルエットかと思ったら元から黒かったのね。なんでいつまでもシルエットなのかと思ったら。
次回で一気に決着がつきそうな雰囲気だが・・はてさて。

・木曜日のフルット
今年は本当に暑い。玄牙さんみたいに真っ黒だと大変だな。
単行本1巻は10月発売かぁ。いやぁ、2ページ漫画で単行本がでるほど貯まるとはなぁ。



2010年 35号


・バチバチ
斉藤家母「鯉太郎は私が育てた!
いや、ワシが育てた発言とは違ってその通りの部分もあるんですけどね。剛毅な人だ。
その鯉太郎は優勝のプレッシャーがかかっている。適度な緊張は必要だけど、これは・・
相手はドングリ渡部。なんでドングリ?向こうも緊張はしているが、勝つイメージをしっかり持っている。
これは鯉太郎に初めての土がつく展開になるやもしれぬなぁ。
よりにもよって吽形さんの大事な一番の前であるが、だからこそそうなる気もするのが怖い。

・弱虫ペダル
先週、ジッパーをあげたのかと思ったアブさんでしたが、思いっきり開けていました。
やはり最初は見せびらかしたいんですよね。困ったアブさんだ。
御堂筋君は今週もノリノリ。挑発をかけまくる。簡単にのせられるアブさん。これだから脳筋は!

泉田「どちらが強いか!さぁアブ!

さりげなくアブ混ぜるな!本当に困ったアブさんだな。
スプリンター対決で飛び出してきたのは、御堂筋君。本当に何でもできるんやな〜
あまりの威圧感に思わずジッパーを上げてしまった泉田君。
思わずジッパーを上げてしまった!なんか性的に聞こえなくもないな。下ろしてしまったじゃなくてよかった。
さて、アブさんタイムはここで一段落。一日目は温存していた男、新開の出番である。
箱根学園のエーススプリンター、新開!アブさんを超えるスプリンターがいた!
御堂筋君もからかえない雰囲気を持っている。これは期待株ですな。バキューン。

・ナンバデッドエンド
47人での立てこもり。まあ、そうそううまくいくものではないですわなぁ。
どうでもいいけど、教師陣は似たようなヒゲが多いな。体育の先生と桐山の区別がつかなかった。
進学を控えた3年生に推薦や内申の話とか・・厳しいな。見事なおどしっスね。ケッ。
というわけで、3年生以外にも駆けつけてやつらがいる。これは心強い援軍だ!
しかし、この行為が実を結ぶかどうか。一度おどしをかけた奴はムキになるだろうしなぁ。

・キガタガキタ!
40周年記念名作読みきりシリーズで掲載された、恐怖新聞のスピンオフ作品
鉄鍋のジャンの西条真二先生によるキガタガキタが連載になって帰ってキタぜ!

恐怖新聞は人の不幸を予言する新聞。購読料は命100日分!
恐怖新聞の基本設定ですな。それはいい。でもなんでこの新聞女性形なの!?なんかエロス。
それはともかく、恐怖新聞にとりつかれた鬼形冥は絶対当たる恐怖新聞の予言に対抗しようとしていた。
予言をハズレされれば寿命100日はもっていかれずに済むという理屈ですな。
というわけで、事故に会うと予言された不良を説得だ!
お前ら外でたら車引かれて死ぬぞ。これは予言だ!
そんな説得の仕方があるか!予言は当たるんだ。といきなり言われても信じられるはずはない。
信じてくれるのは松岡さんくらいではないでしょうか。もっと大変なことになっちゃうよ!
それはさておき、鬼形の忠告を聞かなかった不良は痛トラックに跳ねられる。
こんな目立つトラックで何度も人身事故を起こしてきたというのか・・そりゃ悪霊も宿るさ!ねぇジーコ。
そのトラック相手にキガタガニゲタ。ではなく、立ち向かう。キーを抜いて動けなくしたぞ!
E〜ッ!
そんなんでいいんすか?運転手無しで動いてるんだし、エンジンぐらいキーなくてもかかりそうなもんだが。
これは思い込みの勝負なのかもしれない。止めたから止まるんだから止まれという思い込みの勝利ではないだろうか。
そういう意味では、霊能力はないといいつつ、何かあるんだったりして・・
ともかく、連載の開始です。しかしどういった展開になるのか想像しにくいなぁ。

・元祖!浦安鉄筋家族
裏ジオ体操という名のサバイバル体操・・わざわざこんなことを毎朝やっている連中がいるとは。
その事実が十分ホラーだよ!一体何番まで用意していたんだろう。

・出陣!!ムショ高排球軍
フツーに教師として立っている将軍。周りの教師もフツーにしているのがなんともはや。
そして上級生代表はたかし麿先輩。見た目はともかく、人格者であらせられますからな!
さて、高校生活の始まりである。何事も初めが肝心!クラスでのポジションはすぐに決まるぞ!
入学式の時点でバレー部の評判は微妙なことこの上なし。そして、担任は将軍だ!担任持ちかよ!
そしてバレー部員であることをバラされて、天馬の普通の高校生活は終わったのでした。合掌。
しかし、天馬はもうすっかり呉露槻やデフロを友達と認定しているんですなぁ。同じクラスで喜んでるし。
さて、今回のテーマは必殺技会得訓練!サーブ練習でございます。
相変わらず無茶なことをやるけどなんだかんだで利に適っていると思いこまさせられる力技が素敵。
というわけで、天馬はピンポイントサーブを会得したのでありました。将軍の言うことに間違いはないね!

・ケルベロス
ハシゴにスカートの女子を先に登らせるだと・・お互い意識していないとは何たること。
というか、智恵さんは開放的すぎます。年頃の男の子が困ってしまうじゃないザマスか。
神の戯れ事によりもの凄いピンチな状態に追い込まれる2人。いい趣味してるな、ホント。
血が噴出す方も怖いが上から血が噴出してくる方も怖い。ホラーだな、ホント。

・はみどる!
しかし、西条プロデューサーは本当にろくでもないんだな・・大成する未来が見えない!
それはそれとして、今回。海苔で隠した方がエロく感じるなぁ、というのが分かった。
アイドルはトイレ禁止・・はさておいて、疲れとかを顔に出さないのは重要っぽいな。大変な仕事だわい。
それにしても天地さん・・この人も、まぁ・・大変だな!

・侵略!イカ娘
まあ、若くて可愛い店員だらけの店なんだから男の客ばかりになるのは自然の流れですな。
イケメンが入るだけで女性客も釣れる。そんな簡単に行くものかね!?いや、どうでもよいのですが。

・みつどもえ
おがちんの新しい水着はワンピース型。これなら私服で着てても違和感は・・いや、やはり無理ッス。
あっという間に距離をとろうとする伊藤さんはやはり腹黒なお嬢様。
そういえば、さすがのおがちんも兄には触られても腐ったりしないんですな。
アニメで大々的に変態になった佐藤君ですが、今回は霊媒師にされてしまいました。変態よりはましか。
そんなヘンタ、ではなく霊媒師佐藤君の前に届けられたのはおがちんの水着。ワンピースなのでフルセットだ!
しかし、思いっきり公衆の面前で脱がせて放置したのか・・本当に松岡さんはデンジャラスすぎるぜ。

・釣り屋ナガレ
障害者への対応は難しいねぇ。相手がどういう考えをもっているかによっても変わるわけだし。
ヒロの主張は立派ではあるが、人の厚意を無視する奴は一生苦しむぞとアムロさんも言っている。
でも、逆の人間よりはよほどよいしなぁ・・うん、やはり難しい。
試合のほうはハイペースのクイックスロー対決。一気に決着しそうな流れだ。いい速さだな。

・不安の種
夏はホラーの季節だぜ!というわけで、あの不安の種が再開だ!蒔きますか、蒔きませんか?
最初は軽めに来ている感じですかな。でもやはり読後感には不安感があるぜ。
これからどんどん不安感があがっていくのだろうか。御堂筋君もビックリすることになるのか!?

・ドカベン スーパースターズ編
試合が終わり、剣と光はデートしていた。おや、まるで普通の漫画みたいだ!すぐに終わったけど。
しかし、やはり剣は普段も帽子をかぶっているんだな。あの髪型はおかしいもの。
そして作者が彩子さんのことを忘れていなかったことにも驚いた。
そしてそして、今回の主役は微笑三太郎だ。プロ人生初のスランプ・・そうだったのか。
なんだかいつみても三振してるイメージだったが、きっちり打率は残している不思議な打者だったからなぁ。
スポットライトあたっちゃだめなんだよ!見えないところで稼いでおかないと。

・ANGEL VOICE
さて、乾の勝負。シンゴ1人加わってどう変わるか。ってこう来たか。これは読めなかったな。
シンゴが前に突っ込める位置にいるからこそ、キーパーの所沢は前に出ざるをえない。
だからこそあのシュートが狙えるようになると。まあ、仲間がいるからできることも増えるというわけですな。

・クローバー
ハヤトのパンチで鳴我さんは吹き飛ばされ勝負アリ。
ゲンゲンは別れを述べ、鳴我さんはそれを受け入れる。まあ、鳴我さんは物分りよさげでしたしね。

・聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
黄金のクロスもパルティータにはメッキよばわりされる。そういわれると輝きがあせて見えてきた。
そしてその言葉通り、聖衣は砕かれていく。肩のとこから目がでてくるとか、怖いなこの冥衣。

・仁侠姫レイラ
レイラが仁侠らしくヒールを演じている。似合ってるなぁ、オイ。
そして、選手最後の入場はサンダーカムイ。鎧姿で参上だ。そのまま戦ってくれても一向にかまわん!
トーナメントの組み合わせ発表。ヒマツリ仮面は不参加になるらしい。おやおや。
しかし、あの炎は思いっきり観客席まで巻き込む攻撃だと思うんだがどうなんだろう。
レイラの初戦の相手は虚空僧侶。勝てばザ・土偶だ。九サマとの勝負は見れなさそうで残念だな。
虚空僧侶もまた大層なモンモンを背負っていた。実は父親だったとかそういう話だったりする?
一回戦で親子対決!と思わせて偽者だったという流れとか。どこのギャンブルフィッシュだ。
しかし虚空僧侶。マスクはお面じゃなくて、全面覆うタイプだったんだな。

・ハンザスカイ
半座が校長室に呼び出される。やはり先日のことのようだ。
ああ、見かけた人からの通報ね。さすがにやられた奴が通報するとは思えなかったわいな。
しかし、通報した奴も何を見てたんでしょ?思いっきり人助けしている絵だったのに。
それはともかく、半座はあっさり乱闘したのは自分と認めてしまう。
部の連帯責任。こいつは重いぜ・・本当にそんな結果になったら半端なく重い展開になる。ナンバ並。
さて、佐倉ちゃんの行動によってどういう結果になるか。って言う前にまた乱闘を起こしそうな状態に。
ここは誰かが止めにきてくれるはず・・誰が来てくれるだ?
同じ空手部員じゃ手が出せないのは変わらず、意味がないしなぁ・・ヒロナオさん、早く来てくれーッ!!

・シュガーレス
血龍(ブラッディドラゴン)を背負った隣のページの半座から繋がってサンタさんのプレゼントだ!
壁に挟んで鼻に向かっての一撃!どっかのサッカー漫画だと死に掛けるような一撃である。
恐怖に縛り付けていた一団はトップがやられるともろい。拳王様がやられたーとばかりに逃げていく。
全てが終わったところに岳、卜部、シロ登場。まさか出番あるとはなぁ・・顔見せだけとはいえ。
そして、嘉上がいつもコート着てた理由は、冬に来るサンタさんからのプレゼントを待っていたということが判明。
やっぱり殴って欲しかったんだ・・ヒソヒソ。

・行徳魚屋浪漫 スーパーバイトJ
NJ先生もおばちゃんスキというわけではないんですな。若い子にも興味あるよってか!

・AL
つむじさん達が失敗した。そこですかさずホシカブトの出番ぜよ。キョココココ。
しかし、あっさり目論みは破られ吹き飛ばされるホシカブトさん。もはや様式美だな。
そして真打。アル&カブによる必殺技が飛び出し、牙王の古傷に命中だ!
これ、アルよりカブさんのほうが凄いな。コロコロ回る恐竜なんて新しいぜ!

・MOB〜私立宝蔵学園萌え部〜
今回登場は・・女装趣味の弟っスか。ハハハ。どんどん業が深くなっていくな。
それにしても、女装子というのは一般的な言葉なのかねぇ?
そして、ラグビー部のオカ・・女装マニ・・女装娘さんも登場。
女装趣味も似合う人と似合わない人とでは見ている方の受け入れ方は大きく変わってしまってねぇ・・
似合っていても身内じゃイヤだわな。弟のニーソ姿は見たくない。文章にすれば至極真っ当な意見だ。
ところで、弟君はロンゲじゃないほうが可愛いと思われる。

・木曜日のフルット
イメージトレーニングのしすぎで胃をやられるとは。
刃牙さんならイメージだけで満腹になることも可能かもしれないなぁ。鯨井先輩、そっちにいっちゃダメだ!



2010年 34号


・出陣!!ムショ高排球軍
秋の短期連載で人気を博したおかげか、帰ってきました将軍バレー!
タイトルを武将頭高校排球からムショ高排球軍に改めての帰還です。ムショかい。
これは――高校バレーの物語である!
わざわざ注釈をつけなくてはいけないところがさすがである。
というか、注釈のページ見てもとてもそうは見えないというのはどうなんだろう。
入学式前の激しい練習は終わり、1年生の歓迎会が催されることになりました。これだけ聞けば普通だな。
内容は将軍家に攻め入って天守閣までたどり着くこと、だが。
というわけで全員で攻め上げるぜ。周りに店もないし、背水の陣の一行。死に物狂いで攻めあがる。
とはいえ将軍家の守りはさすがでございます。僚友はすぐに倒れ脱落していき・・※バレー漫画です
1話目63ページという破格のページ数ということもあり、集中連載での回想も所々含まれます。
少々テンポが悪くなるところもあるけど、新規さんへの解説にはよいかもですな。
春休みの練習でベンチ入りが決定した1年の3人。

蒼空天馬・・主人公。セッター。そんな名前だったんだ。他のチャンピオン漫画の主人公と名前かぶりだな!
呉露槻竜也・・レシーバー。ゴロツキな見かけだが、この世界ではまともに見える。
デフロ・・スパイカー。デブでアフロ。素直で大きくて食いしん坊のアフロ・・どこかの漫画で見たような気が!

そんな3人が協力して城を攻め上げる姿は私さえも感動させるものがありました。
それはともかく、副キャプテン登場。さすが副キャプテンというべきか。技術はともかく、そのインパクトは・・
たかし麿先輩と同じこの感じ―主人公はいい感覚を持っている。いやさ、確かに見た目のインパクトは同等だわな。
バレエの天才だけにバレーでも輝いて見せるか。ハハハ。ベタなネタだが真面目に言うから困る。
セッター主人公という珍しい漫画(少し前に同じくセッター主人公のチャンピオン連載はあったけど)
地味になりそうだけど、天馬の能力はなんだか派手だ。周辺視野の広さに瞬間視―卑屈な努力で身につけたぜ!泣ける。
周りの連中は非常に派手だし、将軍の見た目だけではなくキャラ達それぞれからパワーを感じます。
2年生レギュラーは9人。まだこのクラスのヘンタ・・もとい。強者が7人もいるというのか・・!
これからの展開に期待期待。将軍様との学校生活とかあったりするんだろうか・・というか科目持ってるのか!?
最後にマネージャーについて。気合が入っているゆえか、可愛さがあがっている?キラキラしているぜ。
そして相変わらずバレーがうまければ誰でもいいという様子は変わりないようだ。ヒロインまで濃い漫画だぜ!ハハハ。

・弱虫ペダル
京都伏見の6人が揃った。先頭をゆく男を見ているとどうしようもなく不安になるぜ。
そんな状況で来週、不安の種が集中連載として返ってくるという。なんというコラボか・・恐怖の夏!
それはそうと、今回。
御堂筋君ノリノリ。弱泉君は精神の脆さを思いっきり見せてしまいました。
さすがにその状態では三流呼ばわりされてもしょうがないなぁ・・ああ、今泉君。
自分は初めから御堂筋の敵じゃなかった・・それに気づいた今泉君、涙を流しダウン。倒れただと!?
これぞまさに弱虫ペダル。今泉君が弱泉君として主役を完全に食った瞬間だ!いやな食いかただ。
さて、そんな弱泉君は放っておいて、箱学と京都の対決。平坦区のリザルトを取ると宣言する御堂筋君。
箱学も本気をみせるか?アブさんはチャックを閉じて臨戦態勢だ!

・範馬刃牙 SON OF OGRE
烈先生のスーパーファイトに全米が注目。報酬額もとびきりだ。
触れた状態からの打撃。ノーインチパンチ・・わかるような気がする説明だ。
さすが烈先生。ピクル戦の解説ではやたらボクシングを例に出していただけある。妙に詳しい。
烈先生はマイクパフォーマンスでボクシングは幼いと言い放つ。
言う前に少し逡巡らしきタメがあるのがポイントですな。勢いで言い放っていた地下闘技場時代とは違う。
蛮勇さは薄れたけど、大人になった感じはあります。本当に大人の行いかどうかは疑問だけど。
カイザーはこのあとも逃げ出したくなるような怪物たちが来るというが・・期待できるのか?
表の世界の王者にはもう期待できそうにない気がする。アイアン・マイケル来ても同じことになるだろうし。
というわけで、烈先生は今回で得た金を使って独自にトーナメントを開いたらどうだろう。
これはと思う表、裏問わずの強者を集めての喧嘩トーナメント。うむ、別の漫画とかぶるな。
ついでに徳川のみっちゃんがやろうとしていそうなことともかぶる。というか、みっちゃん早くしてくれやー

・行徳魚屋浪漫 スーパーバイトJ
マグロの解体ショー!これは一大イベントですねぇ。客もわらわら集まるぜ。
主任を初め、鮮魚部の面々も殺気立っている!動きもいいぜ!ヨシノさんですら。
そうなってしまうと比較してNJ先生の動きの悪さが目立ってしまうぜ。しょうがないよね。

・バチバチ
初日に負けてしまった阿形さんは大鵠とやることはなく、吽形さんが挑むことになりそう。
しかし、このクチビル魔人は出てくるたびに不安な気分にさせられるな。
いやなやつだが、強い。しかも躊躇なく壊しにかかる。厄すぎる相手だぜ。
というか、ここでまた吽形さんが壊されたりしたらどうしよう。残念なんてもんじゃないぞ!
圧勝はできなくても、なんとか怪我せずに勝っていただきたいものです。
鯉太郎は目の良い彼、渡辺との取り組み。暑さで体重減っているし、割と負けフラグ立っている?
村神と違って絶対にまけねーというモチベーションがないでしょうしねぇ。

・ドカベン スーパースターズ編
入ってたまるかー!
気合の勝利かスタンドに入る前に失速。ライト サブローの美技で試合終了でございます。
剣は最後の一球で肩をやってしまったらしい。これでもう投げれないとかいったら惜しいことであるがねぇ。
終わりよければ全てよし。これまでは生意気な態度をとっていたが、最後の姿で全て好印象に!
なかなか面白いシリーズでした。今後もオリジナルキャラが活躍する展開の方がよいのやも・・

・元祖!浦安鉄筋家族
もはや幽霊ぐらいでは夏に怖がらせることはできないということか・・
妙になれなれしい女性の方が怖い。大鉄もにくいやつだね!ここらで一杯、お茶が怖い。

・みつどもえ
みつどもえアニメの4回目は佐藤君が多かった。全国に変態姿をさらしてくれました。ハハハ。
扉の前で怒りに震えるひとはが可愛いッス!
ふたばだけ、柔らかい部分がない!おっぱいと脂肪は違うんすよ。
ところで舌を折りたためるというのはどういう状況をいうんだろう?
ふたばの柔らかいところは・・足の裏!ほう。
あれだけ素足で走り回っているのに柔らかいとは。硬くなるより柔らかくなることで衝撃緩衝しているのか!?

・はみどる!
アイドルのくせに肉をはみでさせるか・・そういうのもアリかもしれんけど、やはり無しで。
おっぱいと脂肪は違うのだからして。
やはり運動せずにやせるというのは無理がある気がしますねぇ。走れ汗かけ飯くうな。
あと、はみどるの連中は着エロよりも脱いだ状態の方がいい感じに見える。ごちゃごちゃさが薄れるからかなぁ?

・侵略!イカ娘
海から離れる相沢家。それがいいならいろんなネタできそうだな。
大仏様の中身をくり抜く絵がシュールすぎる。

・ケルベロス
大蜘蛛、仰岐。それが今回の敵の名前である。崩なのかそうでないのか?
景は崩の匂いを嗅ぎ取ったようだけど。というか、感じれるようになってきてるんですな。
仰岐と墓守をぶつけようとしているのは、例のカラス。鳥頭のくせに頭のまわるやつだぜ!
それはそれとして、智恵さんはそのボディで迫ったりしちゃいけません。勘違いもしてしまうさ!
でも意識したらメガトンな一撃を足に食らったりもして。さすがやわぁ。

・釣り屋ナガレ
練習と本番の違い。適度な緊張は必要だが、緊張しすぎると泥沼になる。
しかし、リズでもパーフェクトは難しいのね。音程外した歌でリズムも狂ったか!?

・ナンバデッドエンド
落ち込んだ剛を励まし、話を聞くために集まる一堂。いやはや、いいやつらだ。
肉マン「乱暴に扱われるのもまんざらじゃなかったぞ
こいつは本気でいいかねんから困る。でも、男に乱暴にされてもなぁ。
剛は過去を語る。いやぁ。確かに今更ながら極端な経歴だな。犬までヤンキーだ。
今回の件、担任は頼りにならないと判断される。大人も立場がありますからねぇ。
というわけで、3年3組他総勢47名による立てこもりが発生!
夏休み明けの残暑の状態で体育館に立てこもりか・・厳しそうだな!

・クローバー
今回のクローバーの喧嘩は迫力があったなぁ。普段はワンパンで終わらせるからあれだったが。
そして一気に決着。さすがに本気ハヤトは強いな。

・ANGEL VOICE
サービスシーン!これほど嬉しくもないサービスシーンはなかなか見れない。見れなくてもよいです。
疲労骨折は100パーセント指導者の責任じゃあ!貴方も一緒に指導しているじゃあないですか。
さて、乾たちの勝負。全員で止めてみろという。あっさり止めれた。おや。
最高で4人抜き。乾の力でもここまでしかいけないとなると、かなりディフェンス力あがってますなぁ。
乾はいう、一人でできるのは所詮ここまでだが、仲間がいれば状況は劇的に変わる。
そのために一人借り受ける。その相手は・・シンゴ?
指名されたシンゴもビックリしているではないですか。どういった変化が起きるというのだろうか?

・聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
バレーじゃないほうのテンマの聖衣が金色に!
それはそれとして、今回はパンドラ様の涙が一番の見せ場だったりするという。

・シュガーレス
嘉上のスタイルも拳での乱打である。
ケンカに優しさなんていらないというのが嘉上の主義ですが、その拳は勢いがない。
気づかぬうちに壁際まで追い詰められていた!ラオウならここで死んでいたぞ!三田さんが。
そして、三田さんのプレゼントが嘉上の顔面に叩き込まれるのでありました。

・ハンザスカイ
形の意味を知り、熱が入る半座。形には貫手もあるのね。
来月はIH予選があるとのこと。男子団体のオーダーは普段の稽古から吟味して決める。
こう聞いては熱くなる者がでるのは無理も無い。特に前の練習試合に出れなかった一年。
あの練習試合は出れなかったものにも大きな影響を与えているようですなぁー
穂波嬢は、今年の一年は覇気がないみたいなこと言ってたけど、あるじゃあないですか。立派に。
自分が出るんだ!と盛り上がる、半座含む一年生達。その半座に対する悪い知らせが・・?
この間チンピラをぼこったことですかな?正当防衛とはいえ、拳をふるったのは確かだしなぁ。
当事者である佐倉ちゃんのとりなしでどうにか穏便に済んでいただきたい。
どうでもいいが、電話を取る先生がなんだか良い感じ。色気がある。

・仁侠姫レイラ
奥羽プロレスは固定客を確保している。その団体が消えようとしているのが今回の戦い。
であれば、レイラは敵役のヒール扱いされる。それはそうですわな。
というか、レイラはヒールのノリのほうが好きなんじゃないかね。仁侠じゃのう。
それはそれとして・・奥羽プロレス。なんだこのメンツは!
・ナマハゲッターズ
・虚空僧侶
・九尾狐
・ザ・土偶
・ゆきおんな
ナマハゲ、ひょっとこ辺りも大概だと思ったが、そんなものは序の口だったようだぜ!
キャー九サマー!ぶちかましたれ土偶〜!
なんだこの空間は!いかん。なんか面白い!チャンピオンらしい楽しみ方になってきた気がする!

・MOB〜私立宝蔵学園萌え部〜
冒頭からいきなり生徒会2人をモブに取り込もうとする強人。
どうでもいいが、モ部でなくモブと呼ぶのはどうかと。レギュラーキャラがモブになっちゃう!
フェチのない奴なんて存在しない!まあ、そうだな。
しかしやはり公けにできる趣味でないのもありますしねぇ。腐は控えめにお願いします。
あとロリについてだが・・その年齢はなぁ。日本だとロリの幅が広い感じなのよねぇ。
虚構とリアルの区別をつけるのは大事。というか当たり前のことでございます。

・AL
棘頭に加え、さらにホシカブトの一党も現れた!
竜の心を知るアルの想いが仲間を集め成長させ、ここに集わせた!
そしていきなり牙王に挑むぜ!圧倒的に強いぜ牙王!
なんという超速展開。というか、やはり勝てる絵が思い浮かばないのぜ。

・木曜日のフルット
ハンパなプライドなぞ安っぽいもんだぜ。さすが真のノラネコはロックだな!

週刊少年チャンピオン感想


2010年 33号


・ナンバデッドエンド
物語は佳境に入ったナンバデッドエンド。表紙をもらったものの、剛の表情が物悲しすぎる。
アオリでも退学!?が思いっきり入ってますしねぇ。
ページを開き、カラーで大きく退学処分が宣言される。あぁ・・
生徒達もこの発表にはさすがに動揺を隠せない。
そこで真っ先に声をあげたのは島崎。特服状態の剛とも長く関わってましたしねぇ。
続いて藤田さん。ヒロインらしく迎合してくる。藤田さんにしては珍しい!いや、いいことですよ。
生徒会長である剛の人柄VS一般高校でのヤンキーという立場。
なかなか解決する問題ではありませんわな。というわけで、一時退学は凍結。
といってもポーズに過ぎない。しかしポーズと言い切るこの校長はホントにクズすぎるな。

担任から話を聞く剛。クラスのみんなは戻ってきて欲しいと言うが、そんなの気休めに過ぎない。
そう思っていた剛のもとに大量に届くメール。
みんなが戻ってきて欲しいと思っている。このうえない証拠が届けられました・・泣ける。
剛も泣き出してしまう。うむうむ・・いや、いい話だ。
それはそれとして。
主要メンバーが顔文字使いまくりなのが少し気になるといえば気になる。
まあ、高校生のメールなんてそんなもんかもね( ´∀`)☆キラッ
しかしまあ、どうなるのかねぇ・・今後の展開は注目せざるを得ない。

・弱虫ペダル
ヒメヒメライディングで抜き返していく坂道・田所ペア。
田所さんも思考に余裕ができるぐらいに回復してきているようだ。
歌を歌うことにより、夏の暑さを吹き飛ばすほどの熱気を手に入れたわけですな!ヒマツリ仮面も驚きだ。
一方先頭を行く金城、今泉の方にカメラが。
箱根学園は既に6人揃いました。うちはまだか、早く来てくれと願う今泉君。その心につけこむ影ひとつ。

\ 御堂筋だー! /

いきなりの登場にビックリはするが、一応冷静を保つ今泉君。それも最初だけやったなー!
自転車に乗ったままでもキモキモできるんだな、御堂筋君。キモすぎて頭割れそうやわ。いやホンマ。
そうこうしているうちに、後続到着。京都伏見のメンバーがエースのために上がってきたぞ!
量産型ザクの集団とは思えない威圧感を感じるぜ。数は力だよ!
実際ロードレースは数が力のようですしね、さすがに御堂筋君もひとりで走るなんてマネはしないか。
前日に作戦会議とか開いてたみたいだし、なかなか智将な面もあるんですなぁ。
それはそうと、京都伏見があがってきたということは、後続の壁は薄くなってそうですな。
1日目のように人の壁にさえぎられることはなさそう。これは追いつけるメドが立ってきたか

・バチバチ
いきなりの新キャラ。序二段、飛丸三郎(25)
まあ、この上ない出オチキャラでございますな。いや、大森山さんは出番多いし、ひょっとしたら・・
ともかく、その飛丸さんにも敗れる白水さん。まだ白星なしとはなんともはや。
視線固定のまま転がる川さん・・はさておいて、吽形さんの出陣である。
相手は、大森山さんだー!上で名前出したばかりなのに本当にでてきたー!しかも双子がいるだとーッ!
まあ、巨漢はね、かませとして使いやすいからね。バキでもそうですしね。使い勝手がいいのよね。
というわけで、吽形さんの見事な技に倒される大森山さんでありましたっと。
技の吽形、力の阿形。2人に鍛えられた鯉太郎はV3になるんですかね。

・範馬刃牙 SON OF OGRE
烈先生の前に見事なフットワークで迫るワーレフ。でも、巨漢なんだよねぇ・・
一応、驚いてみせる烈先生だが、あわてる様子は全くない。自らコーナーを背負う。
確かに立ってはいるけど、ロープを握っているのはよろしくない。殴る方はなんとなく殴りにくい。
なので、ロープを放した時がヨーイドンの合図になってしまっている。
これは、烈先生の思う壺ですな。タイミングを好きに設定できてしまっている。
そんなことに気づかないワーレフがパンチを放つ・・暗転。一瞬で倒された!?
いや、目隠しだ!目隠し!?何故目隠し!?
驚いたワーレフ。しかし目隠しされているとは気づけたのでその腕を払う。でも闇は続く!
反対の腕で目隠しだ!何このミステリアスなファイト。
反対の腕も払ったけど対戦相手の姿はない。もう、さっきから"!?"を連発しまくり。ここはマガジンかッ!?
烈先生の無寸剄により、カメラでとったら頭が消えて見えるほど揺さぶられワーレフ撃沈。
まあ・・なんていうか、お疲れ様でした。もう少しぐらいは頑張ってくれるかと思ったんだがねぇ。

・元祖!浦安鉄筋家族
なんだかんだで仁ママは子供思いでありますなぁ。いろいろガッカリさせられるけど。

・行徳魚屋浪漫 スーパーバイトJ
エアコンつけて掛け布団は結構バランスとれてていいと思うの。昼寝には最適。
しかし回り道しても商談中のところに現れるのには変わりないから、レンジは使いづらかったと思いますよ!

・シュガーレス
マリモ到着!嘉上はとりあえずスルーして播磨達に状況を聞く。
相変わらずマリモのファイトスタイルはプロレスチックだな。それで集団を熨してしまうのだからたまらない。
露払いは終わったところで三田が起き上がる。決着をつけるのは三田の拳!
さすがは三田さんッスね。表紙に愛を知る三田の拳とか書かれるだけのことはある。なんで愛なのさ。

・ケルベロス
シュガーレス同様、1巻の重版完了。売れているみたいで何よりですな。
近所のアニメイトでも新刊が平置きで並べられたました。やはり景君のこの表紙はインパクト大か!
さて、本編。
相変わらずこの人は追いかけられる女の子が好きですなぁ。追い詰められるところまで好きなんですなぁ。
女の子ほど気合入れては書かれないけど、男子も追いかけられてバケモノに捕まります。
かっこいい形の枝を探しに行こうぜってあたりが男の子っぽくてよいな。
捕まえられるだけで捕食はされてない模様。最初の女の子なんて思いっきり喰われてそうだったのにね。
まあ、生きていてくれるならそれはそれでよし。
その代わり、吊り下げられて苦しそうにしている。しまった、こっちの表情を描くのが狙いか!厄いわね。
木の陰から姿を見せるバケモノが怖い怖い。こういう演出も好きねぇ。

・みつどもえ
アニメの3話目は松岡さん回が2回続きました。というわけで、本編も松岡さん回だ!
ああ、いちおう、佐藤君、千葉氏、草次郎回もありましたな。
で、松岡さんが丸井家にお泊りに。何故丸井家に来る。
松岡さんの親御さんはそれなりにまとも・・かどうかはまだ判断しかねるが、とりあえずまともらしい。
あの墓地はねぇ・・住職が。住職がヤバイ。というか、ヤバイよ住職。住職ヤバイ。
ひとはの寝床にはガチレンジャーぬいぐるみ。アニメでもEDで出てますな。

・ハンザスカイ
半座の同級生、佐倉ちゃん。いきなりのセンターカラー登場だ!
いやぁ、これまでも細かくフラグをたてていましたが、ここで一気にヒロイン枠に躍り出てきましたね
最近の半座は穂波嬢よりも空手の方が遥かに優先度高くなっておりますからなぁ。チャンスですぞ。
それはそうと、ジャージ姿の菅野先生よいなぁ。スカートよりもしっくり来る気がする。
先生に話しかけられた穂波嬢の嬉しそうな様子も気になったり。
「空手に先手なし」
護る為の戦い。それを磨いているのだと先生は言う。
ピンとこない様子の半座だったが、きっちり体験させてもらいました。いやぁ、いい話だ。
2人の仲も一気に近づきそうなイベントでございました。うむ・・なかなか人員がそろいつつあるじゃなイカ!
ところで、レイラにしてもだが、ジャージ姿の方がスカートよりいいなぁ〜とか思ってたのですが、
連れ去られそうになる佐倉ちゃんの足がとてもよかった。スカートもよいものだな!

・クローバー
殴りかかるゲンゲンを一撃で制すハヤト。さすがはワンパンのハヤトやで!
さすがにマジモードのハヤトは強い。これが主人公チカラか・・

・釣り屋ナガレ
フロに浸かるナガレの前に現れる富田飛呂君。異様にムキムキな上半身と顔のアンマッチがなんともいえぬ。
彼らはフィッシングアカデミーの生徒らしい。後ろの大きい方も生徒なのですかね?
というか、この人だけ紹介も何もなしだよね。本当に存在してるのかしら!?
釣り屋VS釣りのプロを目指す学生!男風呂が熱気で湯だっておるわ・・なんかいいな、このライバル感。
女湯は女湯で別の流れで盛り上がっておりました。まあ、こっちはいつものノリだな。

・はみどる!
今回はすずのさん回ッスよーっと。
ショートにすると子供っぽく見えるなぁ。子供服とのマッチメイクが似合いすぎる・・
ぶち抜きでのすずのさんはちゃんと小さく見えますなぁ。
普段スタイルがいいせいかあまり小さく見えないのがキャラ弱くなる部分だったり。

・侵略!イカ娘
浴衣姿のイカ娘!・・うーむ。なんだこの違和感は。
触手縛ってしまっていいものなのかね。手足縛られているもんじゃなイカね。
まあ、あゆみちゃんと栄子の浴衣姿は良い感じでした。

・ドカベン スーパースターズ編
さて、山田VS剣の最終場面です。9回だというのに、剣のモチベーションは最高潮。たいしたもんだ。
ツーツーからの第5球。MAX160キロのストレート!
見開きで投げるぜ!見開きで打つぜ!
見開きで打球が飛んでいくぜ!見開きで打球はスタンドに!
見開きで入ってたまるか―――――!
まさかの見開き5連発。なんだか知らないが迫力は感じた。剣の入ってたまるかーはちょっとシビレタ。
しかし、剣。帽子取ると変な髪形だな。

・聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
天王星の守り人オウルのパルティータ!まさか守り人だったとはねぇ。
母親が容赦なく息子の命を狙い襲い掛かってくる。ハイレグで。いやはや、受難だねぇ。
パルティータが言うには、神殺しのペガサスの魂が欲しいとのこと。
神殺しの力を得るのが夫婦の願い。オリンポスの神々への革命だ!
やぁ、ヤバイ表情ですなパルティータ。さてさて、これが本当の本心なのかな?
というところにパンドラも登場。愛憎がどんどん渦を巻いていきますなぁ。ヨウマも満足だろうて。

・仁侠姫レイラ
団体LOVEだっ!
奥羽流火炎殺法バーニング・スリーパー!
殺法と来ましたよ。どこがプロレス用の見せ技だ!
レイラとヒマツリの戦いは水入り。あまりにイロモノ仮面だったので出オチかと思いきや意外だ。
お互い凄い熱気でぶつかる気マンマンでございます。いやぁ、一回戦から激しいな。

・AL
3度目の満月の日、地獄谷の入り口にお互いの戦力が結集する。決戦の日が近づいてますなぁ。
三本角の血脈をかけた戦い。血脈をかけるというのもかなりなものだわなぁ。
旅を続けて三角山に到着。カブさんのおとん、大曲のビル大親分も登場だ。
棘頭の衆も援軍に到来。最終決戦の幕が上がる・・なんか終わってしまいそうな雰囲気だぞ?
しかし、白牙、玄牙はともかく牙王に勝てる絵が思いつかないのも事実。どうなるのかのう。

・ギャンブルフィッシュ
ギャンブル会場のホテルは倒壊したが死者はでなかったとのこと。
その通りに、周王銘もジャスミンも生きてました。まあ、予想通りっすね。
トーナメントの賞金で100億円をゲットした杜夢。ちゃんと目標金額をクリアするとはさすがである。
その金もほとんど寄付してしまうという杜夢。金はギャンブルのタネ銭に使うものってもんですか。
しかし、学園長。一時はラスボスの格があったのに。落ちぶれたものだな!
そして、杜夢ガールズによる下着飛び込み。この漫画らしいラストを飾る一枚と言えますな。
杜夢ガールズ6名とキノコ、ゴキをつれて杜夢は向かう。ギャンブルの聖地へと。
グッドラック!
って・・ゲーッ!杜夢パパ生きてるー!剥製から蘇ったというのかーッ!
実はキレイに戻ったアヴィとか実は作者だったとかいろんな説もあるが・・なんというサプライズ。
あなどれない作品でした。3年半か・・チャンピオンに微妙な作品が多くなってたころからでしたかねぇ。
見事な力で引っ張り続けてくれた作品でした。良質なネタもいろいろ提供してくれました・・
途中中だるみした部分もあるけど、面白い作品でした!
次回作の構想もしているということですし、青山広美先生、山根和俊先生の活躍に期待したいところです!

・MOB〜私立宝蔵学園萌え部〜
生徒会メンバーの登場。副会長は女性とわかった瞬間良い感じに見えてきた。我ながら現金だな。
モブの3人がつらなっている絵はなんだろう・・なんかいいようなよくないような。不思議な感じ。
しかし、生徒会長はまともな格好すると妙にかっこよく見えるなオイ。ギャップ差というやつか。
そしてスカートはいて泣いている副会長はまた可愛くて困る。ギャップ差萌え・・いいね!

・ANGEL VOICE
疲労骨折とは、負荷により無数のヒビが入り、そのヒビが大きくなった状態を指す。
折れてるわけじゃないから日常生活には支障がないらしい。へぇー。
約2ヶ月間練習ができない。うーむ、このチームの状況でそれは痛いな。
一方マイちゃんはチームの精神状態を気にしていた。でも当のマイちゃんの方がやばそう・・
シンゴはシンゴなりに敗北の意味を噛み締めているようだ。
そして乾。このチームで船学に勝ちたいと言う。天才でも一人では勝てない。乾はそれをよくわかっている。
だからこそ、勝負することで、できることできないこと、仲間がいてできることをわからせようとする。
百瀬が怪我している今、乾の行動はかなり大きな意味を持つことになりそうだ。

・Goofy
1週間でオーリーを決める。この1週間本当に頑張った!その思いを乗せて飛ぶ!
行けぇっ!
エナツも叫ぶ!飛んでやる!
見事なオーリーでした。でも、あとちょっと飛びきれなかった。おしい。
約束どおりボーズ頭になるが、洋樹はとても嬉しそうである。
ボーズうんぬんよりも、飛べたことが嬉しくてしょうがないといった様子だ。エナツと共に大笑い。
洋樹はスケボーに本格的にはまり、エナツはビデオレターをつくるのをやめた。
いやぁ、なんかいいなこの2人。というところで短期連載は終了。
最初の1話はどうかなと思ったけど、3話辺りからかなり引き込まれました。面白かったです。
本格連載が楽しみな作者ですなぁ。

・木曜日のフルット
鯨井さんがデリヘルだと・・少年誌の枠組みは遵守しないと!
まあ、チャンピオンはREDやいちごで好き放題してますからねぇ。こちらでは自重しないと。
でもデリバリー・ヘルはないぜ。



2010年 32号


・シュガーレス
2巻発売記念、巻頭カラーでございます。この人のカラーは味があるなぁ。
特に今回のは苦味走ってそうだ。無糖なだけにか。
さて、本編。
やはり優しいサンタさん。少年達の夢は裏切れなかった。自ら傷をつけて気絶。
激昂する播磨達。いらだつ嘉上。そして訪れるマリモ。
三田さんを中心に愛憎劇が渦巻いている!
嘉上さんもやり方が間違ってるッスよ。そこまでいったなら精神的な陵辱に走るべきだった。
男子屈辱の調教タイム!と称してアニソン熱唱させるとか。これは酷い!

・弱虫ペダル
精神的な陵辱を現在受け続けている田所さん。抜くとき以外も歌い続けることを強要される。
坂道「サビのところ2回ループでいきましょう!」
なんだその指示は。そしてタイミングを合わせてダンシングするという。なんだその指示は。
あまりのことに横から見たアングルの田所さんが激ヤセしてしまってるじゃあないですか。そこまでのストレスが!
このままじゃあ、先頭集団に追いつくころには巻島さん並のスリムボディになっちゃう。
それはともかく、次の障壁は壁です。今回も京都の連中が引いて集団の壁つくってるでしょう。
前日の坂道の様な超人技での抜き方は無理だろうし、どうするのかなぁ。

・元祖!浦安鉄筋家族
学校も楽しそうに行く小鉄だが、やはり夏休みは別格らしい。
夏休みまで断食・・これはさすがに前代未聞であろう。というか、普通は誰もやろうとしない。
でもそれで夏休みが早まるのだから凄い。恐ろしい子やで。

・ハンザスカイ
2巻記念のセンターカラーでございます。穂波嬢が優しく指導・・してくれるとはとても思えねぇ!
というわけで、初心者の半座君が習うのは基本となる「形」でございます。
まあ、形を覚えて何になるのかという疑問はよく持たれるところですな。
疑問を投じる半座の鎖骨を押さえる穂波嬢。それはマジ痛い痛い。視覚的に地味なのに痛いから困る。
さて、そんな半座の前に正式な指導員が現れる。菅野真緒。空手道部の顧問でございます。
おっとりとした感じのお●さんキター!足ツボを攻められたくはないので一部伏字だ!
どうでもいいが、やはりスカート姿での形は決まらないな。特に最後のポーズ。
そして、このときの形の名前は慈恩。ALで散ったと思ったらこっちでも出てきたかジオン。あと10年は戦えるな。
さてさて、顧問も現れていろいろ楽しみになってきましたね。次回もカラーだ。

・バチバチ
身体能力では圧倒していたが、気迫と稽古量で差がでました。それでもまだブサイクな相撲なようですな。
勝負を終えて土俵を降りる鯉太郎。さすがに疲弊してますな。王虎の時もぶっ倒れてたっけか。
図らずもヒールを演じてしまう辺りは親父譲りというところか。いや、親父は狙ってたか。
村神も兄の影から離れることができそうですね。兄も一安心の様子。よかったよかた。
さて、この取り組みを見てた一人の男。目の良い彼は鯉太郎の技を反芻していた。
なにやらブキミですな。何気に一番出世ぽかったりしますし。鯉太郎に初の土をつける相手になるやも。

・範馬刃牙 SON OF OGRE
さて、烈先生のボクシングデビュー戦でございます。表世界での公式戦は初体験だ。
モニターに映し出される烈先生の顔は固い。というか、目を見開きすぎです。
不可解・・興行不可解也!
対戦相手のワーレフも怒ったふりをしたり、当たらない蹴りを放ったりして観客を沸かせる。
プロレスじゃないといっておきながらとてもプロレス的だな。
しかし、試合前にワーレフは告げてくる。ショータイムは終わりだと。
その言葉に恥じず、巨体に似合わぬ見事なフットワークを見せる。烈先生も高評価だ。ならば・・
ならば・・何をするつもりだ!?コーチも驚愕するという行動。それは一体なんだ?
なんだか何を想像しても無駄な気がしてきやがるぜ!

・侵略!イカ娘
イカ娘&サブキャラの声優公開でゲソ!
イカ娘・・・金元寿子
相沢千鶴・・・田中理恵
相沢栄子・・・藤村歩
長月早苗・・・伊藤かな恵
嵐山悟郎・・・中村悠一

おぉ・・あの田中理恵さんが。これは期待したい。
声優たちの代表作に、花右京やクェイサー、無敵看板娘などのチャンピオン作品が上げられているのがよいな。

さて、本編でございます。
水着姿のイカ娘はさらに可愛く見えるのは何故でゲソ。
ウォータースライダーで水中に没したイカ娘がぶくぶくしてたが・・肺呼吸している!?

・はみどる!
売れっ子のせりかさんにも悩みはある。確かに彼女にするには難がある性格ですわのう。
とりあえず、レベルを下げるために吹きだまルームに来ました。っておい。
まあ、対決してみて一番彼女にしたいのはすずのさんだという結論になってしまったッスね。
でも、おびえた小動物の上目遣いは微妙にポイント稼げると思うの。

・みつどもえ
1話目は寝過ごして見逃したけど、アニメ2話目はバッチリ見ました。
しかし、裏番組でストライクウィッチーズの2期がぶつけられているとは何事ぞ。
アニメ1話につき、原作4話のペースな感じですな。改変は少なく、ギャグ漫画として展開してくれててよい。
個人的にひとはの扱いに不満がなくもない。ダメージ負わないように保護されている気が。
あと、チェーンをガチャガチャする時は声を荒げて欲しかった。必死さが欲しい場面だっただけに。
他はよい感じ。みっちゃんが天使で小悪魔で雌豚なのが確認できた回もありました。むふぅ。

さて、本編。
チクビが丸井家にやってきた。アニメではチクビチクビの連発が話題ですね。まあ、ひわい。
チクビにエサを与えすぎて太ってしまいました。みっちゃんにもエサ与えすぎですよね実際。
あちこちで用を足す雌豚・・いや、紳士的にもやはり引くわ。

・ケルベロス
景君の素肌もまぶしい2巻が発売中ですよーっと。そしてセンターカラーだ。
いきなり冬子先生を泣かせてしまう景。罪作りなやつだ。しかし可愛い先生だなぁ。
雪房は疲れを感じてオネムな様子。微妙にヤバイ傾向じゃないのかね?墓所に力が足りてないのか。
さて、美術の授業で写生でございます。裏山にGO
智恵&景のやりとりを見せ付けられる学友達。特に智恵狙いの男子はなんともいえない気分になるでしょうな。
最後に蜘蛛型の崩らしいのが出てきました。雪房がお休み中ですし、金屋ちゃんの出番でございますね。

・釣り屋ナガレ
キャスティング大会の前日。下見に来たついでに練習。
予想通り、管理釣り場に来ていた車椅子の少年が登場だ。
なんとなく台に乗るときの体つきが女性っぽく見えたが・・男の子、だよね?

・ナンバデッドエンド
警察につれていかれた剛たち。そして、翌日。うーむ、重い。
1年はもちろん生徒会長の噂でもちきり。妹の吟子の立場はかなり辛いな。
実際、巻き込まれて殴られた子に関しては本当に迷惑でしかない話だからなぁ。うーむ。
2年。生徒会長の姿を1年見てきた分、信じられない思いは強いようだ。だがクズはどこにでもいる。ゲスめ。
そして3年。他と違い沈んでいるのは剛のクラスメイト達。みな信じられないという思いでいっぱいである。
帰ってきて欲しいという思いはあるんだが・・やはり校長の判断は退学・・うぬぬ。
さすがにこの状況からの逆転劇は思い浮かびません。どうなるのやら。

・クローバー
駅に向かうゲンゲン達を取り囲む華咲の面々。数を揃えて来ました。
まあ、100人以上いながら及び腰のAV不良勢よりは遥かにマシですな。
どうでもいいが、場所変えたなら屋根つきの場所に行こうぜ。みんなで傘さしてないで。

・ドカベン スーパースターズ編
まさかの岩鬼のスリーバント。まさかの大成功。まさかそれでも3塁タッチアウト。まさかまさか。
まさかの殿馬出塁するも、岩鬼2塁でアウト。そして一番まさかの微笑ヒット!こんなの微笑さんじゃないッ!
さすがに三振王微笑はマンネリすぎると思われたのでしょうか。お約束でよいのにね。
さて、山田との最終対決である。これはどっちが勝つかちょっと分からないな。

・聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
相変わらずパンドラを後ろから抱きすくめているヨウマ。その右手人差し指!
それはさておき、ヨウマはパルティータに合わせてあげようという。
パンドラ大混乱。そのパンドラを落ち着かせるために優しく抱きしめてくれるパルティータ。
安心したところに襲い掛かるパルティータの凶刃。切り裂かれるパンドラ。
なんと酷い。パンドラ様らしいっちゃらしいけど、これは酷い。
なーん!?あっさり終わりすぎだろ第1幕!
ナーンじゃないよナーンじゃ。なんなーんヨウマはよう。
そして悲劇は第2幕に続く。テンマの前に立つのは冥衣をまとった母親パルティータ。
何が悲劇かってその格好。ハイレグですよハイレグ。
10代の少年の母親がハイレグ来て息子の前に現れるのですよ。これはなんとも恥ずかしい。
そりゃテンマも深刻な顔で母さん・・とか言っちゃいますよ。他の人と隔離されててよかったね!

・ギャンブルフィッシュ
最後の決め手は絞りだ!
先週よりも見た目ダメージが深刻になっている杜夢。吐血もするぜ。
月夜野さんの告白に押されて力尽きかけた杜夢が動き出す。
この場面的には他の面々も告白しておいてよかったシーンだと思うのだがね。エミリーのくせに奥手だな。
絞りで運命を勝ち取った杜夢は見事にブラックジャック。
そしてアヴィは6・6・6に悪魔カードという見事な役を揃えるのであった。これはこれで凄い。
絶対王者のアヴィ敗れる。そして自ら望んで電気椅子執行だ!
学園長もすっかり小物化したなぁ。オイボレ言ってのけるアヴィはやはり格が違う。
そして、最大電圧を受けて骨が透けて見えるアヴィ。まるで怒っているような骨が・・・尖ったところ探さないと!
探す間もなく崩落を始める会場。派手な展開のまま、次週最終回!

・AL
兄弟である朱牙がやられたのに、冷笑に伏す青牙。そんな姿に慈円さんの怒り爆発。
慈円の蹴りで目を穿たれ、逆の側面をホシカブトの頭突き。トドメにマレウスさんの角で脳幹をえぐられ死亡。
まさかのマレウスさん大金星。よかったね。アルもそろそろ1体だけだし名前覚えてやりいや。
さて、牙王の子供である四神牙の残り2頭。玄牙に白牙。暴君竜の間では青牙や朱牙より恐れられているという。
今気づいたが、四神の名前の頭で揃えてあったのか。朱雀、青龍が倒れ、玄武、白虎が残りと。
白牙さんは婚活中。それで暴君竜から恐れられているわけか。こりゃ怖い。
しかし、展開がまた速くなってきたなぁ・・ちょっと不安だぜ。

・MOB〜私立宝蔵学園萌え部〜
最初のページのお姉さん・・恥らっている状態のままでいて欲しいっす。フェチ感たっぷりだったのに。
それにしても、強人はもうずっとそのネコミミのままでいるつもりなのだろうか。まあ、いいけど。
プールでの生徒会長の絵はかなり厳しかった・・まさしく目潰しショット。
でもトイレでゴッキー師匠と戯れるネコ娘の図も同様に厳しい。これはきつい。
なんだかんだで、一番強人が良識があるというのが困る。

・仁侠姫レイラ
レイラはなんとなくリングコスチュームよりジャージ姿の方がスタイル良く見える。
ただのケンカならプロレス抜きでやるのが本当のプロ。火炎攻撃は普通にヤバイと思うが。
火炎ナックルパートを雪で交わして、回転肘うち。今まで一番迫力があるシーンでした。
ヒマツリ仮面の回想!
真冬の吹雪の中で一家心中!そこに現れた半裸の男達!雪をも溶かす熱さだ!
うーむ。すごい絵面だな。先頭が半裸のマスクマンだからさらに破壊力アップだ。
死に掛けて天使が迎えにこようというところでこんなのが来たらそりゃ死んでも死にきれない。

・行徳魚屋浪漫 スーパーバイトJ
さすがに鮮魚部の朝は早い。徒歩5分を自転車通勤なのに6時起きとは。
仕事が終わり際にテンションがあがってくる。よくある話でございます。
ヨシノさんと飲みにいっちゃうんだ。この2人の関係もよくわかりませんな。
木曜日はテンションをあげて帰りたいですね。チャンピオンが待っているし!

・ANGEL VOICE
市蘭サッカー部が喧嘩を始める!というところに割り込むのはもちろんマイちゃんである。
さらに不良たちの後方に現れたのは、ヒロナオさん!
ヒサシ曰く、自分達を含めた130人でかかればもしかしたら勝てるかもしれない男。どんだけやねん。
少なくとも幼年編当初のバキさんより遥かに強いということになる。どんだけやねん。
そのヒロナオさんに面と向かって意見し、さらに不良たちを一喝して道をあけさせるマイちゃん。
おお、見よ。天使の一喝で不良の海が割れたぞ!ありがたやありがたや。
そして、百瀬はなんと疲労骨折と判明。それは長引く怪我ですかね?黒木監督の表情を見るにやばそうだな。

・Goofy
1週間でオーリーを決めることになりました。説明はなんとなくわかるけど、やると難しいんだろうなぁ。
失敗すると股に板が刺さります。ぐほぁ。視覚的にダメージでかいな。
6日間努力を続ける洋樹。その力になりたいと考えるエナツ。エナツが勇気を振り絞って喋った!
というわけで、勝負の日が来ました。エナツのヒントにより飛べるようになったのか?
そして、やはり高品君はオーリーができなくてスケボー挫折した経験ありらしい。詳しいわけだぜ。

・木曜日のフルット
モーモー詐欺。これは迷惑な詐欺だ。でも、せっかくだから頂いてしまえばよかったのに。
ナイフとフォークを構えた鯨井さんの目にトーンが貼ってあるのは・・血走ってるのか?



2010年 31号


・弱虫ペダル
6号連続表紙&カラー企画もついにファイナル。というわけで今回は総北1年3人での表紙だ。
こういうのがよいですなぁ。しかし、今泉君目つき悪くなってるな!

本編。
田所さんへの羞恥プレイが始まる。
坂道「ボクが歌いますから合わせてヒメって言ってもらっていいですか!」
田所「ぜって―――いやだ!
ですよねー
でもチームのために走りたい。チームのために追いつくなら、歌ってやろうじゃないか!
その意気やよし。ならばさらなる辱めを与えよう。輪唱だ!
「ラブ★ヒメ」のOP、「恋のヒメヒメぺったんこ」歌います。
坂道「ヒメはヒメなの…」
田所(ヒメだけじゃねーじゃねーか!
その羞恥を力に変えて駆け上がる田所さん。いやぁ、恥ずかしいッスね。ニヤニヤ。
ところで、どう聞いても鼻歌交じりというよりは絶叫に思えてならない。田所さん悲痛のヒメヒメ。

・バチバチ
鯉太郎が一気に押す!石川、田上さん驚く!空流組は微妙に渋い顔。これだけで展開が分かるな。
鯉太郎の腕を閂に抑えて投げようとする村神。あれ、誰だこのオッサン?
そのオッサンと化した村神に食らいつく鯉太郎。さ、鮫だー!
必死に攻める村神であるが、やはり気迫の差は歴然か。オーラで幻影まで見せるとはな。
最後に目をしっかり合わせた状態での立会い。これを制したのは鯉太郎でありました。
勝っちゃたかー。ちょいと驚きだが、まあまだ序の口ですしね。
これから再戦するときに村神がどれだけ強くなっているかですなぁ。

・ハンザスカイ
天地上下の構えにより、横からの蹴りは両手でしっかり払うことができる。それが盲点でした。
腰から下を通り抜けるようにして蹴りが胴体に差し込まれる。さすがに青柳さんである。
そして、下のガードを固めたとき、起動は上段に変化する。
これだけ自在な蹴りを扱える人もそうはいまい!たぶん。
白眼になった伊奈さんが怖い。ここから恐怖の反撃が、てなことはなく試合終了でございます。
負けを味わった蓮城。去年の御門と同じ立場になったのだから、強くなると宣言する。
そして、半座もまた、先輩達の背中を見てもっと強くなると決意するのであった。
しかし、男子の戦いで終わりなんですな。穂波嬢の出番はどうしたー!?

・ドカベン スーパースターズ編
さて、9回裏です。2人出れば山田に回る。しかし剣ならわざと山田まで回しかねない。
その際はまた微笑さんへのデッドボールが見れるかもしれませんな。
しかし、期待していなかったサルが出塁。デッドボールされてでもでろと言われたぐらいの期待度だったのに。
ここで岩鬼。いいカンしてるな岩鬼。送りバントの指示でございます。
怒っている岩鬼が微妙に可愛いように見えなくもない。
どまん中が打てない岩鬼はバントもできないか、か。昔バントも混ぜて4割打者になろうとしたことなんてありませんよ。
さて、土井垣の指示はスリーバント・・この采配は吉とでるか凶とでるか。土井垣采配だしなぁ・・

・元祖!浦安鉄筋家族
新キャラの転入生は超雨女。これは使いにくいキャラだ!
というわけで、最終的にはアフリカの大地に雨を降らせにいきましたと。壮大だな!
最後のページのカットは雲に気合が入っていてなんだか感心させられた。
だが、今週の一番の見所は、これだろう。
れいん「中、何も着てないから大丈夫です
レインコートの中は何も着ていない・・だと?

・範馬刃牙 SON OF OGRE
烈海王VSワーレフ。ボクシングらしく、対戦前の記者会見だ。
烈先生の経歴。4歳で白林寺に入山。以降は修行、鍛錬。2行で終わってしまった。
戦歴でいうならば、全ての試合は非公式。
非公式試合での勝ち負けを数えたことがないという。
いやぁ、勝ちは無数だろうけど、負けの数は数えれるほどじゃないかね?
非公式の試合しかしていないというのにルールを問うとは何事か。
今回の模範試合に関しては、非常に曖昧なルール。拳以外は使っていいのかどうなのか。
記者会見は終わり、ホテルに。トレーナーの原田さんは不機嫌。
デビュー戦が前チャンピオン。普通にありえないことですよね。
というわけでその怒りのジャブをあえて受ける烈先生でありました。おや、まるで主人公のようではないか。

・ナンバデッドエンド
怖し屋とかいわれときながら、やっぱり情けないなこのオッサンも。ちょ・・じゃないよ。
てめぇみてえないい年して不良ごっこしてるヤツ見るとヘドが出る!
それは未だに不良みたいな頭でニートしてる兄貴への批判と受け取ってよいですか?
てなこと言っているうちに、警察に抑えられてしまいましたよ。なんてこったい。
生徒や教師達が見ている前で取り押さえられ、連行される剛。言い訳のしようもないな、これは。
状況説明できる教師を求めていたが、探すのは無理でしょうな。
いやはや、いつかはとは思っていましたが大変なことになりましたなぁ。どうなるのやら。

・シュガーレス
いきなり舞台が変わってビルの中、取り囲まれた三田が殴れらている。
玉葱むいてくと、結局最後まで玉葱なわけで。どこまでいっても三田は三田さ。
それでも、自分と同じとこまで堕ちてきて欲しいと思う嘉上。
それが適わないなら、自分とおそろいの傷をつけて欲しい・・どこまでヤンデレなんすか!?
ところで、シュガーレスの2巻はマリモが表紙。
アオリの言葉が、岳の、俺が活きるのを邪魔すんな!!であるが・・
今はエクレアの話ですっかり出番ないっすよね。活きるも何もないじゃないっすか。ハハハ。

・ケルベロス
ケルベロスも2巻が発売されます・・なんだこの表紙は!いきなり景の可愛さがクローズアップされすぎだろ!
いやはや、最近の景は可愛さが増してると思ったが、表紙にまで溢れてくるとは・・むふぅむふぅ。
修行を終えて、景は帰る。
仇喰は妹を預け、常世を追うために旅立つ。
置き土産にちゃんと灰神楽を直していく仇喰。スマンかったじゃないよ。いいやつだ。
景の家では清おばさんが大喜び。じいちゃんはしっかり叱ってくれる。
さらに、父親の昔の写真を見せ、いい顔になっていると褒めてくれる。いやぁ、いいじいちゃんだ。
そして登校である。男子生徒に可愛がられる景。キャッキャッ。
彼がいると男子は元気。それはアイドルってことですか?さすが、景。はみでてないアイドルだ!

・みつどもえ
みつどもえアニメの放映が始まりました。初回は思いっきり寝過ごして見逃したわけですが・・
聞いている限り、評判はいいようで何よりです。期待していなかった分よかったという話もあるが。
さて、本編。
プールに突き刺さるふたばの絵がまごうことなきギャグ漫画。
その瞬間を激写するだけのために、1週間徹夜する杉ちゃん・・嘉上君。ヤンデレとはこうやるのだよ。
熱中症の状態とはいえ、氷で全身を覆われるのはひんやりというレベルじゃないと思うの。

・MOB〜私立宝蔵学園萌え部〜
ゲッチューまごころ便、ひもろぎ守護神の緋采先生による短期新連載が始まるよー!
主人公の名前は矢的強人。とにかく強い、が強さとは関係ないお話でございます。
その強さゆえに暴れすぎて、通える学校がもうここしかなくなったというのが始まり。
弟はどうなのか知らないが、この一家みんな強いな!
というわけで退学=死という状況での部活探し。好きな部を新たに作るのもオッケー。
ここで登場するのは生徒会長、光堂寺遼太。髪ナガッ!ヒザ下まである。カールしてなければ地面につくんじゃないかと。
主人公の性癖は・・オーバーニーの靴下。ほう・・
しかしこの中国拳法の奥さんはなんともけしからんな、いやけしからん。
というわけで、新たな部を起こすことに決定。好きなことをとことん追求する部。フェチ部。おい。
転入早々派手な頭したやつが、フェチ部に入れとビラを配ってくる。そりゃ引くわ。
しかし変人は変人を引き寄せる。ネコ大好きッコな塚田心春ちゃんの登場だー!
なんという自然なフィット感のネコミミであることか・・動いてるぞ。
そして先の生徒会長も入部決定。ロンゲフェチだ。なんだそりゃ。
剣道部はいっていたのも、ポニーテール→ちょんまげの変遷からだとか・・それはなんというか。
その理由を説明されてやめられた剣道部もまた悲しい。言うなよ。
というわけで、変人が3人揃いましたが、まだあと2人、変人を揃えなければいけません。大変だな。

絵柄としては古目な感じはしましたが、面白かったです。
萌え部というタイトルでありましたが、内容はまさしくフェチ部よりですな。
変人だらけになりそうな予感。それもまたよし。

・侵略!イカ娘
本日は七夕です。ずっと八月でいいといっていたのに七夕です。まあ、細かいことは気にするな。
栄子の願いが切実過ぎる・・もう少し頑張りましょう。
イカ娘の世界征服が完成した方が世界平和につながったりしないだろうか、どうなんだろうか。

・はみどる!
まっしゅるーむはまだちゃんとデビューしていない・・どういう状態だとデビューしたことになるんだ?
人文字でアイドル形成だ!って右から読ませるのかよ。根本的に間違っている。
そりゃ、ののかちゃんにもくだらないアピール言われますよ。
しかし、せりかにしてもののかにしても、かすみさん繋がりだが・・ヒマなのかね。トップアイドル。
通りがかりのアイドルに話しかけられるタイプの勧誘。どんなんやねん。
(女装した)弟と比べられ負けるあかり・・どうなのよ。ちょっと似てるけど全然違うらしいが。
そして最後は天地さんの羞恥プレイ。やはり昔のことを持ち出されるのはきついようで・・ハハハ。

・聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
昔の記憶。パンドラは苦労して押し込めてただけで忘れ去ってたわけではないんだな。
テンマと、その母パルティータに関してお話しするパンドラ。
どうでもいいが、チェシャがずっとサーシャの側に寄り添っているんだが。
パンドラ様が怖くて鞍替えっすか。
パンドラの弟として生まれるはずだったハーデスの魂を奪った者。それは・・
母さんじゃなくて父さんの方でしたーッ!
後ろからパンドラを抱きしめるヨウマ。なんだそのけしからん手は!パンドラ様大慌て。
そして、ヨウマは言う。パルティータに会わせてあげると。うーん、なんとも嫌な予感ですなぁ。

・釣り屋ナガレ
キャスティング大会にお嬢とナガレが出場。ナガレ、魚釣るわけでもない競技では面白みなくない?
しかし、お嬢の構えがよいな。虎眼流みたいだ。キャスティングで担いだら用心せよ
お嬢の渾身の流れも砂原さんは余裕で止めてくれました。クレバーな止め方だな。
そういえば、流れとナガレか・・やはり虎眼流ゆかりの方でありましたか。

・クローバー
ようやく菊池到着。ご苦労様でございます。
そして今回はよく喋る菊池。自分が喋らないと話が進まないと判断したか。

・Goofy
菊池につられてか、今回のエナツはよく喋る。ってビデオレターかよ!COOLなやつだ
スケボーで左足が前になるのがレギュラー、右足が前になるのがグーフィとのこと。これがタイトルの由来か。
垣根でひっかかって吹っ飛ぶ姿がちょっとクローバーぽかった。
しかし、腐れ縁の高品・・普通に嫌なやつですな。一緒にいた部活仲間もしょっぱい顔になってたぜ。
というわけで、ボーズをかけて1週間でオーリーをやることに。
オーリー。スケボーでジャンプするという、割とよく見るワザですな。
しかし、この技なかなか難しい。スケボーやめる奴の9割はオーリーができないからだと言う。
詳しいな、高品。お前もできなくてやめたクチですね。

・仁侠姫レイラ
みちのくに覆面KOトーナメント!トーナメントですか、いきなり。
勝ち残り形式の、カレーラ・コントラ・カレーラ!
マスクだけでなく、引退を賭けて戦う!
レイラはもとより、負けていって人数が減れば奥羽プロレスも潰れます。
ブックではレイラに優勝させると言っているが、果たしてどこまで本気なのやら。
さて、練習中のレイラに襲い掛かるは、トーナメント初戦の相手。
その名はヒマツリ仮面。火を噴くことが出来ます。なんやねん、この100%イロモノは。
普通にひょっとこでよいではございませんか。

・行徳魚屋浪漫 スーパーバイトJ
キレたヨシノさん。なんだか妙にリアルな感じが怖いっす。
助けを求めるササキさんは確かに可愛くて困る。でも早く助けなさいよ。
女性の前の下ネタで照れる主任・・これは可愛い!

・ANGEL VOICE
市蘭サッカー部が負けて荒れているころ、千葉の不良はトップ争いをしていた。
そこに通りがかる市蘭サッカー部。これは危ない!60対11だ。でも相手は逃げ腰。
援軍が増えて120対11。荷物持ち除いたら120対9。先生は存在すらカウントされず。
正直、負ける気はしないものの・・こんなとこで喧嘩している場合じゃないでしょう。やめらしゃい。

・AL
青牙VSホシカブト。やはりというかなんというか、吹き飛ばされるホシカブトさん。
まあ、頭の硬さならホシカブトの方が上なんだろうけど、体重差がありすぎるな。
そして、威嚇したのに無視されるマレウスさん。さすがっす。
最後の弟をいきなり味方にかみ殺される慈円姉さん。あわれあわれ。
一方、アル側。方向転換するアルがなんか可愛い。
ワニのゆりかごに足を踏み入れた朱牙さんはワニに仕留められる。
なんかセリフがエロちっくだね。ええい、離せ下郎!この私がワニごときにぃ!
いやぁ、しかしカブさんの知略は本当に素晴らしいですなぁ。エド爺のカブが下がっていく!

・ギャンブルフィッシュ
電気椅子!たとえわずかな時間でも電流にさらされれば、肌はただれ、血管は裂け、内臓は大火傷を負う!
そして、真っ先に心臓の洞房結節自動能が失われ、心停止になる。
そんな電気椅子からギャンブラー生還。学園長大焦り。なんだか小物っぽいぞ!
杜夢が言うには、バーストしたのはわざととのこと。
アヴィが電気椅子から蘇ったのなら、自分もそうしないと対等にならないとのこと。
美形を保っている時点で対等などとはおこがましいわ!
毒による心停止を先に行い、その後電気ショックで蘇る・・ふむ。
心臓はそれでいいとして、血管が裂け、内臓の大火傷はどうするつもりなんだ。
まあ、生きているか死んでいるかのどちらかが問題で、生きていれば重症でも気にしないのだろう。
表面の火傷は経験済みだし、内面の火傷なんてなんともないぜとか言い出すかもしれん。ドMめ。
最後は周王銘の得意技、絞りだ。さて、どういった盛り上げ方をしてくれるかな。

・木曜日のフルット
ジャンケンによる階段登り。小学校のころやってたなぁ。
そんなことより、欄外の鯨井先輩の水着姿のほうが気になっていけません。



2010年 30号


・範馬刃牙 SON OF OGRE
カイザーとの友情により烈海王リングイン!
同じパフォーマーとしてのシンパシーが彼を突き動かしたのかもしれませんな。
巨漢の名前はアンドレイ・ワーレフ。31度目のKO勝利を飾ったという。なんだか凄そうな経歴だ。
烈先生はワーレフをまずは言葉で挑発。蛮勇っぽいが勢いは薄い。
ワーレフも、プロレスじゃないんだから見え透いた挑発には乗らないという。
そこで、カイザーが用意した見せ場とは・・コンクリートブロック。た・め・し・わ・り!?
烈に先んじてワーレフがブロックを破壊してみせる。観客大喜び。
ワーレフは空手をやっていたようだ。なんだか、思いっきり挑発に乗っているぞ!?
それを見た烈先生。残っていた足場のブロックを叩いてパウダーにしてしまう!観客騒然。ワーレフビックリ。
やはりパフォーマーとしては格が違ったようだ。
戦闘前の接触でなんだか勝負があってしまったような感じがあるのだが、どうするのだろう?

・みつどもえ
ふたばと宮下。どちらも運動系女子だが、あまり一緒にいることはない。
というわけで、その2人のからみの回であるが見事に噛みあわないな!
小鉄並のフリーダムさを見せる相手にいちいちツッコんでいてはバランスが悪い。
やはり普段から一緒にいる杉崎組の方がいい・・といいつつわざわざ離れていたひとはも巻き込む宮ウザさんでした。

・弱虫ペダル
6号連続表紙&カラー大増の弱ペダ祭りは継続中!しかし、今週の表紙は・・いや、確かに坂道はいたけど、どうなんだ。
それはさておき、本編。
いきなりのドラムロールだ。ドドドドドドド。ドン!
坂道は金城主将の言葉に従い、全員を連れて行くと言う。
その坂道の目に巻島さんは悪い夢を見せられてしまった
田所さんもそれに引っ張られていく。が、ペースとしてはいっぱいいっぱい。
そこで坂道の秘策、奇策。それは、ヒーメヒメヒメ
まあ、確かにさーんそーよりはノリがよい。こぐときはノリのよい掛け声がよいとは思いますよ。
しかしグリーンゼッケンがヒメナノダー!いいながら疾走する姿は・・いいぞ、もっとやれ!

・行徳魚屋浪漫 スーパーバイトJ
バイトの身で社員の主任とフレンドリーになるには度胸がいるぜ!
でも先輩バイトのヨシノさんはもっと無理でした。というか、その仲の良くなり方はどうなのよ。

・クローバー
ハヤトVSゲンゲン。しかしゲンゲンは迷いがある。ハヤトには勝てない。
おなじように迷いがありながらも負けた真田は立場がないな!
そのハヤトは薔薇シャツ鳴我さんに一撃で吹っ飛ばされて面白いポーズで気絶。強いな薔薇シャツ!

・バチバチ
村神にまわしを取られる鯉太郎。石川が終わったーと吠える。じゃあ、まだ大丈夫だな!
まあ、村神は難しい態勢です。腰が浮いてるし腕の力でどうにかするしかない状態だ。
でも、鯉太郎の腰が浮けば腕の力だけで振りとばすこともできたりします。流石だな。
怪物と呼ばれるほどの肉体を持つ村神だが、精神面ではまだまだのようですな。
兄貴への思いを昇華できればまさしく怪物になれますでしょうが。
しかし、ここで鯉太郎に負けて精神的に成長してリベンジだと王虎さんとかぶるんだよね。
向こうは暗黒面に落ちての立ち上がりな気がするから差はでるか。

・元祖!浦安鉄筋家族
アイアンママかっけー。
しかし、新聞を期間じゃなくて50部とってくれという売り方はどうなのさ。
そりゃエルボーも食らいますよ。しかし、市民もいいノリしてるな。

・ハンザスカイ
横から見るとバランス悪そうな気もしたが、正面から見るとなんか強そうだ。天地上下の構え。
殺人蜂の群れが見えるほどの体裁き。これが伊奈の実力か!
バベルの足技も封じられ押される青柳。その背後に激が飛ぶ。
財前さんがちゃんと喋ったーッッッ!
1年の野田からもツッコまれるぐらいだし、普段からああいうことしか喋ってないんだろうなぁ。
しかし、財前さんも青柳さんを先輩と呼ぶのか。3年生は青柳さんのみなのか?
さて、声援を受けポイントを五分に戻した青柳さん。対決の結末はいかに。

・ナンバデッドエンド
剛を止められなかった鉄。マジでキレた難破さんは誰も止められねぇんだよ!
それでも止めんかい。駄目な弟分だ。
雨が降っている上に、相手がここぞとばかりに髪をつかんでくるもんだから、どんどんセットが崩れていく。
だからマスクをしてこいといったのに。やはりバレる気マンマンだろ、剛。

・ケルベロス
猛りくるった魂のまま骸とされた狗の皮。その怨念を利用した呪術。それこそが狗骸。
なんだか聞いたことがある術ですな。
墓所を失うか、永い崩を墓送りにできなかった墓守は狗骸の呪いに侵食される。
逃がしたのは8体だけど、それら全て封じ終わったらどうなるんだろう?
墓守として生きることの、死ぬことの重さを伝えられる景。
それにしても涙目になった景の可愛さはどうしたことか!
そんな可愛い景は、戦えるのに自分で命を捨てる選択はないと決断する。
修行は終わり、雪房を身にまとう景。感動の涙を流す雪房。いやはや、いい話でございます。
それにしても・・景の可愛さがどんどんあがっている感じがしている。恐ろしい、恐ろしい。

・ツギハギ生徒会
ついにというか、いきなりの学園崩壊の危機。のりきったけど最終回。
よもや一番影の薄い千両さんが閉めの言葉をいうとは思いませんでした。らしいっちゃらしいか。

・ドカベン スーパースターズ編
先週の見開き三振に続き、今回は見開きでのホームランだ。
しかし、この殿馬の解説は難解だな。緩い球のタイミングを体で覚えてしまったので逆に速い球に対応できた。
うむ、何を言っているのかさっぱりだ!

・聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
レグルスとテンマの2人でかかってもラダマンティスには一蹴されるのみ。勝てる気がしないぜ。
いまこそ、レグルスが命を賭す場面なのかもしれんが、勝てるのか?
それはさておき、パンドラさまノリノリ。サーシャを痛めつける。チェシャも引いてるぞ。
サーシャの奥底から湧き上がるもの。考えてみれば人間でも小宇宙は持てるんだよな。
サーシャの言葉により、昔の記憶を引きずり出されるパンドラ。
昔はテンマのような弟が欲しいとか言っちゃってたんですよね。いやぁ、恥ずかしい。
ここでヨウマにその辺のことを暴露されて悶えるパンドラ様とか、いや楽しみな話だな。

・侵略!イカ娘
触手を使って考えるポーズをするイカ娘。ほほ、これはまたAAにしやすそうな構えだ。
外に行くときに必要なもの・・隕石が突然降ってきたときの備えとして鉄版。ITEッ!ねーよ。
おおきいバッグを持ったイカ娘の絵はなんとも可愛い。

・シュガーレス
三田のピンチを感じとり、やってきたマリモ。まずは・・腹ごしらえだ!さすがだな。
普通なのかもしれんが、やけにマリモの前のドンブリがでかく見える。
マリモの食事の邪魔をするとは命知らずなやつらだぜ!
さて、三田の方ですが、播磨を殴ることはしない。
そんな三田の姿にガッカリと言ってみせる嘉上。上にのったり顔を近づけて話してみたり。
そんな嘉上の姿に、三田を巡る愛憎劇と見たら面白いという意見があるとかないとか。どうなのよ。

・はみどる!
藤岡田探検隊・・いや、確かに長寿シリーズですがね。この番組にお色気のテコ入れはいるのか?
新聞によると、視聴率はシリーズ中最高だが、苦情が相次いで出演はなかったとか、なんだかよくわからんぜ!
しかしやはりこのプロデューサーできない人にしか思えないんだが・・
いろいろ考えはあるということなので、それに期待・・できるのか?

・ギャンブルフィッシュ
14連続ブラックジャック。凄まじい勝負ですなぁ。
15ターン目で悪魔と天使のカードもなくなり、16ターン目。
ついにアビィがブラックジャックをあきらめたぞ!
勝ちの目がでたので強気にいったらバーストして負けました。
だめじゃんギャンブラーッ!
欲しかった札はとっくに残りカードにないとか言われてるし。ちゃんとカウントしてなさいよ。
観客席のキノコの言葉に惑わされたわけじゃ・・ないよな?それでも駄目なことに変わりはない。
というわけで、処刑執行!電気椅子に電流が走る!
本当にこれで蘇るというのだろうか。剥製にするのも無茶だというのに。
これで次回、杜夢死亡。代打ちが現れてその後普通に話が続いたら・・どうしよう。

・仁侠姫レイラ
みちのくに、奥羽プロレスの社長兼レスラー、サンダーカムイ。マスクマンだ。
ふむ、とてもグレートな議員に似ている気がするが、まあそれはそれだな。
今回の刺客はナマハゲッター壱号弐号。なんでこの漫画のマスクマンは微妙なのが多いんだ。
どうせなら参号も連れてきて合体変形して見せろ!
包丁を投げつけるナマハゲに対し、ワザと狙いを外して投げるくらいなら最初からやるなと言う。
リングにドスをつきつけるのとそんなに変わらない気がしますがのう。
まったくどうでもいいが、サンダーカムイはそのマスクの上から帽子をかぶってたのか。どうでもいいな。

・ANGEL VOICE
現実世界では日本がデンマークを破り、決勝トーナメントに進出を果たしていました。
作者コメントも、カメルーン戦のことだとは思うが「勝っちゃった・・」だという。
他国の新聞に、歴史的な勝利と書かれるぐらいの展開でした。
しかし。
市蘭は負けました。シンゴが一対一を外し、負けました。
尾上の鉄拳。これはしょうがない。やり返すシンゴ。いや、やり返したらいかんだろう。
というか、他の人ももっと百瀬を気遣ってあげてください
乾は物足りなさを感じていた。市蘭全員のために抑えたプレイをしている感じでしたしねぇ。
なんともシビアな結果でございます。市蘭復活までしばらくかかりそうだなぁ。

・Goofy
手すりに突撃するエナツの絵がまじで痛そうで困る。
警備員につかまっても沈黙を通し、帰りには中指を立てていくエナツ。主人公よりよっぽどガラ悪いよ!
そんなエナツが喋った!財前さんに続いての奇跡だ!
本当に喋れないとかだったらどうしようかと思ったぜ。

・AL
青牙と朱牙を分かれさせ個別撃破を狙うアル達。
カブさんは斜面を転がりワニを撃破。ワニキラーカブさんの誕生や!
エド爺もひっくり返されてしばらくは起き上がれない。エド爺は見せ場が少ないぞ!
一方、青牙とホシカブトは頭突き対決でございます。
江田島平八のごとく押し勝てるならよいんだが、ホシカブトさんが無残に吹き飛ぶ姿しか思い浮かばない。
次号の衝撃展開とやらに期待しておくかね、一応。

・ヘレンesp
巨大猪と少年のアクロバット。牙はでかいけど、確かにこれは豚だな。
サーカスのショー中に動物虐待だとわめきたてる団体。迷惑な連中だ。
ホンモノの愛護団体はあんなことしないだろとのこと。うむ、いい皮肉でございますな。
子供と動物を使った営利活動で業務停止か。面倒くさい話だねぇ。
そういえば克巳も子供時代は像と綱引きしたりしてたな。
豚のネロは子供とサーカスから離れて弱っている様子。
一方、子供の方は学校生活に馴染みました。ネロと会うのは面倒くさいからイヤとのこと。シビアだな。
今回のことでネロが少しでも元気になるといいですねぇ。
というわけで、ヘレンさんの笑顔とともに完結。何ィッ!?
本当に終わっちゃうんですか?確かに予告では完結編とうたわれてはいたが・・おぉう。
いや、これは続編フラグだね。ヘレンespリバースとかそんな感じで復活するに相違ございません。
とりあえず、単行本2巻は8月6日発売でございます。覚えておかないとなぁ。

・釣り屋ナガレ
お嬢が苦戦している間に、ナガレは既に海で魚を釣り上げていた。
世の中には、魚を釣るのではなく、キャスティングの技術を競う競技があるとのこと。
マイナーな感じだが、ちょっと面白そうだな。

・木曜日のフルット
携帯購入を決意すべく描いたのがこれとは。そりゃ余計に欲しくなくなりますわな。
PC使っていると携帯もあまりいいのを使いたいとは思わないなぁ。



2010年 29号


・弱虫ペダル
6号連続表紙中でございます。ずっと坂道のみなんだなぁ。せっかく総北6人いるのに。
坂道+誰かという感じでもよかったんじゃないですかねぇ。
最後は坂道+御堂筋。表紙が御堂筋君では何の雑誌かわからなくなってしまう恐れがあるな!

本編
田所先輩を助けるために残ると言い出す坂道。しかし一旦下がったらもう挽回できる坂はないとのこと。
確かに1日目で100人抜きしたのも坂だったわけですわな。
それでも残ることを決めた坂道。巻島さんの許可はもらったというけど本当かね?
まあ、田所さんも総北のジャージがいてくれれば心強いといってますしなぁ。
しかし、やはり追いつける図が思いつかないのですよね。田所さんが復活すればまだしも。どう復活するんだ。

・範馬刃牙 SON OF OGRE
烈海王のターン!
烈海王と贅沢・・なんとも想像がつかない取り合わせである。
偽者であふれている街が気に入らないという烈先生。
それに対しカイザーはそれら偽者の全てが一流という。
逆にホンモノというだけの三流品がいくらでもあるという。中国拳法にもあるだろうと言いたい訳だな。
烈先生もそれは認めざるを得ない。こないだの大擂台賽トーナメントでも失望していたようだし。
意外と烈先生とカイザーの関係は良好に見える。
さて、そのカイザーが見せてくれたのは元チャンピオンという237センチ、151キロの巨漢!
顔は雰囲気ありそうだけど巨漢!もはやこれだけで負けフラグですよ。
それはそれとして、売り込みはする。酒飲んだからリングあがらないよと言ったのにしっかりあがってる!
しかもカイザーのコールに合わせてポーズ決めたりと烈先生、ノリノリじゃないっすか。
ここでこの巨漢も一瞬で倒してしまったら、もうどうすりゃいいのやら。

・バチバチ
やはり体重のない鯉太郎。全身からぶつかっていかないとどうにも威力が足りないようだ。
というわけで、ぶちかましを連続で決めていく。村神の表情がだんだんと変わっていってるぜ。
最後は必死の形相でぶちかましを受け止め、まわしを取る村神。
村神の変化については予想ができたとこだが、勝負の展開はここからどうなりますかねぇ。
鯉太郎が圧倒的に不利になったからこそ、まだ何か起きそうな気配があるぜ。

・シュガーレス
三田の湯上りを待つ男3人。しかし出てきた三田に手を出すことはできませんでした。
しかし、三田はちゃんと拭いたのかね。そのまま服着たら余計気持ち悪くなるぜ。
播磨の弟を人質にとられたのが理由という。まあ、その辺りだと思ってましたよ。
どうでもいいが、部屋の中でバットは振り回せないだろう。
それに気づいていたのかどうなのか、屋外でやりあうことになりました。
そうこうしているうちにマリモ登場。もう主人公の登場はあきらめるしかないですな。カラーにもいなかったし。

・侵略!イカ娘
TVさえあれば一日中退屈しないですむというテレビっ子なイカ娘。そのうち飽きるのさ・・フッ。
イカ娘には同属的存在はいないのだろうか。タコ娘はさておき。
それとも他にもいるけど友達がいなかったのだろうか。そう考えるととても寂しいでゲソ。

・ナンバデッドエンド
グリグラは本当弱いな。弱いくせに執念深いから困る。
そして校長はようやく警察に連絡。本当に保身にばかり気の回るやつだ。
しかしこれで剛が捕まったりしたら校長の経歴が〜とかのレベルじゃなくなりますな。
喧嘩の勝ちは見えたけど、その後の展開がとても気になります。

・元祖!浦安鉄筋家族
アパートに回覧板って回ってくるもんなんですかのう。
それはさておき、オチはちょっと意外な感じ。いや、意表をつくからオチなのか。

・ケルベロス
祈ちゃんを救ったのは神楽辻古書店のおばちゃん。世々さんの母君でありました。
あいかわらず戦闘モードでない景は弱弱しいな。雪房ー!助けてー!
古より存在する退魔の組織「常世」
狗骸の墓守も狛守も昔は常世の一員だったらしい。
常世は狗骸の墓守を排除した。そしたら崩に勝てなくなって困りました。アホか。
そこで急遽作り出されたのが、仇喰が宿す狗骸モドキというわけか。
崩を墓に送り、そのエネルギーを元に崩を倒す。なんという永久機関。
だから墓がない仇喰は崩を完全に消滅させてしまったわけですな。
そして、崩を墓送りにできず、墓所を維持できなかった墓守は・・えらいことになる。
狗骸の呪いに蝕まれバケモノになる。しかし・・多いな!そんなに墓守いたのか。
それにしても世々さんも母親が出てから弱弱しい感じになりましたね。最初の強気キャラはどこへやら。
しかしこれはこれでよい。そして景は今回も可愛くて困る。責任取れーッ!

・行徳魚屋浪漫 スーパーバイトJ
ささくれは痛いですよ。SaSa〜KuRrでもどうかと思う。
レジの女子も■十代だったりしますのかなぁ・・ちょうどいい人間関係は難しいね!

・Goofy
短期集中連載のスケボー漫画でございます。スケボーとな。
主人公の望月洋樹。不良っぽい見た目のわりに部活動に励もうとしてみたり、気さくなやつだ。
相方になりそうな神江那次が喋らないのでもっと気さくな感じにならざるを得ない。
というか、エナツと呼ばれてるが、神が苗字なのか?
入学以来先生にすら口をきいたことがないという。これはもはや人見知りというレベルじゃねーぞ。
主人公とはそのうち指を弾くだけで意思の疎通が可能になるんですな。沈黙スケボー提督の誕生だ。

・仁侠姫レイラ
相変わらず学校ではドジっ子で通すつもりのレイラである。
と思いきや、家でもドジな面を出していた。これは天然ということですか?
景と同じようにスイッチが切り替わらないといけないということなんだろうか。
そういえば、寝ている姿では、背中に人魚の入墨がなかったんだが・・
興奮すると入墨が浮かびあがる性質のものなのだろうか。どこのドラゴンだ。
しかし、身体能力的な部分は高いはずなのに運動でドジをしまくれるとは思えない。やはりわざとか?
狙っての天然はよろしくございませんな。目立つし。
次週は敵地、東北国(みちのくに)である。北の王国の次は東北国か・・
本当にそれぞれ別の国だったりして。入国手続きがいるから足止めを食ってたとかそういうことなのか。

・クローバー
ほうっておけるわけねぇだろ!おお、ハヤトが主人公らしい声をあげておる。
そんなハヤトとゲンゲンの前に現れた鳴我さん。なんだその薔薇シャツは!いいセンスしてるな。

・ツギハギ生徒会
生徒指導室をもらえたら赤字が解消になるのか?学園自体が貧乏だった気がしたんだが。
まあ、来週最終回ということですので、その辺は深く考えず。
しかしハンパなとこですな。2巻は出ないということだろうか。

・ドカベン スーパースターズ編
剣の怒りは留まることを知らない。光は剣が同棲のことを本気で信じているんだと言う。
メールで煽ったのはあなたじゃないですか。
怒りの剣により、山田三球三振。この見開きはかなり迫力があって驚かされた。
それにしても、微笑さん。三振する前にベンチに戻って、三振したあとまた一塁に戻っているとは一体。
三振する役目の微笑みさんと、デッドボール受ける微笑さんがいるとかそういうことなのか!?

・聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
チェシャは本当に賑やかしにしかなってませんな。ラダマンティスが圧倒的だからさらに際立つ。
ラダマンティスに対抗するため、アテナの聖衣をまとうサーシャ。パンドラびっくり。
しかし、女神の力を失っているサーシャはヒザをつく。パンドラご機嫌。
喜びのパンドラキックをお見舞いしてくれる。相変わらず秀逸なアオリだな。
早くこのパンドラさんがへこむところを見たいものッス。

・ハンザスカイ
相変わらず財前さんが口を開くときはネタを思いついたときだけなのね。
練習試合だから深刻になるなよといいつつ、自分が一番本気な表情である。本気と書いてマジと読む表情だ。
青柳を倒したヤツ・・強豪蓮城の・・御大将!
御大将いうな。伊奈さんが言うのか。我々は数百年の間演習を続けた部門の高校であるとか。
それはさておき、青柳さんの中段蹴りが決まったところで伊奈さんが構えを取る。
これは・・天地上下の構えか。KOFでもリョウ・サカザキがやっていたな。決して天地魔闘の構えではない。

・はみどる!
ああ、あの時の番組ちゃんと放映されてたんだ。そりゃぁ父親は怒るさね。
というわけで謹慎中の家にお邪魔します。
しかし、アカリ弟は本当にろくでもないな。相変わらずの仮病っすか。お前は常に女装していろ!

・釣り屋ナガレ
ちゃんと失敗も含めた動画を送ってくるお嬢はいい子だねぇ。ナガレ大爆笑。

・ANGEL VOICE
パスは、前へ!百瀬の熱さがここに来て最高潮である。
尾上もそれを受けては個人プレーを貫くわけにはいかんだろう。葛藤はあるようだが。
シンゴにパスが渡り一対一である。ここ外したら・・さすがに後がないだろうな。
でもここで次回に続かれると凄い不安になる。一体どうなるやら。

・真々田さんと生物部で
なんとも妙なフェチシズムを感じる読みきりでありました。白衣の女の子は割と好きです。
しかし3日フロに入ってないのに無臭とか・・新陳代謝どうなっているんだ。
三田さんは同じくらい入ってなくて臭う言われてたのに。向こうは汗と血にまみれてたからかもしれんが。

・AL
あの牙王に子供がおったんか!童貞が多いアル組はショックが隠しきれない様子。いや、そういうことじゃない。
群れのボスである大曲のビルは援軍を頼みに旋ヶ原に向かったとのこと。あらあら。
そのビルの息子こと、若様は誰あろうカブさんでございます。それで少し戻るのを躊躇してたのか。
不肖の息子というけど、いやいやどうして立派ですよカブさん。
マレウスさんも若様を引き立ててくれる。一頭だけになったからここぞと名前を売りに来たな。あざとい!
カブさんは指示も的確だし、将器がありそうな感じ。頑張って生き残って欲しいのう。

・ギャンブルフィッシュ
変則ブラックジャックの勝負。
父親の記録を超える6回目のブラックジャックによる引き分け。
さらに杜夢はここでヒットを宣言。ははぁ、次に悪魔が来てしまうことを見越したわけか。
その度胸により、死相を消すこともできたらしい。
そろそろ決着がつきそうな流れですな。アビィも服を破り裂いて臨戦態勢だ。なぜ脱ぐ。

・ヘレンesp
ケーキバイキングで食べ過ぎておなかが痛いヘレン。とても普通の女の子らしいですなぁ。
おじさまは刺身の食いすぎか。大当たりのようです。
街の人から感謝されたお医者様。銅像も立てられ、撤去されそうになっても反対してくれる人がいたという。
そんな記憶も忘れ去られ、銅像も撤去され・・うーむ、物悲しいねぇ。

・木曜日のフルット
デンは人間並みにデカイ猫に見える・・こんなのが庭を荒らしてるの見たらビビルな。



2010年 28号


・元祖!浦安鉄筋家族
浦安最強市民決定トーナメント!100回に一度掲載されるというトーナメントだ
凄い企画だよな、実際。過去4回でそこまで進んでいないというのもまた凄い。
でも今回は凄い進んだ。トーナメントは何が起こるかわからないというやつですね!
しかし締め技の使い手が多いな。
優勝は決まったけどまだまだ続くような引きを見せる。まあ、キャラも増えましたしね!

・バチバチ
立会いの最中だというのに、相変わらず相手を見ていない村神。兄貴への思いが強すぎるようだ。
しかし、鯉太郎のぶちかましを受けて胸が高鳴る。
兄貴への思いとか胸が高鳴るとか何の漫画の感想だ!
それはさておき。驚きのあまり変化してしまった村神がカッコ悪い。
でも、焦って追い込もうとした鯉太郎はまずかったな。もともと突き押しはそんなに強くないようだし。
王虎の時も突き押し切れずに反撃受けてましたからねぇ。
というわけで村神の反撃である。振りかぶっての打ち下ろしは相撲とは思えない光景だ。
ここにきても村神は鯉太郎を見ていない。兄貴との関係をずっと引きずってますなぁ。

・弱虫ペダル
巻島さんは辛い立場でございますなぁ。普段はクールな言動を取るようにしているが、本質的に人情家ですし。
思ったことをそのまま言える鳴子は純粋ではあるが、先輩になったらそうも言ってられなくなるっショ。
さて、田所さん。元々体重がある分、坂は苦手。その坂が最初だから余計厳しい。
青八木、手嶋の2人が押して登ると言い出す。それOKなんすか?と思ったらやはりダメだった。ですよねー
1日目のアドバンテージを早くもなくしてしまった田所さん。
その田所さんを救いに行くという坂道。助けるといってもどうやって?
引っ張るといっても本人が走ることには違いないし、物理的に引っ張るわけでもないですし。
坂道の超人パワーを分け与えるとかいう話でしょうか。でも田所さんは人間だし・・どうなるのやら。
そうか、田所さんが超人になるために超人ロードを登ればいいわけか。本当にやりだしたらえらいことだけどな。

・行徳魚屋浪漫 スーパーバイトJ
タイトルも変わり新連載が決定しました。よかったねーNJ先生。
実録ほのぼのカニコーセンというあおりはどんなもんだろうか。
相変わらずパートのお○ちゃん達は可愛いなぁ。
イナゲ主任はパートさんに優しくてよいですな。可愛いぜ!

・範馬刃牙 SON OF OGRE
息子がゴッキー師匠に学んでいるころ、親父は花火を一人で見ていた。えー。
たいへんショッキングな映像です。ほう、人が落雷を受けた瞬間の映像とは貴重だな。
ガイコツが見えるわけないだろう!といいたいが、本当にないのかはわからない。ありえないとは思うけど。
東大教授もこんな人知を超えた現象を解説しろと言われても難しかろうに。
しかし、見事に解説してのけたな。そう、強いから耐えられた。それが正解だ。
適当に答えた、みたいな表情をせずに言い切ればよかったのにね。
そもそも落雷を受けたのは、誰よりも尖っていたから。落雷を受けた後の頭も尖っているぜ。
尖がり過ぎだっつーの!

・侵略!イカ娘
触手を使えばハチを打ち落とすことも出来る気がする。しかし涙目で逃げ回る方がイカ娘らしくていい。
おおきくなるのはいいけど、胴だけ長くなるのはやはり気持ち悪いっす。

・ナンバデッドエンド
伍代達が助けに来てくれないかと思ったら飯食ってた。こいつら飯食ってるシーン多いな。
まあ、吟子の電話を受けて救援に来てくれたからよし。大丸もついてきてくれたし。
壊しや竜二「あんま大人ナメんじゃねぇぞ」
チンピラのくせにえらそうですな。うちの兄貴だってニートだ。ナメんなよ!
それにしても、やはり剛。正体隠す気ないでしょ。気づかせようとしてるとしか思えない。

・クローバー
華咲は本当ダメなとこだな。何が悪の華だよ。
ハヤトも気軽にやってきて気軽に帰ってしまいますしなぁ。ナメられすぎ。
そして菊池・・喧嘩でボコられたうえに置いてけぼりとか・・ハハハ。ナメられすぎだ!

・みつどもえ
佐藤君は本当に苦労しているからなぁ。そりゃ白髪の1本や2本もできますよ。
しょうがない隊による血液採取・・なんとなくカマイタチを思い出した。
おがちんが転ばせて、伊藤さんが切って血を流させ、伊藤さんが治療しようとする。
見事な伊藤さんによるマッチポンプですね。加藤さんはおがちんのスカート押さえ役。
なんだかんだでみっちゃんは優しいな。さすが天使で小悪魔で豚なだけある!

・ハンザスカイ
蓮城の監督が登場。遅いな。トイレにでも篭ってたんですか?
副将戦。クールな感じ、だけどお上手な財前さんと、熱血丸出しな細野。
攻撃的な性格と攻めに蓮城の部員もヒートアップ。それに対して冷静にカウンターを返す財前さん。
大谷さんのハートマークが気になります。なんですか、2人。良い仲なんですか。どうなんですか?
御門は昨年5人での大会に3人で出たらしい。そんなに人手がなかったのかよ。
男装した穂波嬢が出たらよかったんじゃないでしょうか。
しかし、その状況で見事勝ち進んだというのだから、やはり御門の先輩方って強いんだなぁ。
と過去の話をしているうちに財前さん負けちゃいましたよ。まあ、しょうがない。
大将戦もありますしね。練習試合でなく、本戦で勝てばよいわけですよ。
さて、次は大将戦である。これまた楽しみな戦いだな。

・ケルベロス
仇喰は結構なタレ目だな。と今更ながらに思った。
景の飛び陸劫により山王さんは墓送りにされる。面白いバカだった。
祈ちゃんは神社の側にある土産屋のおばちゃんによって力を封じてもらっているようだ。
あのおばちゃんは何者なんだろうな。世々さんの関係者かと思ったがそうでもない感じ。
世々さんは仇喰の存在を知らないみたいだったし。
それにしても、よだれをたらして寝てる景が可愛くって困る。金屋ちゃんと匹敵して可愛いからたまげる。

・仁侠姫レイラ
応援を受けて立ち上がるとか、プロレスラーらしくなってるじゃないですか、キッド。
それにしてもオホーツククラッシュってどんな技だったんだろう・・
グレイトフルクロスボンバーも気になる。ひとりでクロスボンバーだと!?
レイラが最上段から飛び降りる前にリボンを引きちぎったのはなんなんでございましょう。演出?
最終的に人魚の入墨を見せるために背中の部分は破らなければいけないわけですが。
というか、普段から背中が見える構造にしておけばいいのに。
北の王国は今回で終わり、次は東北国らしい。キッドが付いてくる事はなさそうで安心だ!

・はみどる!
あの人が今更!すごいタイトルだな、おい。屈辱以外の何者でもない。
かすみさんは多少知名度があるという設定だったが・・大河でたり流行語まで作ってる子役が多少とな。
まあ、子役のときとは名前が違うから同一人物という認識を持っている人は極少数なのかも。
自爆体質なのは致命的ではあるが、まともな仕事回せばちゃんとこなしてくれそうなのにねぇ。
そう考えるとプロデューサーの腕が悪いということになるんじゃないッスか?

・ドカベン スーパースターズ編
1アウトから、岩鬼三振、殿馬出塁。さぁ微笑さんだ。またデッドボールかよッ!
山田にまわすためにわざと当てられる微笑さんが可哀想です。ゲラゲラ。

・ANGEL VOICE
尾上の強烈なミドルシュート。しかし正面すぎましたな。
監督は尾上のもっと違う部分に期待しているのかもしれない。それは一体?
わからないまま時は流れて。残り5分。
熱くなった百瀬のターンだ。ふくらはぎのあたりを傷めたようだがなんだろうな。
マイちゃんの変わりに自分が倒れるよ!と言うのだろうか。百瀬ーッ!

・クローズZERO
ついに最終回でございます。鈴蘭の頂点に立つがまだ終われないという源治。
リンダマンに挑もうというところで終わる。勝てるとは思えないけどな!
時生は無事手術成功。拳さんも生きていたようで何よりですな。
さて、クローズZEROは終了しましたが、2はやるんですかねぇ?

・聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
やはりか・・! やはりラダマンティスがスルーしてパンドラ吹っ飛ぶなんて展開にはならなかったか。しょうがないな。
バレンタインは木星の番人だったのかね?テンマ達がすぐについたのはそういうことなんだろう。
ラダマンティスとレグルスが相対することになりそうだが・・レグルスはここで散りそうな予感。
アスプロスさんの復帰はまだですかいの〜

・シュガーレス
モミと関の言い争いがなんとなくホシカブトとつむじさん達の争いにダブる。
マリモと同じようにキレイな水だと三田は3人を評してくれる。
というのに、この展開はあんまりじゃなイカ。3人は三田を敵にしなければいけない理由でもありますのかね。
ベタなところでは人質であるか。次回センターカラーでのマリモの救援に期待。岳は出番なさげだな・・主人公・・

・ギャンブルフィッシュ
電気椅子が死刑で使われるのは苦しませずに一気に殺すためと思っていました。
頭部電極がないと気絶できずに苦しむことになるんですな。へぇ。
以前学園で会った杜夢パパはなんと剥製だった!オイオイ。
杜夢は、自分が勝ったらこんなOB会はやめろと持ちかける。確かに今のOB会は狂気の沙汰であるしな。
しかしどういった展開になりますかね。引き分けはあと何回かあるとしてどう決着するのか。
とても強いから電気椅子でも耐えれます。充電完了!とかはやれないだろうし。うーむ。

・釣り屋ナガレ
アンコウの背ビレは本当に変形しすぎてよくわからんな。
魚の正体はアイゴ。磯釣りの外道らしい。背ビレと胸ビレと臀ビレのトゲに毒がある。ほとんどか。
ヒレを切ったアイゴの姿を見ると、あの絵もちゃんと描けてるんだなと感心する。

・AL
破竜槌の青牙。頭突きでパキケファロサウルスを凌駕するという。
前作の主役竜なのにさんざんな扱いだな、パキ。
ナイフの如く鋭利なトサカで首を切り落とす首狩り朱牙。わざわざ難しいことをしおって。
ともかくその2頭が大暴れしているという。アル達は本当になかなか休まるときがありませんなぁ。
跳竜ファラはカブさんの友達。やはり肉食恐竜と草食恐竜とでは言葉が通じない設定なんですな。

・ツギハギ生徒会
貧乏だったことって秘密なんだっけ・・なんかそんな設定すら記憶にありませんでした。

・ヘレンesp
善意で止まる戦争なんてこの世にはありません。虫の世界なんてなおさらですわな。
停戦にせよ休戦にせよ何がしかの理由があって行われるもんですしね。
ところでヴィクターはなんでアリの巣潰してたんだろ。別にいいんだけど。
アリの戦いはともかく、ナメクジやバッタもわらわらしてるのは・・見た目きついなぁ。

・木曜日のフルット
鯨井先輩らしい悩み方である。原稿あがったら焼肉つれてってあげると言えばよかったんじゃないかい?



2010年 27号


・バチバチ
鯉太郎VS村神。直前まで念入りに地金を鍛える鯉太郎と変わらず冷めた状態の村神。
村神の兄に対する思いはいろいろと複雑そうだな。出来た兄と昔から比べられてたようだし。
強さはかなりのものだが、目前の相手に気が入っていないのはな。少し鯉太郎に勝ち目が出てきたか。
まあ、村神もずっと死んだ目のままというわけにはいくまい。
今の髪型なら良いけど、マゲ結うために髪あげてあの目のままは怖い。

・みつどもえ
さすがに千葉氏。エロ師匠の名は伊達ではないな。いろんな技を日々開発しておる。
だんだんシチュエーション限られる技ばかりになってきてるけど。
両腕を捻挫したので母親による介護。しかし千葉母は同じ顔なのに美人だな。余裕のなせる技か?
顔だけじゃなく考えてることも一緒というのはすさまじい。以心伝心。
そしてやはり千葉氏・・レベル高いな。羞恥顔より拒絶顔の方がよいと申すか。

・弱虫ペダル
委員長登場。久しぶりの登場だけど▽メガネが特徴的ですぐわかるぜ。
青八木、手嶋の2人によるマッサージ。全員やっているというけど田所さんも?ああ、2人がやってるとは限らないのか。
その田所さんはようやくスタート。かなりマズイ状態ですな。
前日言われた通り、田所さんを置いていく巻島さん。辛い立場でございますな。
さて、この不調を知っていたのかどうなのか。御堂筋君の予想では総北は早い段階でバラけるとのこと。
というか、正座して説明する御堂筋君の絵がなんともいえないシュール感を出している。
田所さんはリタイアしてしまうのか?2日目走りきっても回復できるとは思えないだけになぁ。むぅ。

・元祖!浦安鉄筋家族
金子先生はなんでそんなに傘を持ってるんだろう。という疑問はさておき。
借りたものはちゃんと返そうぜ。昔貸した本がいくつか戻ってきていないことを思い出してしまったぜ。

・範馬刃牙 SON OF OGRE
刃牙さんは一体どこに行き着こうとしているんだ・・これはこれはじゃないよ。
リアルに描かれたゴッキーだが、ツヤツヤ感がないので嫌悪感は意外と低い。メカチックな感じがある。
時速270Kmでスタートするには・・こうするしかない・・!
ない・・!じゃないよ。なんだこの絵は。笑ったじゃないか。

・ナンバデッドエンド
特服先生の登場だー。ってアレ。マスク無しですかい。バレる気満々じゃないッスか。
言い訳のしようもないぐらいにボコられておいて減らず口を叩くグリグラ。駄目なやつらだ。
最後は助っ人だよりな辺りがさらに駄目な感じだ。

・ケルベロス
景到着。しかし弱りきっている状態です。山王さん調子ノリノリ。
昔の山王さんの絵が可愛い。ネコネコしいな。
いたぶっている間は回りに目がいきません。だってネコだから!
そして景はとってもいたぶりやすい感じらしい。いじめて君の気を発していると申したか?
山王さんはバカなネコだが、小賢しい。苦戦しているところに仇喰が戻ってくる。
良い感じに共闘できそうですね。

・侵略!イカ娘
今週のイカ娘はいつもに増して可愛く見えた。何故だろう。
下手にプライドがあるものだから空回りして酷い目を見る。だが、それがいい。
エビはおいしいけど食べるのがめんどくさくてよろしくない。

・ハンザスカイ
今週はずっと番場さんのターン!描写も無しで負けた野田とは違うのだよ。
中堅戦でようやくポイントの説明。おお、わかりやすい。背中とかもありなんだな。
基本的に手技より足技のほうがポイントが高いらしい。
番場さんは身長はないぶん機動力と手足の捌きにすぐれているらしい。さすがに県内ベスト4である。
相手の懐に入り込む姿は堤城平を思い起こさせるほどでした。
虎を背負った番場さんの姿はかなり似合っているな。もともと動物っぽい顔しているからか。
そしてフルネーム公開。番場誠十郎!なんだと、カッコイイじゃなイカ!キャー番場サーン。

・クローバー
華咲相手に暴れまわるゲンゲン。ハヤトもそれに気づきつつある模様。
とりあえずつなぎの回なのであまり語ることが無いな。

・シュガーレス
三田の戦いは完全にボクシングスタイルっぽいですな。
エクレアには三田派と嘉上派にわかれているようだが、三田派少ないな。旧来のメンバーなんだろうけど。
三田の仲間のモミアゲ・・なんか、似たようなのがシャケさんの取り巻きにいたような。まさか・・!いやないな。
そしてマリモ参戦フラグが立ちそうな雰囲気。岳の方は全く出れそうな気配ナシ。主人公・・

・はみどる!
相変わらず吹き溜まルームの扉は毎回別のラクガキが描かれている。毎度前のを消しているのか?マメだな。
突撃となりのバスルーム。というわけでワンルームマンションに突撃である。
男の一人暮らしのくせに小奇麗にしてやがるな。どんぶりが3つあることもないだろうし、仕込みの匂いがするぜ。
しかし結局どういう話だったのかよくわかりませんな。まあ、意味など関係なく楽しめということだろうけど。

・AL
ホシカブトさんにつづき、つむじさんも戻ってきた。ああ、マレウスさんですか。名前言われても兄弟の何番目かわからん。
まあ、ホシカブトとつむじさん達のやりとりは楽しいのでやはりセットでいないとね。
そしてアル達はカブさんの故郷、大曲に向かう。なんだか浮かない顔のカブさんが気がかりだ。
一方、肉食獣側。牙王の子供たちが登場である。
破竜槌の青牙
首狩り朱牙
他にも子供がおり、その中でも抜きん出たものを四神牙という。いろいろ敵が増えたな。
風の2頭も含むところがあるようだし、面白くなってきましたな。

・ドカベン スーパースターズ編
代打中西の2塁打で同点。打たれたのは光の責任かもしれんが、ホームでの攻防は山田の責任ですな。
まあ、お手玉しなくてもあのタイミングじゃセーフになりそうだけど。

・聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
ラダマンティス復活。マスクを外した素顔がイケメンすぎてビビル。
しかしバレンタインへの仕打ちはあまりでございましょう。分かりません。
ラダマンティスの言う、冥王軍に身を捧げる。それは分かる。でも頭の部分が分かれている状態でしょうに。
パンドラへの忠誠とアローンへの忠誠がぶつかったらどう判断するんだろう。相反する指令で自爆したりして。
さて、バレンタインの一撃はどうなるか。届くとはさすがに思えないが。
ここでラダマンティスがスルーしてパンドラ吹き飛んだりしたら大爆笑なんだがな。

・クローズZERO
激闘がついに決着。いやぁ、長かったっすね。次週最終回
拳さんのことや時生のこととかあるし、どうまとめますのかねぇ。

・仁侠姫レイラ
帝都組に比べて北海組は仲が悪い。親子なのに。というか、親子だからだな。
今回は帝都さんがかなりカッコイイ。親父とは違う包容力を見せてくれた。
しかし、ジャイアントスイングで客席に放り投げたり、フランケンシュタイナーで柵にぶつけたりと普通に痛そうだ。
それにしても2階に登って飛び降りたキッドだが、あのまま帰ったらどうしようかと思った。
キッドが客席を登ってるぞー・・帰りやがった!いや、ないな。

・ANGEL VOICE
ポジションチェンジはうまくいった。相手をひきつけ百瀬にうまくパスがわたる。
しかし、シンゴもポジションチェンジにひっかかっていた。おいおい。
でもそのために、ギリギリでの飛び出しになって決めることができた。余裕があるときより決めやすいらしい。
そして二宮と尾上のポジションも変わりより攻撃的に。さてどうなるか。まだ百瀬の熱さが出てないしね。

・釣り屋ナガレ
龍馬ブームでございます。舞台は高知。というわけで龍馬登場。福島正治だー。
最初出てきたときの顔は微妙な感じに見えたが、だんだんカッコよく思えてきた。丁寧な姿勢に好感が持てる。
どんな相手でも姿勢は崩さないナガレも立派といえなくもないな。
しかし昔の記憶だろうによく思い出せるな。いい舌をしていらっしゃる。

・ヘレンesp
死にかけているときに美人のお姉さんから優しくしてもらいました。
調子にのって誘いをかけたら手ひどくフラれました。そりゃ大泣きしますわいな。若いな・・
フラれたときのセリフが、あなたの顔なんて二度と感じたくないだからなぁ。こりゃショックでかい。
それにしても、途中でのヴィクターがガクガクしてたのにはちょっと笑ってしまった。

・ギャンブルフィッシュ
さて、決勝戦でございます。アヴィの額の穴もすっかりふさがったようだ。肉でも大量に食ったのか?
ルールは電気椅子に拘束しての変則ブラックジャック
一発勝負で負ければ即執行!なんという打ち上げ花火な勝負か。ダラダラ行く気はないぜということか。
しかし、生き延びたら続行もありえるのかね?アヴィなら3回位は耐えてくれそうだ。
杜夢パパもこれを食らったのかなぁ。最後にはアヴィと同じ姿になった杜夢パパ登場とか。
ア・・アヴィが2人!悪夢な光景が展開されたりして。キレイなアヴィも同時に展開されたら笑い殺される。

・木曜日のフルット
驚愕の新事実!何かと思ったら鯨井先輩の本名発表でございました。
鯨井早菜。ほほう。そしてそれにまぎれて4番目の住人も登場してみた。
しかし住人同士の交流が厚いアパートだな。


週刊少年チャンピオン感想TOPに戻る  作品別感想INDEXに飛ぶ

HPのTOPに戻る