×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

週刊少年チャンピオン感想(2010年 38〜47号)

週刊少年チャンピオン感想TOPに戻る  作品別感想INDEXに飛ぶ

2010年 38号  2010年 39号  2010年 40号  2010年 41号  2010年 42号
2010年 43号  2010年 44号  2010年 45号  2010年 46号  2010年 47号


2010年 47号


・ナンバデッドエンド
荒れて喧嘩しまくる剛。でも考えてみると、他のグループとかおとなしくなってくれるんじゃね?
毒を持って毒を制す的な考え方じゃないけど。まあ、当人周りが悲しいことに変わりないので解決にはならないが。
で、そんな荒れた剛の前に現れる。男。その筋っぽい人だなと思ったら本当にそうだった!
まあ、そっちはとりあえず置いておいて、藤田さんが久しぶりに剛を捕捉した。確保ーッ!
店でお話をする2人。とはいえ、剛の様子は簡単に変わりそうにはない。
やよいは長期作戦に出ているのか、とりあえず剛の側に置いてもらえるようにしているようだ。
まさか、本当に剛の女になるために近づいているだけとか・・ないよね?
で、秋田会の人が剛に会いに来たわけですが。これはいきなりの極道編が来る?さすがにそこまでは・・
いや、名前が秋田会だからなぁ。実は編集部の人なのかもしれない。漫画を描いてみないか?何を見てのスカウトだよッ!

・弱虫ペダル
2日目、7割走ったところでついに総北メンバーが勢ぞろいだ!
最初から揃って走っているよりドリームがある。体力はともかく勢いはあるぜ。
坂道が来たことで沈んでいたチームに明るさが戻る。今泉君も何かふっきれた様子。
でも、またダウンになるんだろうな弱泉君。もう少しメンタルを鍛えないといけませんな。アニソン歌うか?
さて、王者箱根学園に狙いを定めて追いかけようとする総北。しかし、その箱学はバラけていた。
これは一体?御堂筋君が言うとおり、キレツが入った結果なのか?
しかし、バラケの基点が真波山岳であるところが注意点ですな。この爛漫男がそんなことでキレツを起こすだろうか。
何かの作戦と思えなくもないが、はてさて。御堂筋君の仕上げも気になります。また大弁舌が始まるか?

・侵略!イカ娘
確かにイカ娘はこのところ倒れがちである。身体の弱い侵略者か・・それは萌えポイントじゃなイカ?
しかし、侵略者ならば強くなければならない。強くなりたくば喰らえ!喰って喰って喰いまくれ!
オーガの教えは偉大であるな。千鶴さんもそれであの強さを身につけたのであろう。
む、鬼と千鶴。鬼千鶴・・千鶴さんの強さがわかった気もする。いえ、そのゲームはやったことないんですけどね。

・元祖!浦安鉄筋家族
金子先生のシャツはバックプリントでも通用しないだろうか。
でも、シャツを後ろ前にするという小ネタがオチにつながる構成はさすがと思わなくもなかった。
そして、来週なんと最終回でございます!でもまだまだ続くんじゃよ。
元祖の次のタイトルはどうなりますのかねぇ。やはり本家か?

・範馬刃牙 SON OF OGRE
強烈な一撃を受けた烈先生。ダメージはまだ回復していない。ならばどうする?
足を使って廻れエエッッ!
応!まわったよ!
後方回転、側転、横回り!
むしろ脳がよく揺れて乗り物酔いでもしそうな勢いであるが、回復はしているらしい。
それに対するスモーキン。頭を小刻みに動かす。しかしボディは静止したままだ。ハッキリいってキモイッス。
烈先生の消力(シャオリー)に対抗するために、廻る前に連打を浴びせようというわけですな。
なかなかクレバーな相手である。そして思考形態は、はじめの一歩に近い。
トリッキーな相手に対し、愚直にできることを繰り返して追い込んでいく。あれ、これって主人公タイプじゃね?
相手が主人公じゃしょうがないな。烈先生に黄色信号が点った気分になったぜ。

・バチバチ
死闘を終えた日の夜。吽形さんの怪我の様子を見る。とりあえず前にやった靭帯は無事なようだ。
しかし、他の部分の靭帯が伸び、半月板も損傷しているという。ガリッとかいってたからなぁ・・
確かに一度目の時に比べれば痛みはましかもしれないが、この足で相撲取るなんて無茶が過ぎますぜ。
ぶっちゃけ、幕下の優勝ぐらいならば、阿吽どちらも、次場所でも取れるんじゃないかと思うのですがねぇ。
それでもヒザを抱え、苦痛を噛み殺し耐える吽形さんを見ていると・・病院だよぅッ!無茶はアカン。
ともかく、同じ部屋の仲間としては、自分の取り組みに全力で当たり励ましにするしかない。
というわけで、鯉太郎。そういえば昨日負けたんだっけか。ブタフグとの取り組みが長くて忘れてた!
負けのイメージが頭をよぎるが、吽形さんの言葉でふっきれる。うむ、よい傾向だ。
実際、鯉太郎のブチカマシはかすめただけで致命的なわけで。
渡部との一番での負けは、相手が度胸と目のよさと技量を兼ね備えていたからでありましょうな。こう書くとすごいなドングリ。
白水さん、川口さんも快勝を果たし、続いては阿形さんである。
怖ェッ!この阿形さんはマジで怖い。泣いちゃうかもな、ブタフグ。汚い嘘泣きじゃなくマジで泣かせて欲しい。

・ハンザスカイ
隣のページの阿形さんが怖すぎて、財前さんの対戦相手、東選手がビビッておられる。そりゃ仕方がないね。
ではなく、終了間際に突然しかけてきた財前さんに驚いていたのでした。
やはり練習試合のときのことを軽く引きずっているようですな。でも負けん気が強いのはプラスにもなる。
というわけで、見事な足技一本が決まり財前さんの勝利!唄もキレイに決まったぜ!
あの唄も独特の集中力を高める方法なのだと思えば・・でも、唄い終わって決まらなかったらカッコ悪いな!
ともかく、御門高校初戦突破でございます。財前さんのカッコイイところが見れたのがよかった!

・クローバー
学校の空気に疲れた真木はかつてハヤトと闘った釣り場に。やはりいたよ、ハヤト。
そして並んで釣りをする真木とハヤト。うん、釣り漫画らしいほのぼのとした展開ですな。
せっかく真木がいろいろ喋ってくれたのに全く聞いてないハヤト。
まあ、ハヤトがそれを聞いて気の利いたリアクション返してくれるなんてこれっぽっちも期待してないけどね!

・ケルベロス
舞美ちゃんの家族が登場。新しい友達が男の子と知って動揺する父と兄。
というか、お兄ちゃんキモイッス。あなたの方が心配ッスよ。でもこんな兄でも医学生なんだよね。
人は見かけによらないということか。でも、食器を見ると、この兄のは次男と書いてあるんだよな。
きっと医学生の長男がいて、次男は違うんだよ!まあ、こだわる話でもないんですけどね。
さて、困ったことが解決したこともあり、幸せそうな舞美ちゃんでございます。
しかし、厄いタイトルですな。「幸せ、抉り」えぐると書いて抉りなんですな。
街では順調に村抉の子が増殖中でございます。常世のもの達は気づいているが、とりあえず静観。
まあ、墓守――景が遅れを取るようなら、大きく動くらしい。先輩は見かけの割りに優しいッスね。
村抉の子に憑かれたものは、多幸感を与えられるという。そりゃなんとも厄い。
舞美ちゃんの笑顔がそういった類のものから生まれたものとか考えるのは嫌な話であるな。お兄ちゃん悲しいよ。
そして、墓守である景に触れたことでか、村抉の子が暴れだす。ギャァーッ!
少年誌で何やっとんじゃー!腹ボコとか。頼子さんが見たら大怒りでございますよ。
これはいろいろとヤバイ。展開的にも少年誌的にもギリギリっすよ。
まあ、舞美ちゃんのこの出来事は後で雪房が消してくれるでしょうけど。というか、これ覚えておくのはキツすぎる。
フクイ先生ってば・・巻末コメントで頑張って血飛沫描くぞ!とか言ってらっしゃるが・・血飛沫のほうがマシだよ!

・みつどもえ
来ないで・・見ないで!ちょっと待ってって言ってんでしょ!
みっちゃんの体重を計った記憶も雪房に消してもらわないといけないッスかね。
それにしても、栗山っちの体重が40台とは・・軽すぎないかね?
同じく豊満な友恵さんは60台だというのに。まあ、友恵さんはいろいろメガトンだから仕方がないが・・
みっちゃんの公式体重が124キロになった回でありました。

・シュガーレス
若くて青臭くて無邪気で未熟。それがソーヤング!
こう並べられると微妙に魅力的に聞こえなくもないな。若さ、若さってなんだ?
振り向かないことです。まっすぐに余計なことは考えませんよ。
これが薄れてくると大人になるということなのかね?大人になるって悲しいことなのよ・・
それはそれとして、シロとキリオの戦いは相打ちでございます。うむ、完勝とはいかなんだか。
今週のマリモさんの医学講座。
大脳新皮質によるものが理性で、大脳辺縁系によるものが感情だ。
うむ、とても使いにくいセリフだな。日常でいきなり言われても、岳達のような顔をされるのがオチだ。
かつての気持ちを思い出したキリオはシャケに殴られてすがすがしい気持ちでありましたとさ。
若さとはためらわないことさ。ザッツライト!

・行徳魚屋浪漫 スーパーバイトJ
上司と2人きりの状態はなんとなしの気まずさがある。なんともよくわかりますよ。
いえ、別にNJ先生のように怒られる心当たりが大量にあるからとかそういうことじゃなくてね。
しかしこの職場はパートさんが爛漫すぎて楽しそうだが、社員さんは疲れそうだな!

・キガタガキタ!〜『恐怖新聞』より〜
魔の迷路に入り込んだキガタのクラス一行。周りは阿鼻叫喚の有様だ!
というか、クラスメイトじゃない人たちも合同で動いている時点で恐怖新聞ハズレまくりっすよ。
恐怖新聞と闘う男、キガタ。今日も自分のためではあるが、みんなを守るために闘うぜ。
さぁ、護衛対象の少女達。武器になるようなものを何か持っているか?
・鍵パンチ
・ホチキス
・フラッパー
斬、突、打といった感じですな。よし、どんな弱点特性でも対応できるぞ。
狩りの時間でありますな。地獄門の悪霊たちよ覚悟しやがれ!
キガタの作戦とは、迷路をぶっ壊すこと!直線ですすめば迷わなくてすむッス。反則だ!
そして、頭脳プレーも見せるぜ。三重県の北村健爾氏の発明である正映鏡により、悪霊を惑わす。
水に流され、悪い気も水で流されてしまいましたとさ。え、これで終わり?お前ら・・これで終わり・・?
先週はあれだけすさまじい勢いで瘴気を放っていたというのに。憑依したらどんどん雑魚になっていったな。
おどろおどろしい背景のはずなのに、なんだこのさわやかな終わり方は。
女の子達のおかげか、どんな状況でもやられる気がしなくなっている。ホラーとしては困った話であるな。

・ドカベン スーパースターズ編
里中が捕らえられており、山田も討ち取られる。星王がポテンで出塁し、義経の出番!
うーん。一行で終わってしまった。何か目立つネタがほしいとこですな。緩急の緩な話であるな。

・はみどる!
かすみさん、OL姿が似合いすぎるッス・・庶民派アイドル?庶民派気取りじゃなく本当に庶民だから困る。
お色気シーンを中盤に持ってきて、〆は阿修羅とは・・やりおる!この展開はアリだな。
オフィスに現れた阿修羅像。DVDはともかく、商品としてならいけるかもしれない。
チャンピオンのアンケートの景品とかに普通にありそうッスよ。

・聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
神竜の心臓を貫き、勝負は決着。そして、レグルスは大地に還るのであった。
どうにか最後の瞬間を看取ることができたシオン。しかし、その背後で動き出したのはラダマンティス!
これはしぶとい。サソリに心臓を燃やされ、獅子に心臓を抉られたのにまだ死にません。
オレの急所はそこじゃないぜということでしょうか。まあ、顔の真ん中に穴が開いててもしまりませんしね。
しかし、冥王軍も人が減ったなぁ。魔宮にたどりついたときは聖闘士のほうが圧倒的に少なかったのに。
ここで、残りの戦力を出してみようかな。
アテナ軍:アテナ、テンマ、シオン、童虎、アスプロス
冥王軍:アローン、パンドラ、ラダマンティス、ヨウマ、チェシャ(笑)、海王星の守人
アスプロスはまあ、きっと生きているさということでカウントしています。
数で見るとそんなに変わらないけど、チェシャはアテにならん。
パンドラとヨウマはもっとアテにならんという冥王軍。そりゃラダマンティスも暢気に死んでられんわな。
それにしても、海王星の守人は誰なんでしょうね。今更シオン外伝のキャラに出てこられても・・なんか、困る。

・出陣!!ムショ高排球軍
2年の先輩達はローテーション交代。たかし麿先輩が控えに下がりました。チャンス過ぎるぜ。
まあ、この未知数の先輩がレシーバーじゃないとは限らないけどね。
というか、まだ未知数な先輩が3人いる状態なわけだが、いつ力を見せてくれるのだろうか。
それはともかく、呉露槻の回でございます。
レシーバーとして生きる覚悟を決めたからだ!
いや、熱いねこいつは。指先でレシーブできるのは普通に凄いと思う。手の甲か?
たかし麿先輩が戻るまでは普通に稼げそうな気がしますぜ。

・ANGEL VOICE
脳腫瘍。しかも、名医でも手術が可能かどうかわからないという難病。なんという。
これがバスケ漫画であれば、ブラックジャック先生がやってきてくれるのに!
マイちゃんのことを隠すために、監督は予選会に優勝しろと述べる。目標は高く!やってやるぜ!
と気合は入れたのものの、マネージャー3人娘のせいで見ている方のテンションが下がる。おのれ。
しかし、百瀬さんは本当に聖人であるな。
言われてみれば確かにそうだ!オレはマネージャーの仕事の大変さを何も知らない!
仕事をしない人間に言われてこんなことを考えれるのは百瀬さんぐらいッスよ。マジパネェ。
さて、そんな百瀬さんも心無いマネージャーの言葉に怒ったのか?怒ってもしょうがないよな?
でも、女性に暴力を振るう百瀬さんとは思えない。何か含蓄のある言葉を述べてくれるに違いない。
または、一般人には引くようなセリフを吐いてくださるか、であるな。後者の可能性は高そうだ。

・煉獄花
鬼才・梅田阿比、堂々帰還!読みきりで復活だー!
この人の前作であるじゃのめの感想も書いておりましたが、いやぁ凄かったね。まさに鬼才。
その阿比先生の読みきりはホラー仕立てでございます。こういうの好きだなこの人。
中道三花さんは霊感少女。というより幽霊のような感じの少女でございます。
その友達の葵さんは溌剌とした元気な少女。しかし・・
葵さんは焼け死んだ幽霊だという。幽霊なんてあんたみたいに綺麗じゃないんだよ。
なんてこった・・夢を壊された!でも、気合入れたら綺麗なままでいてくれるんだよね?ネ?
というわけで、三花さんの切なる願いにより、葵さんは綺麗な姿でいてくれました。ほっと安心。
さらに多くの友達にも囲まれて笑って暮らせるようになりました。ああ、幸せだなぁ。抉られるなぁ。
うむ、厄いな。最後のページの絵とコメントが凄い厄い。
現実を拒絶することで笑顔を手に入れた・・なんかこのコメントが一番ホラーである。
この人のタッチは繊細な感じがするせいか、こういう幽霊話は似合うなぁ。
霊感つながりということでキガタとコラボしてみたらどうなるでしょう。
うむ、力技でどうにかしてしまうキガタの姿しか思い浮かばなかった。それもまたよし!
梅田阿比先生の次回作に期待である。ジャンルは何がいいかなぁ。あまり思いつかない。

・さらし首三人衆
さらし首になっても人生は続くというのもなんともはや。
でも一の助のおっさんは、さらし首になってからのほうがいい目を見ている機会が多いんでないかい?

・ビジンマン
ビジンマンを倒すため現れた謎の怪人、その名もミダラマスク!うむ、いいバカさ加減だ!
なぜビジンマンはビジンマンなの?答えはとっさに考えなしでつけちゃったから。
そんな答えに納得できないなら、男ならチン、女ならマンとか言っちゃいますよ。
こんな発言を同僚の女性に述べて平気に済むのだからこの世界はおおらかだ。
さて、怪人ミダラマスクはレディースの地円マキを人質にしてビジンマンをおびき出そうとする。
その地円マキを救うためにやってきた正野先生が変わりに人質に。
そこにやってきたのは、我らのビジンマン。
ミラダマスク!挑戦状なら私がうけとった!
うむ、見事なタイミングで誤植が入りました。ありがとうございます。
まあ、このぐらいの誤植なら許容範囲。勢いで押し流すことができます。ここではネタにするがね。
場末のストリッパーのような、下品なエロよりも清純で美しいエロかわいさがよい
それが君の主義(イズム)かい。えろいのはいいけどひどいのはダメ。えろひどいのもダメに通じるものがあるな。
ミダマスクを退治したところで、ビジンマン終了!
大きな山場など必要ない。まるで日常漫画のような勢いで終わるのであった。これがある意味日常?
この3話目は絵が少し荒れているというか、動きがほとんどなくなっている気がしました。
しかし、全話を通して、実にバカらしく楽しかった。次回の登場を期待してます。

・釣り屋ナガレ
はい、寄元君の回想入りました! まあ、この時点である程度想像はつきますな。やはり盗みはしていなかったらしい。
過去があきらかになったので、表情もよくなって来たぜ!実力があるところも見せてみる。
そこにナガレの天然砲が炸裂だ!まずは気のいいトークで引き寄せて、ズドンッ!
あまりの威力に軽く灰になる寄元君。天然砲の効果は個人差があります。用法にはご注意を。

・仁侠姫レイラ
ナマハゲ夫婦のブック破りでございます。
五本指の先を腹筋の束と束の隙間の急所に突っ込むというガチの隠し技!
言われてもなんとなく凄そうとしか思えないのがネックだな。自分で試してもよくわからん!
さて、カムイの容赦ない攻撃&制裁に静まり返る観客。
カムイの真意は一体どこにあるのか。関係ないけど、カムイの真意って、神威の神威と書けるね!

・木曜日のフルット
MCニコのリスペクト。フルットのラップでございます。
うむ、どう歌えばいいのかわからないけど、なんとなくノリはよさそうだ。
単行本1巻は無事に手に入れましたぞ!



2010年 46号


・木曜日のフルット
単行本1巻発売記念ということで、今回は巻頭カラーだ!巻末にも2本目あるよ。
いやぁ、巻末のコメントみないと、見逃すところでした。
巻頭カラーなのでサービス回であります!これは見逃すわけにはいかなかった!
温泉でございます・・湯気は単行本収録の際・・消えません!先に釘を差された!
まあ、チャンピオンの場合、単行本収録で逆に湯気が増えたという話もありましてだな・・
それはそうと、カラーということもあり、うっすらとボディラインが見えたりするんですな。
湯気の向こうを凝視しようとしたのはきっと私だけではないはずです。ええ、きっとそう。
髪がサラッとなった鯨井先輩は本当に誰!?って感じだぜ!

・シュガーレス
1年組で最初にリベンジを果たした卜部さん。おかげで表紙に登場するという優遇っぷりだ。
シロですらまだ出ていないというのに・・これで4巻の表紙にも先に登場だったらどうしましょ!
2年生最後の刺客はパワー自慢のオッサン。マリモに対し、逃げ出さないだけでも大したもんだぜとか言っちゃう。
マリモとは体格差がありすぎて・・向かってこようと思うオッサンの方が大したやつだ。
でも上腕二頭筋と三頭筋、及び後背筋の使い方がなっていませんでした。それでは勝てない。
そして、マリモ先生による薬物講座。闘争本能を高めるテストステロンは睾丸から分泌される。
闘争本能を刺激し、正しく筋力を用いる。いやぁ、理に適ったお人ですなぁ、マリモさんは。
自称、頭が悪い人の物言いとは思えない。あいかわらず。雑学マニアか?ちょっと鎬紅葉に似てる気がした。超肉体。
さて、2年生組で最後に残ったのは、ナンバー2を語る男、キリオ。
本当にキリオは学校のナンバー2なのか?話盛ってるんじゃないか?でないと、他のシャケ組の立場がないじゃなイカ。
しかし、ソーヤングだの、ディスイズ予想外だの、変な話し方でキャラを立てにきやがったな。
回想もいれて、やられた後も出番を頂こうという魂胆とは・・このあざとさがナンバー2と呼ばれる所以かッ!?

・範馬刃牙 SON OF OGRE
先々週のラストから少し遡る。
玄関前で刃牙が近づいてくるのを待ち構える柴千春。さぁ、おおきく振りかぶって!
目を閉じ、音を聞くことに集中する。シューズを履き、出てきたところに一撃を加える気だ。
そんなことをしらない刃牙はなめまくった態度。カカトをつぶした状態の靴で歩こうとする。
カカトを潰したシューズの不利――戦力は10分の1!
そんなに下がるのか!シューズは大事だよ!
その言葉が証明されたかのように、千春の一撃がクリーンヒット。
尊敬する花山さんのように、振りかぶっての一撃だ!これは刃牙も鼻血を流さざるを得ない。
さらに追撃を加える千春。刃牙は感じていた。素人とは思えない闘志に見合うだけの極めて高い戦闘力!
言い換えるなら、闘志そのものの戦闘力!
きっと今の千春は闘争本能を高めるテストステロンが凄い勢いで分泌されているのでしょう。
アリガトウ。テーマができた。
!?
まさか・・闘争本能の元である・・分泌物の元を潰そうというつもりかッ!?
ああいう手合いは徹底的に叩かないといけないとか言ってたし・・刃牙さんは何回もタマつぶした経歴があるからなぁ。
人のは潰しておきながら、自分のは潰れないのが範馬の家系。あなおそろしや。
ところで、今回のシューズ理論ですが、10分の1は凄い。つまり、強いやつほど、下がる力の数値は大きいわけだ。
ということは、範馬勇次郎対策に使えるんじゃないか?そんなタイミングがあるかどうかはわからんが。
でも、シューズ潰してはいたところに全力で叩き込んだとしても、勇次郎が鼻血吹くところは想像できませんなぁ。

・ナンバデッドエンド
今度、難破と会ったらガチでやる。オレ、キレるとどこまでやるかわかんねー人間だからよー
とってもダメな感じの会話だ。明日から本気出す!とそんなに変わりがない。
なので、いきなり現れた剛になすすべもなくやられてしまいます。まあ、モブキャラだししょうがない。
それはともかく、剛の状態は深刻でございますなぁ。
伍大たちも集まって現状報告を聞くが、どうしたらいいのかわからない状況。
家族もどうしたらいいのかわからない状況。本当にこの兄貴はこういうときに役に立ってくれない・・
さて、弥生が登場。しかも、堂々と難破剛の女を宣言。
これはフカシか?ある意味面白いアプローチと思います。どんな変化が起こるかわかりませんが。

・元祖!浦安鉄筋家族
粘土やスイカでグラマー美人に変身だ!崩れたらもの凄いことになった!
ホラーですな。夏はもう終わったよ!

・侵略!イカ娘
アニメ大好評放映中でゲソ。内容はいい。イカ娘の可愛さを見るんだ!
さて、今回は光化学スモッグのお話。確かに字面だけ見ると強そうな気がするでゲソ!
千鶴さんは言ったね、光化学スモッグを倒すなんて無理だと。でも、元凶なら潰して回れそうだから困る。

・弱虫ペダル
長かった平坦区間が終わり、ついに登りでございます。思わず坂道にも笑みが。
なんで笑いよっとか――!というか、微妙に怖い笑いだ。
平坦区ではペースがあがらないと坂道は言うが、それで張り付かれた熊本の立場は・・
坂に入った途端にぶっちぎられたましたし・・まあ、モブだししょうがないよね。
楽しいのが一番!田所さんもその精神につられてか、体調が戻っていっています。
暑さでやられたこともあるけど、精神的なプレッシャーが体調に影響を及ぼしてたのかもしれませんなぁ。
人前でアニソンを熱唱できることで、精神的にも鍛えられたというわけですな?さぁ、次はEDだ・・
そして、ついに追いついた。戻ってきたぜ、チーム総北!
さて、ここから巻き返しがなるかどうか。登りだし、追いかけるという展開なら坂道の独壇場か。
知っているかい?箱根の坂にはアレがでるんだよ。振り向くと笑顔で迫ってくる小さいアレが!
箱根の直線鬼に代わる新たな鬼が現れるわけですな。本当に箱根は怖いところやで!

・ケルベロス
前回、お腹に一撃を受けた少女。そのお腹から血が・・
なんというか・・アレですな。普通に何か植えつけられたとしか思えなくて。ちょっとしたエロスを感じざるを得ない。
さて、翌日。ゴリラ・・もとい、友恵さんが復帰しました。いつもの光景に和む帆奈さん。
昨日のことで景にお礼を言う島田さん。おや、いい雰囲気。クラスメイトが見ている前で堂々としたもんだ。
目撃していた友恵さんが情緒不安定に!?帆奈さんも止めるどころか煽っていらっしゃる。島田さんが危ない!?
ゴリラさんの怖さに比べれば、お金を脅し取る連中の怖さなんてなんということもないぜ!
というわけでもないだろうが、堂々とした態度の島田さん。思わず思い出し笑いとともに口から何か漏れちゃいます。
ってギャーッ!!!
これはキツイこれはキツイ。
やだ・・それ怖い・・!服を剥かれた少女がこんなセリフを吐いているが、サービスシーンとはとても言えないぜ!
あえていうなら作者へのサービスシーン?フクイ先生ってば・・本当に楽しそうだな・・!
同じように寄生された子を増やし、島田さん帰宅。その口から覗くものは・・やだ・・それ怖い・・!
夏が終わってからホラー要素が高まっていくであるよ。たまりませんな。
しかし、この調子で増えていったらあっというまに広がってしまいますよ。厄介な崩だな。

・ハンザスカイ
さて、財前さんの出番である。カウンターのスペシャリストである先輩。しかし、相手もカウンター使いだった!
カウンター同士の駆け引き。とてもハイレベルな攻防です。待ちガイル対決風な。
そう、例えるなら、トラバサミ対ネズミ捕り!なんだその例えはッ!!
とくにネズミ捕りはないだろう、ネズミ捕りは。笑かしおるわ!
ジリジリとした勝負は膠着したまま終わろうとしている。相手は無理をせず引き分けを狙っているようだ。
最終的には総合ポイントでの勝ちを狙う腹積もりか。なるほどね。
しかし、財前さんも、前の練習試合で勝ち星を得られなかったことに忸怩たる思いを抱いていたようだ。
このままでは終われない。だから前に出る。しかし、迎撃される。
まだ時間はあることですし、なんとか一矢報いていただきたいところでございます。

・聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
連載200回記念のセンターカラーでございます。
黄金聖衣を使ってキン隠しとはシャレが聞いてますな。ハハハハハ。
さて、本編。
黄金聖衣が残った状態になったら死亡確定。そんな風に思っていた時期が私にもありました。
いや、死んでいるのか?大地の一部と化したとか言ってるし、透けてるし。
亡霊というやつですか。その状態で普通に攻撃されちゃたまったものではございません。
こっちの攻撃が通じずに、一方的に攻撃されるってことじゃありませんか。
そして、トドメのライトニングボルトが神の心臓を打ち砕く。
おぉ・・ここでライトニングボルトが来たか!やはり基本技は大事だよね。なんか感動した!

・クローバー
真田&菊池が華咲の頭になる。そんな話はお断りです。メンドクサイし。
真木さんもメンドクサイからとお断りです。まあ、確かに頭になってもメンドクサイだけな気がするよなぁ。
でも目指したがる人は多いのである。ソーヤングだね。
そういえば、ハヤトを頭にという話はさっぱりあがる気配がありませんね。
こんなメンドクサイやつは強くても頭にしたくないということでしょうか。うむ、それはしょうがないな!

・バチバチ
吽形さんの快勝・・なんてムードがまるでありません。あのブタフグぜってー許せねぇ。
そもそもこいつの名前は漢字変換しにくいんだよ!おかげでブタフグとしか呼べなくて許せねぇ。
さて、ブタフグが所属しているのは十文字部屋。虎城部屋と同じ、次元一門である。虎城部屋と同門かよ。
久しぶりに虎城さん登場。王虎さんもちらりと登場。うは、ダークサイド王虎さんだ。
来場所は前相撲からやり直しとのこと。しばらくは鯉太郎と当たることはなさそうですな。
で、医務室前で空流一行とブタフグが邂逅。負けたくせに強がってるんじゃねーぞ、ブタフグ。
と煽った、もう十両確定してるからこんな勝負どうでもよかったんですーと煽り返される。うわームカツク。
思わず殴りかかる鯉太郎。一瞬びびるブタフグだが、拳が届くころの表情は冷静な感じ。
殴られたら派手に痛がって、殴られたーと吹聴して回るんだろうなぁ。鯉太郎は前科持ちだし、ヤバイ。
同門の虎城親方には喜ばれるだろうし、ブタフグにとってはありがたい展開になるところでありました。
それを止めてくれたのは阿形さん。誰よりも怒りを秘めている阿形さんでございます。
見開きでの阿形さんは本当に迫力があった・・
というわけで、最終日。ブタフグと阿形さんの決戦であります。こりゃ本当に血戦になるぜ。
ブタフグが強いのは十分わかったので、今度こそスッキリさせていただきたい。1年ぐらいヤマいけば十両にもあがれまい。
そして、気になるのは、吽形さんの相手があの竹虎さんである。
今場所で引退するとか言ってたのに、優勝争いにいけるほど勝ち進んでいるんだ・・
何かふっきれた強さとか手に入れたんだろうか。引退すると言ってみたけど、アレは嘘だとか言っちゃうのかしら。
この一番も別の意味で気になるところですな。というか、吽形さんの怪我の重さが一番気になる。

・ドカベン スーパースターズ編
乾坤一擲!カで2ページ使うぐらいの勢いでホームランが飛び出ました。
そして里中が初回で火達磨でございます。早くも酒丸の出番があるのか?

・みつどもえ
いつから杉崎のことを杉ちゃんって呼ぶようになったんだよ!?
うむ、いいことに気づきましたね。でも気づいても口に出してはいけないのですよ宮ウザさん。
そして、ようやくネコに名前決定!その名もチブサ。やぁ、チブサさん。大変っすねチブサさん。
でも、チクビよりはまだましかも・・まあ、名づけられたネコにそんな慰めは効かないか。
ハムスターに慰められるネコの図。シュールだな!

・はみどる!
群馬のすずのさん的に、茨城は負けてられない対象には入らないんスかね?
今週は、土属性の妖精すずのと、泣いているかすみさんが可愛かった。
というか、最近のかすみさんは泣いている姿が可愛くて困る。
むやみにサービスカットをいれるより、こういう姿を多く見せて欲しいとか思ったり思わなかったり。

・ビジンマン
美陀裸流空手道は、男も女も裸同然の姿で闘うのが基本だ!アホか!
女のマタは光で隠すのが永井豪的伝統。男の方はショウちゃんで隠されます。ショウちゃんまたこんな扱いか。
さて、今日も朝からビジンマン。今日も朝からビジンマン。である。
男相手に武裸珍の構えなど通じん!いや、見たくはないことに変わりはないが。
ところで、今回もビジンマンの変身方法は明らかになりませんでした。元素でも変換固定しているのか?
それとも、粘土とスイカで作り出しているのか?倒れたら真っ赤にはじけて大惨事だ!

・キガタガキタ!〜『恐怖新聞』より〜
深夜零時に奴はやってくる。バカヤローなんで毎回ガラスを割ってくんだよ!
そりゃわざとに決まってますよ。普通に制服来てあがり込むことだって出来るんですし。いわゆる、嫌がらせ?
今回の内容がキガタハーレムの形成であるから恐子さん的に思うところがあったのかもしれない。嫌な話だ。
開かれた地獄門。地獄のオリエンテーリングで鬼形冥のクラスメートは全員死亡。
ならば、自分が参加しなければよい。消極的だが有効な対策方法を提案するキガタ。賢いぜ。
しかしヤバイ奴等が迎えにやってくる。居留守使ったら鍵壊してあがり込んできそうだ。
・真淵沢妖湖 ・首加世 ・吹石真洞
いきなり家におしかけてきて、誰と一緒に行動するか選べといわれましても困る。
しょうがないので全員と行動だ。全員を守る必要があるからで、決してやましい理由ではないぞ。
ところで、この3人だと真洞さんが一番オススメかなぁ。次に妖湖さんで。
さて、オリエンテーリングの場所はとにかく巨大な迷路。
伝説の「アイドル七夕ツアー」が行われた呪いの迷路らしい。
アイドルと一緒に迷路を歩こうツアーだったが、その場でアイドルが妊娠してます&結婚します宣言。
その状態で迷路を歩かされるという罰ゲーム。そして祝福しろ!
なんという恐ろしいツアーか・・なんでも、この話モデルがあるとかいうらしく・・それがより怖い!
まあ、当日じゃなく、前日に発表されたということらしいけど、でもなぁ。
で、この迷路。悪いものが全開である!瘴気が皆に次々と取り憑いていく。
ハーレムのはずが呪いのツアーに・・いや、もとからハーレムの予定はなかったんでしょうけど。
というか、この面子では、迷路にこなくても呪いのツアーが開催できそうだ!

・行徳魚屋浪漫 スーパーバイトJ
ミツイシさんの笑顔が・・これはたまらない。まあ、実際には■十代なんでしょうけどね!
後輩だけどあっという間に追い抜かれるNJ先生は逆に気苦労がないかもしれない。

・釣り屋ナガレ
リズが竿をかついだ!警戒せよ。
しかも回転である。遠心力を利用しての渾身の一投であるな。わりと見ていて楽しそうな競技だ。
回転投法ができないヒロは振り子投法を行う。迫力の余りデッサンが狂って見えるぜ!わざとですよね?

・ANGEL VOICE
マイちゃんが帰ってきた!と思ったら、明日から入院とのこと。言葉も戻っていない。
一応治る病気であると説明を受けてほっとする一同。でもそんな病気本当にあるのかな・・?
マイちゃんがいない間にということで、マネージャーが3人入りましたが・・これまたイマドキな・・
かえって練習に身が入っていない気がしますですよ。
そんな状況を気にしてくれる広野君はいい子だ。演技担ぎのフリーキックも成功させる。
しかし・・現実は辛い。脳腫瘍だと・・わかってはいたことだけど、この展開は重い。

・出陣!!ムショ高排球軍
かぶりものを脱いだ!裏返してかぶった!その展開はさすがに予想してなかった。
顔に汗をかかないための帯を身体に巻きつける。ふむ、舞台に立つ人間の常識であるか。
副キャプテンの技はさらに威力をますようになりました。
とはいえ、レシーブできないことに変わりはないと思いますがねぇ。長所をとにかく伸ばす方向か。
呉露槻のレシーブがずっと足を引っ張っている。本人は凄く気にされているようだ。
そんな精神状態もきちんとサポートできる天馬はなかなか将器が身についてきたんじゃございません?

・仁侠姫レイラ
ナマハゲッター弐号脱落。これはよい秋田美人。あいかわらず、ここのマスクマンは美形が多い。
と思いきや、九尾狐の九様はオッサンでした。うむう、年には勝てないか。
奥羽プロレスの旗揚げメンバーであるキングベンケイに九尾狐が潰される。多重人格プロレスに興味あったのに!
そして、サンダーカムイとの勝負でナマハゲッター弐号が乱入。
ふむ、プロレス的にはアリなんじゃね。盛り上がりそうな流れですし。ガチの怒りを受け止めろ!

・さらし首 三人衆
今回は思いっきり傍観者な三人衆。だけど、そっちの方が面白いというのはいかがなものか。
一応ちゃんとした乗り物であるディ●ニーやその次のよく分からないものの方がよかったよね、姫。

・木曜日のフルット
巻頭やセンターもいいけど、やはりこの位置にあると安心する。今週2本目、巻末のフルットです。
ネコのあばらは確かに壊れそうな感触があるよね。別にグチャッとしたいとか思いませんよ。Sじゃないので。



2010年 45号


・バチバチ
久しぶりの巻頭カラー!吽形さんの快勝により始まるのかと思ったら、ふざけんなコラーッ!
目をこすろうと、ひざをいれようと反則にならなかった相撲だが、明確な反則は存在した。
髷を掴む = 反則!!
相撲漫画史上最悪の行為が行われていた!いや、全く白水さんのおっしゃる通り。ふざけんなコラーッ!
咄嗟に掴んでしまいましたーなのじゃないのは、しっかり吽形さんを顔面から落としていることからも明らか。
でも、涙を流して、わざとじゃなかったんすよを演出するブタフグ。汚ねぇ涙だ!
泣いちゃうかもなとは言われてたが・・この涙は違う!
しかも、最後に至るまで怪我を狙ってくるという卑劣っぷり。ここまで外道だとすがすがし・・くねーッ!
せっかく吽形さんの快勝が見られると思ったのに全くスッキリしない。どうしてこうなった?
でも、自力で立ち上がり、手刀を切り終える吽形さんの姿には震えた。シビれるだろ・・
あと一番勝てば優勝。とはいえ、そんな場合ではないですわな・・これで廃業なんてマジ勘弁。
一応、自力で起き上がり、無理矢理とはいえしゃがむこともできた。最悪の状態ではないはずだが・・
音が生々しくてたまらない。なんとか、短い期間での復帰で済む状態であって欲しいですよ。
あとブタフグ。こいつをとっちめる回がいつか用意されると思うので、今から待ち遠しく思っておきます。
阿形さんと同じ一敗同士になったから、ひょっとしたら最終日で当たることになるのかも?

・弱虫ペダル
先頭は京都伏見!面目を保った御堂筋君は意気揚々としております。
遅れて箱根学園。こちらはさすがに言葉少なめな様子。ところでサコッシュってなんじゃろ?
3位は総北!エースの金城自らが引くことによって、熊本を引き離したぞ!
どうでもいいけど、今泉、鳴子の2人分を寒咲さんが渡しているように見えるんだが。杉元働け!
2日目後半戦、ゴールまでの残り40Kmは登りだ!
登りであの小野田が追いついてくるっショ!
平地は速くない坂道だが、登りなら・・登りなら!と期待されています。ところがギッチョン。
なんと平地でも、しっかり熊本においついてござった。入れ替わりなしで一人で走ってるだろうになんてこと!
これで平地は速くないと言われているのだから、熊本の方々の立場がないですな、ハハ。

・範馬刃牙 SON OF OGRE
我以外、全てが溶けている・・敵も・・!!
ドロドロかな烈君。追撃のフックをジャンプで交わす。この交わし方はボクシングにはない。
距離をとってしのぐ間に過去の回想を始める烈先生。
過去の経験から、ピンチな状況の回避策を探し出そうとするわけですな!あれ、それって走馬灯・・
回想の内容は、まだ少年時期の修行時代。ちゃんと師匠と呼べそうな人についているころであった。
ボディの大きさからして、劉海王とは違う。ちゃんと指導員らしき人がいたんですな。さすがに名門。
烈先生もおとなしく攻撃を受け、講義を聞き入っている。これがあと数年で蛮勇になるのだからわからない。
まともに打拳を浴びたならどうするッッ
こうする
幼きころに示されたダメージ回復の糸口!なるほど。回転すればいいんですね!
って、それは食らった瞬間にやらないと意味ないのでは?今から回転してもよりグチャグチャになるだけっすよ!?

・行徳魚屋浪漫 スーパーバイトJ
コジマさんの男らしさがたまりませんな!まあ、いきなり幸せについてとか聞かれたらめいいっぱい引くわな。普通。
理屈で説明できない幸せは否定もできないという話ですな。本能に忠実たれ!

・ナンバデッドエンド
藤田さん達はまだ帰っていなかった。とりあえず、愛子で腹ごしらえ。隠れた名店だぜ!客層は悪いがな!
必死な藤田さんは、見た目100%ヤンキーな連中に剛の居場所を聞く。相変わらす度胸あるな。
男だからということで、ひとりで聞き込みにいかされる山田も大変だ。
ゲーセンの中にはすっかり容姿まで変わってしまった剛がいた。やはりダークサイド剛だ!
無気力系ではなく、ワルモノ系への変貌をとげたらしい。しかし、とりまきの女がまた微妙だな!

・侵略!イカ娘
イカ娘のアニメみました!1回の放映で3話入っている構成ですな。
うむ、やはり話は特にないけど、イカ娘の可愛さは格別だったでゲソ!
あらためて地上を侵略にきたとマジメなセリフを言われたりすると、なんだか恥ずかしく思えてきたのは私だけか?
触手がよく動いていた。凄い遠くまで届いた!千鶴の動きがよかった。逆にEDが動かないでゲソ!
2話目以降もクオリティが落ちることなく頑張って欲しいものですなー

さて、本編。漫画のほうはアニメの効果を受けて、センターカラー&2本立てだ!
まずはドッジボールでゲソ。サッカーは苦手だけど、ドッジなら手がいっぱい使えるから平気。
しかし、毎度イカ姉ちゃんを信奉する子供がでてくるが、いい表情してやがるぜ・・

2本目。
お姉ちゃんなんだから、ガマンしなさい。魔法の魔法の呪文ですね。末っ子はこれだから甘やかされて育つんでゲソ!
でもたけるは割とまっすぐ育ってますよね。よいことだ。でも毎日カレーはどうなんだ?
そして、たける主導のコマを見て、ウルトラ5つの誓いを連想してしまった。

一つ、腹ペコのまま学校に行かぬ事。
一つ、天気のいい日に布団を干す事。
一つ、道を歩く時には車に気を付ける事。
一つ、他人の力を頼りにしない事。
一つ、土の上を裸足で走り回って遊ぶ事。

あんまり似てないな。所詮は連想だってことだ。しかし、最後の誓いは相変わらす難題だぜ!

・みつどもえ
コイバナのノリで話される怪談か・・イナジュンもビックリであるな。
ふたばは怖い話が苦手であった。意外な事実。殴れない相手は倒せないから苦手ということか?
しかし、オチを語るときの松岡さんの嬉しそうな顔・・それを100回見れるとは、なんというご褒美か!
そして、最後は辱められる松岡さんでございます。おっぱいぱいんパパおっぱい。パパおっぱい!?

・クローバー
ちゃんと2学期の頭から登校するオレってえらくない?えらいねぇ〜寂しがりの不良達め!
上はみな思い思いの格好なのに、ズボンだけは制服で揃えているのはなんとなくシュールだ。
天童志の頭が入れ替わるのにあわせ、華咲の頭に、真田と菊池がならないかと誘われる。
孤立ぎみだった2人が頭という立場に・・あんまり面白くなさそうだから断りそうだな。
考えてみると、主役周りは不良の活動に熱心なのがいないのよね。スローライフスローライフ。
さすが、イカ娘系のまったりな不良漫画と言われるだけのことはある。

・ドカベン スーパースターズ編
一番の梵がバントで出て、送りバントされて、盗塁で3塁まで行き、そこでついに微笑さんの登場。
さて、どういう結果を出してくれるかな〜三振もおいしいとこだけど、どうなるか。
このところ進みがゆっくりであまり感想が書けませんな。

・木曜日のフルット
コミックス一巻発売!というわけで、2号連続、カラー&2本立てだ!
この人のカラーは癒し度が高くてよいですな〜アニメ映えする。それ町もアニメ化してますしね!
2本立ての1本目は1ページ、2本目は4ページというこのアンバランス。
こういう企画のときぐらいしか出来ない荒業でございますな。
アウトローを目指す半ノラ猫のくせに熱いなフルット!でもそのゆるさがよいぜ。

・元祖!浦安鉄筋家族
特徴的な人に囲まれていれば、普通なノブも十分特徴的さ!
中田さんの大好きな言葉が要塞というのは・・なんなんなんだ?

・はみどる!
弟の翔子ちゃんは大人気のようですなぁ。あがらなければ同じ顔の姉も人気だろうになぁ・・
占いによる不幸を回避するためにラッキーアイテムを手に入れる。
不幸を避けるためならハードルも高くなるものなのだよ。
一流のバスケ選手ならそういうアイテム集めもこなさねばならないわけですな。うむ、漫画が違うのだよ。
しかし、最終ページの天地さんは凄いな・・辱められるのがやけに似合う人だ!

・ハンザスカイ
ハンザスカイもカラーだ!今回カラー多いな!
中堅・番場誠十郎。見開きで登場だ!ってギャー!近い近い
ちょっと笑い方を変えたら御堂筋君みたいな映り方をしておるぞ。キモッキモッ。
中堅戦。戦力は互角。なれど、相手には策略がある。
競技系ではよく見られる光景ですな。いわゆるシミュレーションというやつか。
しかし、偽装による勝ちを狙う以上に、磨き上げた技と執念が勝ることもある!
わざと倒れる前に、崩して倒したように見せ、一本をもぎ取った番場さんは流石である。
さて、次は財前さんだが・・練習試合のときみたいにまた負けたらどうしましょ。
野田君に並んで、負け癖がついてしまう位置づけだとやだなぁ。

・ケルベロス
またもや冬子先生に職員室に呼び出される景。まあ、今回のことについては、他の先生たちも同情的。
しかし、しかし。涙目で景君とつぶやく冬子先生・・これは一体なんざんしょ?
そういうことなのか?どういうことなのか?清叔母さんの枠にさらなるライバルが!?
さて、学校の帰りに狛守に寄る景。エプロン姿の祈ちゃん。ガハッ!これは威力が高い。
というか、祈ちゃん、金屋ちゃん、景君の3人が揃うコマの破壊力の高さは何事かと。
ここまででもお腹一杯になりそうなところなのに、さらにいじめられる少女、島田舞美さん登場。
読者サービスのあとは、少女をいたぶる作者サービスの開始か!如才ないのう・・ホホ。
登場したのはナメクジ型の崩。デカァァァッイ!説明不要!
いきなりこんなのにぶっ飛ばされた上に、白目までむかされちゃあ、まさしく何で・・?というしかないですな。

・シュガーレス
岳が主人公力を発揮しだした!キャー主人公サーン。
砂まみれには慣れているけど、はいつくばるのに慣れたら終わりだぜと語る岳。
嘘をつけ。
どう見ても這い蹲るのにも慣れているだろう。すぐに起き上がるだけで。起き上がりこぼしめ!
さて、それはともかく。キャー卜部サーン!
見えないところで盛田へのリベンジ完了でございます。一番最初に負けたけど、一番最初にリベンジ完了だ!
岳はマグレ当たりで勝利してしまいました・・完勝による一勝を得る日はまだまだ先だ!
さて、ようやくマリモの本気が見れそうですな。展開的に負けはないでしょうし、スッキリすっかー。

・ビジンマン
悪いドブスをぶっとばせ!
原作:永井豪、漫画:近藤豪志によるビジンマン。短期集中で掲載だ!
しかし、いきなり凄いアオリだな。
ここに書いて気づいたが、まさか豪つながりでこのタッグが生まれたのか・・?
主人公、男山正は女装してノゾキをしようとしたが先客のノゾキがいたので退治したら褒められた。
なので美人のヒーロー、ビジンマンとして生きることを決意したのであった。
うん。バカだな!
さらに、バカな展開は続く。主人公が教師として赴任することになったのは女子校、麗私学園。
9割の美少女と1割のドブスが存在するのだ!さすが永井先生。歯に衣着せない。もうちょっと手心というものを・・
というか、ドブス達のデザインも凄いな。どこの機械獣だよ。ガラダK7いるぞ!
それにしてもビジンマン。技が思いっきり直接打撃なのはまあ、いいとします。
そのコスチュームは・・どう見ても女装ってレベルじゃねぇッッ!!
とくにその胸。どうやってるんだ・・水をかぶって女の子になるぐらいでないと説明がつかないぞ。
次回でおそらく説明があるんだろう。いや、しかしバカな話だ。アリだな!

・ANGEL VOICE
新入部員の不良達の攻撃にジミーダウン。ジミー!
オレたちは二度と・・ケンカをしちゃいけない。だから水内さんは黙って殴られ続けたのだ。
ここを乗り切れば、来年からはあの手のゴロツキは来なくなる。ここが正念場だ。
殴られるのを平然と見、順番待ちする連中。さらにオレもオレもと前に出てくる。変態ッ!
とはいわなくても、怖くなって逃げ出したくはなりますわな。
百瀬はヒロナオさんに殴られても、未来をみることが出来たという。やっぱりモモさんは最強や!
さて、検査入院を受けた翌々日。マイちゃんが登校してきた。とりあえず言葉もハッキリしているぞ。
検査の結果が凄い気になるが・・まあ、最悪の事態は免れていそうだ。

・キガタガキタ!〜『恐怖新聞』より〜
希望新聞。恐怖新聞の亜流。願望を叶えることで寿命を奪う。
ふむ、恐怖新聞よりはまだ真っ当じゃないですか。いかにも悪魔との取引っぽい。
受けるほうがバカすぎたのが問題でしたね。怪しい話を一発で受け入れおって。
前に、恐怖新聞で寿命を吸い取られた男は高校生なのに老いていた。
しかし、今回の男は老いている様子はないですな。まあ、老いてちゃモテにくいから配慮したのかね?
2話目の時もそうだが、恐怖新聞は時に回避不能な記事を書くから困る。
希望新聞さんの方がましっすね。
そうだ、希望新聞さんに恐怖新聞の恐子さんと別れたいといったらどうなるのっと。どうなるんだろう。

・聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
レグルスが黄道12星座を背負った!イメージかと思いきや、相手にも見えるらしい。
神であるラダマンティスに最強の人間達の最強の技をぶつけてやる!
人間の究極、ゾディアック クラメーション!
黄金聖闘士の12の技を一度に放つ秘儀だ!どうなってるのかさっぱりわからないぜ!
しかし、その技も神の前には通じず・・レグルス散る。
普通に負けただとッ!
アテナ エクスクラメーションを一人で放ったり、他の黄金の技をまとめて放ったり。
いろいろ規格外のことをしたあげく、普通に負けるとは・・レグルス。なんて予想外の男なんだ・・

・釣り屋ナガレ
ダンは普通に殴り、参加失格になりました。うーむ。
なんというか、やはりダンは甘いね。相手が騒ぐ前に追撃するべきだった。君が!泣くまで!殴るのを!やめない!
さて、寄元理士はF・Aの生徒だったらしいが、問題を起こして辞めさせられたとのこと。
見る限り、ただの逆恨み野郎じゃないッスか。やはりボコれるうちにボコッておくべきでしたね。
1日目の競技を終えて、すっかり仲良くなった感じのナガレとヒロ。女性陣も仲よさげな雰囲気。
ユウのどさくさの告白より、ダンの仲間発言の方がヒロには届いていたようですね。ダンの勝ちか!?

・出陣!!ムショ高排球軍
グラサン先輩は壊れた状態でもグラサンを外さない。何故!?危ないよ!
それはともかく、先輩達の弱点発表。やはり、特化した能力以外は3ヶ月の実力しかないらしい。
正面の弾をからぶりする副キャプテンは格好悪かったッス。プッ。
見下されて怒った副キャプテンが被り物を取った!すると、どうなる?するとどうなるー!?
被り物の下からは天馬の兄貴が出てきた・・いや、ないな。ない。
それにしても、将軍に褒められて天馬嬉しそうじゃないですか。また将軍の信奉者が・・
まあ、天馬は両親がアレだから、人に認められ慣れてないんでしょうな。可哀想な主人公である。

・ザ キザクラ ショウ
なんだかとても久しぶりな読みきり。そうか、もう9回目になるのか。
キザクラさんのグラビアは少し興味がなくなくもなくもない。

・少年期の終わり
月例フレッシュまんが賞「特別奨励賞」受賞作品が登場だ!
陸井栄史先生のデビュー作、少年期の終わり。始まるよー
芋子ちゃん・・第一印象はグボハァな印象だったが、段々普通に可愛く見えてきてしまった。いえ、幼虫の時ね。
お兄ちゃんより、にーにーと呼んでくれる方が私としては嬉しいかなぁ。いかん駄目な感想だ。
ボクをそんな浅ましい変態と思っていたのかッッ!
何故いきなり板垣調になるッ!やはりこの男逸材・・チャンピオンに投稿するだけのことはあるッ!
そして羽化したもっこ・・この姿はーーーッ!
この姿のカットだけは前から見ていたが・・そうか、この漫画だったのか。ああ、もっこ・・
でもデビューできたんだ・・うん、見た目じゃないんだよね。うん・・森にお帰り・・
陸井栄史先生の次回作に期待だ!いや、面白かった。



2010年 44号


・範馬刃牙 SON OF OGRE
史上最強、最大親子喧嘩・・開戦直前!そのアオリを何回聞いたか!
なかなか闘う気配を見せない親子。焦れた花山が千春を使ってハッパをかけるという流れか?
拳で語ろうぜと殴りかかるが、掌底でアゴを打ち抜かれる千春。拳さえ使ってくれないというのか!
アンタじゃ弱すぎるから帰ってくれ!
ある意味優しさを伴った刃牙のセリフ。しかし、千春には通じない。
弱いお前だからいいと花山さんにお墨付きをもらってますからねぇ。
弱くて、勝てなくても向かっていく心意気。これが今の刃牙に足りないものということだろうか。
美味いコーヒー飲ませてお帰り願うくらいのヘタレでは言われてもしょうがないですな。
次週は、刃牙がどのように徹底的に千春を叩くかという課題ですな。
ビルの屋上にロープで垂らして保存食扱いするぐらいでないと諦めてくれないかも。

・バチバチ
吽形さんが苦戦を乗り越えようとしているころ、白水さんは廊下でダウンしていた。まだついてなかったんだ!
そこに颯爽と現れ、背中を貸してくれる川さん!カッコイー!
空流部屋の面々が揃ったところで、さぁ決着だ!一気にマワシを取り、押し込もうとする。
しかし、ブタフグの指がわきの下の肋骨に突き刺さる。さらに怪我したヒザにヒザ蹴りをいれられる。
エゲツナイ・・というか、相撲って怖いんだな。こりゃ踊りじゃないッスよ。格闘技ッス。
本気を出したブタフグに、土俵際まで押し込まれる吽形さん。しかし、ここで渾身の投げが決まった!
怪我をしたときの、中途半端な投げではない、渾身の投げだ!トラウマを見事に振り切っているのを感じられる。
一抹の不安があるとすれば、勝利宣言が入ったことでしょうか。
ここで倒れ際にまた右足を掴まれたりしたら・・という恐れが消えないのが怖い。

・ナンバデッドエンド
白百合の面々が剛の自宅に訪れるために電車に。
難破家の周りのガラの悪さはハンパじゃないな。一般人には厳しいところだ。
近所のオバさんも久しぶりに登場。このオバさんも若いころはイワセテたのかねぇ?
それはそれとして、剛には会えず両親に言伝を頼んで去っていく一行。
今の剛には会わせられないという父親。それは・・一体、どうなっているんだ今の剛?
ダークサイドに落ちてしまっているんでしょうか。ワル剛?
酒びたりで放浪している方向はいやだなぁ。徳川監督みたいになってたら別の悲しみが沸く。

・弱虫ペダル
ふともものテープを外し、全力を解放した御堂筋!
こんなこといっておいて、まだ奥の手の1つや2つもっていそうな気がするのが怖い。
自分にギアスをかけて、奥の手を忘れておったんや!ぐらいは言ってくれそうだ。
仲間のために駆ける新開さん。
その新開さんとは背負っているもののレベルが違うという御堂筋君。
はて、一体何を背負っているのであろうか。負けたら100日分の寿命が持っていかれるとか。
たしかに何かに憑かれていてもおかしくなさそうな人ではあるが。
二人の顔が並んでいる。この状態でゴールした場合、勝つのは新開さんである。
なるほど、自転車についたセンサーで判定するのね。御堂筋君は異様に前傾のダンシングを行っている。
最初は、鼻差ならぬ舌の差で決まるかと思ったが、そういうわけではないらしい。
タイヤ半分強の差で新開さんが差す!勝利の笑みを浮かべる新開さん。ほら、それがフラグやッ!
直前で御堂筋君がハンドルを思いっきり突き出し、先にラインを越える!
このアクロバティックな技。漫画的な技だと思ったが、ちゃんと「ハンドル投げ」という名前のある技らしい。
実際のレースでも使われる技なんだとか。へぇ。
というわけで、御堂筋君の勝利です。これで京伏での地位を保てましたねぇ。
しかし、ここで全開を出してしまったので、少しクールダウンして足を休めないといけないとかいう展開になりそう。
その間に総北が追いつければ・・という展開でしょうかね。

・侵略!イカ娘
TVアニメがいよいよ放送開始でゲソ!
テレビ東京系で見れるのは嬉しいけど、平日の深夜というのは厳しい・・なんとか頑張ろう。
リアルは涼しくなってきたが、ずっと真夏なイカ娘ワールド。今頃に熱中症ネタとはな!
そして、早苗は淑女でありました。襲うにもルールってものがあるんだよ!
襲われる相手には、何か述べてる!ぐらいにしか思われないけどね。しょうがないよね。

・みつどもえ
運動会間近ということで練習でございます。冒頭から佐藤君が死にそうだ!
変態ストーカーモード全開のおがちん相手では、みっちゃんも分が悪い。
しかし・・ちょっとやだ!のおがちんはなんというか・・アレだ!S心とやらをくすぐらされる。
これはみっちゃんの気持ちが少し分かってしまう流れでございましたよ。イヤハヤ。

・はみどる!
雷様じゃー。どっからみてもコントッス。やっぱり、群馬は栃木と争ってるんスね。
雷といえばエクレア。フランス語で稲妻のこと。チャンピオン読者ならそんなの常識よ!
そして、雷といえば骨!骨骨ロック!
かすみさんは、ネタが古いというところでキャラ性が強まってきましたね。それでいい!
なんとなく無駄にサービスするより、今回のような流れのほうが面白くてよいなぁ。

・元祖!浦安鉄筋家族
オチの前に1ページ大ゴマを挟むのは、浦安としては目新しいイメージ。
浜岡先生もいろいろ模索しておられますなぁ。女子も可愛くなってきておってよいよい。

・ケルベロス
叔母さんもちゃんと突撃取材して記事を書いたりしているんですなぁ。
荒唐無稽な話も、火の気のない0のところからつくるわけじゃぁないってわけだ。
さて、学校はカラスに囲まれていた。ついにカラスのダンナが動いたか!
カラスが得た身体は・・なんと、冬子先生!?
ここにきて先生プッシュが始まった!清叔母さんの可愛さもアッピルされてたし、そういうターン!?
本当に、もう最終ページの涙目の冬子先生は・・本当になんだろうね。
S心が刺激されるということなのか。みっちゃんの気持ちがわかってきてしまうではないか。

・ハンザスカイ
自分のペースで試合を進めてきたつもりが、終盤でポイントを奪われてしまう。
その事実に戸惑ったまま試合は進み、ポイントは同点。さらに逆転を許してしまう。
木田さんとしては無念でありましょう。まあ、折れずに突き進んだ半座の心根の強さが見事というものであるが。
それがわかっているからこそ、木田さんは相手を称えるのであります。
それを受けて礼をする半座。いやぁ、いい雰囲気だ。これぞ武道って感じですかね。
次鋒の野田は一瞬で終わってしまいましたけどね!
先鋒は、勝てば追い風となるが、負ければ仲間を爆発させる火種になる!
おぉ・・なんという名言。勝った方も負けたほうもいい勝負をしたからこそ言える言葉ですな。
先鋒じゃないけど、レオパルドンが同じことを言っても全く説得力がない!
そういえば、野田の負けっぷりもレオパルドン並みだな。
微笑さんがメインチームからフェードアウトしたことだし、次代のやられ役として野田君の活躍が見込めますね!むう。

・シュガーレス
岳のリベンジマッチ開始!あっさり倒れる岳。早いな!
でも復活も早いのが岳。気絶を何回も経験することで、復活も早くなったぜ!まず気絶しないようになれ!
そういえば、漫画の最初のテーマは、誠実に喧嘩しようぜ!だったな。
そういう意味では、岳はマリモより誠実なのかもしれない。強さはおいついてないみたいですけどね!

・キガタガキタ!〜『恐怖新聞』より〜
今回の女子は、ド嘘つきガール、吹石真洞さんでございます。
いつのまにやら、奇妙な女子紹介漫画になりつつある!恐怖新聞の恐子さんを筆頭に。
チャンピオンには月曜日に売っている裏チャンピオンがある!な、なんだってー!
この人の嘘は、迷惑というより、連発してウザがられているだけではないのだろうか・・
と思いきや、ちゃんと迷惑をこうむっている人もいるらしい。
いや、その嘘は信じる方が悪いだろう。ひとみ先生の嘘を信じるみたいなもんですよ
今日襲われることを知らなかったはずなのに、武器を仕込んでいた真洞さん。
この謎は次週明かされるのか?たんに護身は完璧だという人なのかもしれませんけどね。

・クローバー
なんとも久しぶりの真木さんである。久しぶりすぎて誰だかすっかり忘れてた。
その先輩は早乙女さん・・そ、その頭は石川ゴイモン!?
まさか、現代に転生して、学校の頭を張っていたとは、さすがゴイモンさんっすね。

・行徳魚屋浪漫 スーパーバイトJ
NJの漫画は職場の人には読まれていなかった!よいのか悪いのか。微妙なとこだな。
奇人が集まる街で楽しそうっすね!

・ドカベン スーパースターズ編
今回もカープが見事な守備を見せる。微笑さんもビックリだ。
このカープがどうして下位に甘んじているんだ?
言ってはならないことを言ってしまった気がするッ!!

・聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
全力で放ったライトニングプラズマ!しかし、全く効いていない。あれ?
神と人の間にはやはり大きな差があるということでしょうか。
ならば、これを食らえ。一人で放つアテナ エクスクラメーション!
なんという掟破りアテナ クスクラメーションを一人で打っちゃいけないと誰が言った?
でも通じません。うむう、なんという力の差。
しかし、まだ限界じゃない!まだ先がある。黄道12星座を背負い、レグルスが吠える。
獅子座の新技も見せてないですし、ここで倒れるわけにはいかないのでしょうな。さて、どうなるか。

・さらし首 三人衆
ネギ太い。ツッコミ所はそこか。
なんとなく、この漫画の方向性が見えてきた気がしないでもない。
まさかお色気枠だったとは、一話目ではわかりませんでした。そりゃそうだ。

・ANGEL VOICE
改めて見ると、市蘭サッカー部は丁度2年と3年で半々になるんですな。
そして、新入生、新入部員がやってくる。おぉ、まともそうなのが4人も!
マトモそうすぎて、特徴がないのが最大の弱点であるな。
しかし、そんな新入部員がいきなり潰される。うはぁ。めんどくさいことになってきやがった。
ヒロナオさん早く来てくれー!というわけには行かないのだろうなぁ。
まあ、ジミーがなんだかカッコヨイのでよいとしよう。
それはともかく、マイちゃんである。男達は全く気づいてなかったのか・・ダメね本当に。
ようやく病院に行ってくれたわけだが、一体どんな診断結果がでるのか・・怖いワァ。
それにしてもルカさんは本当に頼りになるなぁ・・ヒロナオさんの変わりに1年をなぎ倒してくれることに期待だ!

・釣り屋ナガレ
ちゃんとスペアのベルトを用意しているダンはえらい。
そのダンに喧嘩を売るニヤケカッパ。なんて怖いもの知らずなんだろう・・
競技は進み、ナガレとヒロの番。移動しながらの競技ってヒロに凄い不利。
と思ったが、台に登らなくていいならそこまでハンデにはならないか。
しかし、タイヤがパンクする。画鋲がばらまかれていたんだ!これは歩いている人にも危ない。
自分のことは耐えれても、仲間への行為は耐えれないぜ!ダンの鉄拳制裁炸裂なるか?
しかしまあ、本当に怖いもの知らずだな。競技中はともかく、終わってからのことを考えてないのか?

・出陣!!ムショ高排球軍
さて、最終セットでございます。小判の裏はどうなんだろう・・文字がないほう?
1年軍の心は折れかかっている。それも無理はないでしょうな。
心が折れてしまえばそれで終わり。奮い立たせるために円陣を組む。ほほう、やるではないですか。
そして、天馬の考えとは、たかし麿先輩以外のメンバーの正面を狙うことだった!
グラサン先輩のグラサンが、どパリンと割れた!
いきなり致死度が高いところを狙ってくるとは非常なり。天馬め。魔王軍らしくなってきおった!
まあ、先輩方が才能の塊とはいえ、それは得意分野でのこと。他の部分では3ヶ月の経験しかないわけで。
その辺りがわかれば、突破口は開けたも同然ですわなぁ。
先週の感想のとおり、たかし麿先輩以外は一人ずつ倒されていくのでありましょう。合掌。

・仁侠姫レイラ
最初のコマをみると、レイラとヒマツリが抱き合っているように見える。
そのおかげで、記者失格だな・・のコメントで変なことを想像した。ゴシップにするつもりか!
そんなことはなく、スクープを逃して判断をカムイに任せるという。
カムイはカムイでそれを受けて悪そうな顔をする。何を企むのか。
そして、このシリーズはどこに向かおうとしているのか!

・MCニコ
平山賢治先生による読みきり。日本語ラップが題材の漫画であります。
ふむ、確かに音楽に疎い自分にしては、黒人風の格好でYOYOいってるイメージしかないですな。
いろいろ考えさせられる読みきりでありますなぁ・・少年誌らしくはないけど、面白い。
ニコもローマン先輩もいきなり見た目変わりすぎだろ!という気持ちはなくはない。
まあ、それを気にする前に読み進めれる構成力はなかなかのものと思いました。
でも、最後の即興ラップで(意味不明)はどうなんだろう。変なツッコミを入れると冷めてしまう。
あれがニコ自身がセリフだったら・・アリかもだな!
それにしても、ボンクラどもの桃源郷でアニメのガン×ソードを思い出した。エンドレスイリュージョン。

・木曜日のフルット
フルットの1巻が10月8日に発売だー!
2ページ漫画でよくも単行本発売までこぎつけたものよ。
女性の部屋だからといって興奮するとは限らない。情熱が冷めて賢者モードになったデクノボーでした。もののアワレ!



2010年 43号


・弱虫ペダル
2日目のスプリント勝負もいよいよ大詰め!
新開さんと御堂筋君がカラー見開きで登場だ!新開さん、なんでもいいけど食ってばっかだな!
鬼の形相で走る新開さん。その速さを持って、御堂筋君との差を絶望的に開く。
さすがの御堂筋君もこれは予定外。今まで以上にビックリ顔になっている。
おぉ・・御堂筋君が目を細めたぞ!
って黒目の部分だけ細めやがった!キモッキモッ!
必死の形相で追いすがる御堂筋。しかし追いつけない。残り200を割ろうとしたところで、ついに!
御堂筋君が、両脚を縛っていたテーピングを剥がし、筋肉を解放させた!
まるでたわわに実った胸のごとく、ぶるぅぅんと揺れる御堂筋君のおみ足。ウェップ。
効果はバツグンだ!みるみるうちに追いつき、残り100mで並んだ!
この形相の2人が並ぶことになるとは・・もう夏は終わったよ!冷え冷えするわ!
しかし、この勝負は本当にどっちが勝つかわからないな。
御堂筋君の言うとおり、エーススプリンターが1番になれなかったら、重責がチームにかかろう。
でも御堂筋君もトップとれなければ、有言実行できなかったとチームの不信を招くことになる。
信望者が手の平返すと厄介なことになりそうだからのう。この勝負の結果はとても気になるぜ。

・範馬刃牙 SON OF OGRE
千春がなぜ、刃牙に挑んだのか。答えは先に送られました。
正直なところ、そこまで興味はなかったりするから困る。
それよりも、烈先生の方である。あのままKOというわけではなかったのはよかった。
しかし、いまさらグローブについての解説をされても困ります。今更すぎる!
これだけボクシングの歴史に詳しい烈先生が、グローブの怖さを知らないとは・・ホホ・・
というか、問題はグローブの強さより、相手に攻撃が当たらないことじゃないかね?
スモーキンの強さはまだよくわかっていないぞ!
ドロドロな状態の烈先生は、どのように事態を解決するのか!まあ、刃牙さんの今後よりは興味あります。

・バチバチ
恐れを振り払い、前に出た吽形さん。ついに組むことに成功。しかし、押し切れない。
基礎を鍛え上げ、スタイルを押し相撲に変え、負傷した足を武器とした。
しかし、それでも押し切れない。これが幕内に入った力士の強さということか。
ブタフグの形相もえらいことになっている。今すぐ箱根でスプリント勝負できそうな状態だ。
顔じゃねーんだよ・・・
ブタフグさんが言うと説得力あるなぁ〜ん、そういう意味じゃない?
ここで吽形さんの見事な技が炸裂。ブタフグも焦る。
そして、こっからである。こっからオッカネー吽形さんが現れるらしい。土俵に鬼が現れるか!?

・シュガーレス
2年生に敗れたシロと卜部が仲良く歩いています。1年でも噂になってますなぁ。
その2人に活を入れる岳。さすが初期主人公ですな。ここぞというときは決めてくれるんですね!
2人にやり返されて気絶する岳。やっぱり岳さんだった〜〜主人公補正のかからない主人公。新機軸だな!
さて、やられた連中がリベンジを開始するなか、ついにマリモにも2年の手が。
そして、岳の前にもリベンジ相手が登場である。ようやく白星をあげれる・・のか?岳よ。

・元祖!浦安鉄筋家族
最初から家の外でやるという発想がないところが流石の親子である。
家が崩れて笑っていられる神経は素晴らしいやら何やら・・ハハハ。

・ケルベロス
仰岐さん、墓送り成功。しかしそこで力尽き、気を失う景。
そこに現れたのは、常世。斬子さん墓守じゃないんだ・・そんな牙してるのに。
さて、常世は景に監視をつけていた。その監視員は、岸和田という男。そして、その連れの少女。
この世界は、男女のペアで行動するという原理でもあるんでしょうか?歯の欠けた笑顔がまぶしいぜ。
そして、春告君は景の行動を認めてくれました。これは嬉しい。
春告君も少しは男をあげれてよかったね。今後も出番はあるのかしら?次回からは新章突入だ。

・ナンバデッドエンド
長谷川先生と会って、何かが変わるかなと思ったら、ごらんの有様だよ!
よりどん底に落とされてしまいました。希望が見えやしない。
自主退学してから1週間たってるけど、ここから復学なんて見込みあるんだろうか・・?

・ハンザスカイ
残り25秒。ゲームの主導権は、一ノ橋先鋒、木田が握っている。
立て続けに上段突きをもらいポイントは5対3に。しかし、何かがおかしい。
プレッシャーをかけて押していたはずの、木田。しかし、いつのまにか押し戻されている!
リーチの差を埋めようと飛び込んで落とされてポイントがつけられていったという感じですか。
ここで、見事な奇襲。後ろに飛びながらの上段突き!
見事に決まりポイントゲットだ!・・が、残り時間は少ない。逆転はできるのか?
勢いでは負けていなかったという結論になる可能性があるのがアレですな。
ここから逆転するには、一本とらないといけないだけに、そういう展開になる可能性高そうだなぁ。

・行徳魚屋浪漫 スーパーバイトJ
生ゴミを捨てようとすると現れる、カラスとネコ。おや、崩の方々じゃないですか。山王さんちーっす!
カラスの嘴ってビニール袋もやぶってしまいそうな気もするけど、大丈夫なのかね?
中にいれてしまうのは、まあ論外だと思うけど。勇気を持って仕留めるんだ!

・釣り屋ナガレ
ヒロも世界レベルと言われる70m越えを達成。やりやがるぜ。
ここで新たなキャラ、寄元理士登場。なんてうさんくさいやつだ。
貸したロッドのリールがアクシデント。これで疑うなというのは無理な話ですな。
しかし、ダンはパワーキャラなくせに繊細な作業も黙々とこなすから怖い。キャラ立ってきてんなぁ・・

・侵略!イカ娘
イカ娘と千鶴が2人っきり。何か間違いでも起きたらどうするんですか!ナイナイ。
まあ、千鶴さんはこれまで人外な部分を見せることが多かったからねぇ。
今更人間だと言われても冗談にしか聞こえないでゲソ!あっはっはっはっはぶわッ!

・みつどもえ
寝込んでいる杉ちゃん。その胸元から管のようなものが伸び、外部装置につながっていた・・
豊胸マシンっすか・・マシン部分をおっぱいに見立てると、母親そっくりに見えますね!
しかし、母親に豊胸マシンを買ってもらうのはかなり恥ずかしい気がする。たぶんだけど。

・聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話
迫る水鏡に、座ったままで相対する牡牛座のオックス。
シオンに言わせれば、ホンモノの黄金聖闘士にかかれば、水鏡もひとたまりもないとのこと。どんだけ過小評価?
まあ、実際のとこ、立った状態で本気で放っていれば倒せてたかもしれないのよね・・
冥衣は防御力はあんまりたいしたことないという話もありますし。
ということで、牛さん。また立ったまま死にやがった!立ち往生すればいいってもんじゃねーぞ!
というか、相手を侮って手を抜いていたらやられちゃいましたはなぁ・・言い訳できないレベル。
水鏡の先に待っていろ、の声からして、冥界で共闘というフラグと受け取り、おとなしく死んだ。
そんな解釈ができなくもないとは思うけど・・でも、この負け方はやっぱりない。
そして、続きは12月ということで、しばらく休載でございます。これもないわー。

・はみどる!
アイドルは体調管理も大事なお仕事。いや、アイドルに限った話じゃないですけどね。
しかし、ネギを首にまくってどういう経緯で生まれた知恵袋なんだろう。というか、そんなキレイに巻けないッス。
そしてののちゃん。にわかのくせにやたらと細かい沖縄弁を駆使しておりますなぁ。これがプロ意識ってヤツ?
大根を脇や脚の付け根に挟んで熱を下げる。あれ、これどっかで聞いた気が。
そういえば、鉄鍋のジャンも肉を挟んで熱さましにしていた気がするぞ。部分的には正しいってことなのか!なんたる。

・ドカベン スーパースターズ編
三太郎はカープでも三番レフトか。広島の構成はわからないから、誰がスタメン落ちしているのかサッパリだ!
王シフト生んだカープの仰天シフトでまず岩鬼をアウトにする。そして次週は殿馬っと。
もう、リーグの優勝も決まってるというのに、のんびりとした交流戦の展開ですな!

・クローバー
喧嘩になるとわかったので、一安心の女子達。といっても半分か。
警察を呼ばれると余計にめんどくさいのでやめてください。
3倍以上の人数が相手だったが、ろくな怪我をうけることなく男性陣帰還。まあ、こんなもんっしょ。
他の漫画がやられまくりでストレス溜めの期間中なので、スッキリ片付けてくれる漫画はありがたいわー。

・ANGEL VOICE
百瀬復活!百瀬復活!
それとは逆にマイちゃんがえらいことになっていっている。というか、何故病院に行かないんだ?
食って寝てれば治ると思ってますのかね。
そういえば、全身に毒が回ってるのにそんなこと言ってた人がいたような・・病院だよぅッ!
それにしても・・市蘭メンバーの大根っぷりったらないね!
脇に挟まなくても見ていて冷や冷やするぐらいの大根っぷりだ。マイちゃんの風邪も治るぜ。風邪じゃないから意味ないけど。

・キガタガキタ!〜『恐怖新聞』より〜
鬼形冥のクラスでは、幽霊はいる・いない論争の真っ只中だった。
実際に取り憑かれている生徒がいるってのに、なんとも暢気なホホホ・・
その論争の最中に現れたのは、藤瀬七海さん。すごいヤバイ感じにキマっている子だ。
目はあちこちに泳ぎ、動きもカクカクしている。
それもそのはず、死体でございますから。うまく動けませんですよ。
しかし、自分が殺した相手がいきなり目の前に現れたとはいえ・・いきなり椅子で殴打はないでしょう。
というか、その身体はキガタのものなんだが・・痛くないのかね?
まあ、ナイフが手の平を貫通しても気にした様子もないみたいだしなぁ。痛みに強すぎるだろう、冥。
こんな痛み、ストーカー女に勝手に上がりこまれるのに比べればなんてことはないってことですか?納得した!
しかし、この地獄虫を受け入れるのはハンパない度胸がいるわなぁ・・口や目にも潜りこんで来るとか・・

・聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
座ったまま闘った牡牛座は死亡した。老いた獅子も座したまま戦い、死ぬというシンクロニシティか?
いや、こっちは別に侮って闘ったわけじゃないですからオックスさんと比べるのはよくないですな。
そういえば、こっちの若い牛さんは戦うこともできませんでしたな。不戦勝ということにはなるのか?

・出陣!!ムショ高排球軍
1セット目につづき、2セット目。全く状況は変わっていません。こりゃ辛い。
特にたかし麿先輩は凄い。これまでの全レシーブを受けて、汗一つかいていない!笑顔だし。
正面からじゃなければ受けれないかと思いきや、思いっきり横滑りで受けるたかし麿先輩。パネェな。
さて、そんな先輩達の弱点をつけと将軍は仰ります。弱点だと?
レシーブは全てたかし麿先輩がやっている。ならば、どうするか?あれだな。
守備についている、たかし麿先輩以外の身体を狙えってことだな!
うまく命中させてノックアウトできればまたよし。人数を減らせば勝機は十分だ!

・仁侠姫レイラ
ヒマツリ仮面のテロ行為!失敗!
逆にレイラに諭されて、引退を決意するのでありました。
歯はともかく、ヒマツリもいい顔してるなおい。奥羽プロレスは顔がいい者にマスクマンやらせる傾向があるのか?
まあ、ベビーフェイスばかりになってしまうという危惧からなのかもしれないけど。
しかし、マスクマンの練習風景はやはりシュールだわ。

・破壊症候群
期待の新人、第74回新人まんが賞を受賞した、阿部共実先生の破壊症候群がついに読みきり掲載だ!
小さな身体に大きなパワー。怪力少女による学園物?と思いきや、虫人間だと?
ええ。この漫画のタイトルは破壊症候群。主人公は破壊するのが大好きな子でございました。
趣味の項が破壊の女子高生・・アリだ・・な?乙女の表情でいうなら、まあアリだ!
パワー=破壊力ではない。ええ、その通りですね。
体重×スピード×握力=破壊力だ!
ということではなく、物質の急所をつくことこそが破壊だという。聖闘士でいうなら、原子を砕けってことっすか?
町で1番高いタワーを肉体ひとつで破壊したい。おぉ・・乙女の夢ッスね。イヤイヤ。確かに道徳的にダメっしょ。
道徳的に破壊がダメなら、破壊する理由があればよい。そのための虫人間です。可哀想に。
というわけで、ゾクソクしながらの思いっきりのいい破壊タイムの始まりだー!
飛びまくる虫人間。飛び散る血液。これまでセリフの多い漫画だったが、破壊中は静寂が支配しているぜ!
ところで、殴った指なんだが、それは皮が裂けているのかね?それとも返り血かね?
最初見たときは裂けているのかと思ったけど、よく見ると位置的にそんなとこで殴らないよナァ。
というわけで、町1番のタワーを合法的に破壊してご満悦な様子でありましたとさっと。

いやぁ、面白かったですよ。
最初のセリフの多さから、大ゴマを使っての破壊描写はメリハリが利いていて印象が強い。
少々詰め込みすぎな感じはなくもないけど、まあ、新人の読みきりなら詰め込みすぎぐらいがいいのかも?
連載になれば、いろいろとシェイプアップしていって読みやすくなっていくかもしれないですしねぇ。
というわけで、期待の新人の今後の作品に期待したいところです。

・木曜日のフルット
デンさん強すぎるっす。ブロック破壊するネコが全く歯が立たないとは・・
でもその名声は全てフルットのものです。フルットさんマジハンパねぇ!



2010年 42号


・ドカベン スーパースターズ編
広島東洋カープ 背番号07 微笑三太郎!
久々のドガベン表紙で送りますは、三太郎カープ移籍編
なんでも、この号、広島で売り上げが伸びているという噂があるとかないとか。
広島ファンの友人曰く、今は本当に大砲が欲しいらしい。
特に、この背番号07というのは準永久欠番扱いの番号であるとのこと。
なんだかしらないが、凄い期待されているというのはわかった!
その微笑さんだが、打撃練習は絶好調の様子。問題は本番でどれだけ、打てるか、ですな。
もっというと、交流戦だけ打ってもしょうがなくもない気がする。
まあ、見えないところだと活躍してくれますかれなぇ。カープでの微笑みさんの活躍に期待。

・ナンバデッドエンド
このカラー表紙は怖い!そしてなんとも物悲しい。
今までのコミックス表紙とかに比べるとバツグンにうまいのだが・・怖い。ポスターとかにされても困る怖さだ。
さて、伍大達3人に詰め寄られる剛。しかし語ることはできない。
この3人もあまり腹芸はうまくなさそうだしなぁ。
下手に喋っても・・というのはわかるが、黙っていても解決は難しいと思うがねぇ。
と、どん詰まりの状態で現れたのは恩師、長谷川先生。さて、この出会いが何を意味するのか・・

・元祖!浦安鉄筋家族
ツバをつけて本をめくるな!これは本当にやめていただきたい。芥川先生、ナイスです。
それはそれとして、漫画は漫画でいいけど、図書館に置くのはいろいろと違う気がする。
というか、チャンピオン本誌はともかく、小学校にREDとかいちごは・・NGNG!

・弱虫ペダル
スプリントバトルクライマックス。の前に、水田君のコーナーです。
あおりにあおってみた水田君ですが、福富さんにバッサリされました。
そこであせってあおりにかかるところがまだまだですね。そりゃ荒北さんにパチモノ呼ばわりされる。
弱点がある。だったら克服する。それが新開だ!
その信頼は素晴らしいと思います。でも前からわかってた弱点なんだから練習で克服しておいたほうが・・
正論では死合いは制せないということでしょうか。ロードはシグルイなり。
というわけで、箱根の直線に鬼が出る!
御堂筋君と並べて走るとなんともいえない光景だ!
そして、ついに鬼はつながれたトラウマという鎖を引きちぎり、先頭に立つ。
残り500m・・これは決まったか?最終コマの御堂筋君も呆然としているし。
しかし、まあ、御堂筋君の表情はあてにならないから困る。
オールフィクション(大嘘つき)ぐらいに信用できない。

・範馬刃牙 SON OF OGRE
そういえば、刃牙さんって全身には無数の傷跡あるけど顔には残らないのね。
歯が吹き飛んだりするぐらい打撃をうけているのになぁ。
独歩や花山さんはちゃんと傷が残りまくっているのに不公平だ!
でも、千春のように殴られすぎてむしろイケメンになった例もあったりするしなぁ。痛し痒し?
さて、その千春。手加減はもうお仕舞いだよ宣言にブチギレ。そりゃキレる。
ところで、刃牙。先週は柴さんだったのに今週は千春さんになっているのはどういう心境?
心では柴さんだけど、口では千春さん呼ばわりだぜ。そっちのほうが親密じゃないか!
そして立ち向かう柴千春に対し、そのアゴに3連発。
これは、あの狂獣、郭春成を葬った、アゴへの3連激!そこまでしなくてもの局地だ!
でもちゃんと一撃いれるあたりが千春の根性でありましょうなぁ。

・はみどる!
ヒーローショーにプ○キュア系のコスチュームで参戦。意外とこれいい仕事じゃないか?
さすが大物俳優がもってくる仕事は違う。さすがに初代ライダー。
プリ○ュアはアクション系も評判が高いので、殺陣は割とマチガイじゃないかもしれない。釘バットはさておき。
しかし、1話のデブがまたでてくるとは・・しかも妙にキャラ立ってるぞ。
ツンデレなファン。なデブ。誰得?はみどるでの爆発オチは斬新でよかったぜ。

・バチバチ
目に指をいれられたのに気づいた空流親方激昂。しかしここで止めるわけにはいかない。吽形さんのためにも。
しかし、このブタフグ・・強い!どこまでもエゲツナイ。
見た目がよければディオになれたかもしれないのに・・目に指を入れて殴りぬける!
しかし、相撲とは思えない勝負ですな。こりゃ観客も異様な雰囲気を感じ取るわ。
恐れを振り払い、足を踏み出す吽形さん。しかし、その顔面に張り手が飛ぶ。
うーむ、ヤバイな。普通に強いからヤバイ。頑張ってくれ、吽形さん。もう応援しかしようがない。

・仁侠姫レイラ
虚空僧侶との対戦が終わったばかりのレイラはコンディション最悪。
というわけで、土偶戦は最初に短時間決着を宣言しておく。
これで、長丁場の戦いを避けることができるわけですな。でも10秒は短すぎるだろ。
土偶は割と期待していたキャラなだけに、短時間決着はもったいないなぁ。
無理矢理押さえ込みのフォールというのもプロレスらしくはない気がするし・・
それはそうと、土偶もさわやかなキャラでしたな。
虚空僧侶もさわやかな坊主になってたし、マスクマンじゃなくてもベビーフェイスでいけそうだ。
まあ、カムイも何か企んでいるみたいだし、このまま引退で終わりじゃないのでしょう。
ネオ奥羽プロレスの旗揚げか!?
その辺りの計画があるのを知らないのかどうなのか、ヒマツリ登場。炎の心中を図る。
奥羽プロレスは人材が豊富じゃのう・・北の王国が可哀想になってくるぜ。

・クローバー
子供をつきとばされ、怒るケンジ。しかし、こんなところで大乱闘なんてわけにはいかない。
ここで始めるなら、一瞬で全員黙らせるぐらいでないといけないわのう。
というわけで、大人の赤井さんはうまいこと人気のないところに誘導することに成功。
いいのかい、ホイホイついてきちまって。俺たちはノンケでも殴り倒しちまう連中だぜ?
まあ、これだけの顔ぶれがそろっていて負ける姿は想像できませんわな。スカッといこうぜ!

・行徳魚屋浪漫 スーパーバイトJ
ヨシノさんうっぜぇ・・・・!
しかし、ヒジガードはどうなんだろう。何か凄い問題になりそうな技だが。
騒がれなければ問題ない?

・ハンザスカイ
己の油断を認めた一ノ橋先鋒、木田。
圧力をいかした攻撃で半座を追い詰める。この男もまた強い!
ところで、今回木田さんの攻撃が反則とられてましたな。
今まで結構強い当て方してたけど、いいのかなと思ったが、やはり寸止めが基本なのね。
あまり強く当てすぎると反則でポイントとられるというわけですかのう。
番場さんも認める木田さんの強さ。泥臭いながらも勝ちに貪欲。いいキャラじゃないか。
しかし、半座の目は輝いている。まだまだ折れていない!
それを冷静に読み取っている木田さんもまた凄い。これはいい勝負だ。

・シュガーレス
卜部が倒され、次の標的はシロ。
2年、キリオもかつてはシャケに挑み、倒された男だった。シャケさん強すぎだろ。
そのキリオの攻撃にヒザをつくシロ。ヘッドホンも没収される。
これで1年生が2連敗。リベンジマッチの方向になりそうだなぁ。マリモはどうなる!?

・ケルベロス
人質をとられ、なすすべのない景。
仰岐さんの爪が襲い来る。が、それは突如現れた亡者の霊の群れに止められていた!
それは守れなかった、守らなかった大人たち。そのことを後悔している大人たちの群れ。
その後悔の念が、仰岐の足を、動きを止めている。
そして、景はいったね。たった一人でも、お前を「許す」というのなら・・
そんな相手は現れません。命で遊ぶお前は、きっと誰にも許されない。
ここで友恵さんの言葉が生きてくるとは・・うまいな。
というわけで、仰岐戦、完全決着だ!割と長くかかったなぁ。脱皮してからは早かったけど。

・聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話
鳳凰幻魔拳を受けた水鏡は、とどめをさす力を失い、先に進んでいた。先に行ってたのかよ。
水鏡のみている幻は、弟、水清のものであった。
これはわかりやすい背景説明であるな。というか、相変わらず冥王側が有利すぎる設定だな。
ロストキャンパスのほうでも、アテナ軍の聖闘士は死んだあと、酷い扱い受けてたしなぁ。
こんな状況なのにずっと負け続けるハーデス軍。いろいろ問題ありすぎじゃね?
それはそれとして、金牛宮。グレートホーン一発で雑魚は粉々であります。やっぱりね。
そして、次回は牛VS水鏡である。牛さんもこれまでか!?

・キガタガキタ!〜『恐怖新聞』より〜
一つの悪夢は、別の悪夢を運んでくる!
なんと、読みきりで電車自己から救った少女が名前つきで復活してくるとは!しかも、ヤンでる!
少女の名は首加世(オビト カヨ)。クビカヨ。
その目標は、鬼形冥を自分のものにする!そのためには鍵を壊して不法侵入なんて朝飯前。
ゴンギツネ作戦と称して、料理を初め、密かに世話をやく作戦だ!
なんでもいいが、いちいち怖い顔をしないでいただきたい。本当に怖いから。
逆に想像のキガタが可愛くなっておる。でらうまでらうま。
そんな加世さんが見つけたのは、キガタ邸で佇む制服の少女。
それは、恐怖新聞の恐子さん。って何やってるんすか、アンタ。制服まで着こんで。正妻きどりかッ!?
ほんと、恐子さんの狙いはなんなんでしょうねぇ。不思議です。
そして、不法侵入がバレタ加世さんはどう切り抜けるのか。なんか恐怖新聞と違う方向性で面白くなってきた。

・みつどもえ
ナマコちゃんは順調にヒットしているようだ。よきかなよきかな。
パンツにナマコちゃんサインをしてもらうために吉岡さん宅を訪れるふたばにひとは。
パンツ持ちながら訪問するほうが破廉恥であるのは間違いない。
そして、パンツをあさっている姿は変態のものであるのも間違いない。しんちゃんの気持ちがわかったか!

・侵略!イカ娘
初音ミクの靴はニーソックスと一体型らしい。イカ娘のはちゃんと脱げてよかったね。
涙目のイカ娘はやはり可愛いなぁ。しかし、追いかけずにその触手を使えばよかったんじゃなイカ?

・とめがね
新人まんが賞出身、八谷美幸先生の読みきりでございます。
なんというハイテンション・・面白い。
しかし、最後の兄がいきなりキレたのは微妙に違和感。
脱がせられるのは凄い平気なのに、痛みはダメなんですかね?そういう変態はイヤ?
というか、兄弟は他人なのかという疑問もいまさらでてきた。
もっというと、自分であらかじめ外しておけばいいんじゃね、という疑問もでてきた。
まあ、そんなこと気にする前に読みきってしまえたわけで、勢いはある!
絵柄が少女マンガちっくなのは気にならなくもないけど、次回に期待です。

・聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
座った状態でライトニングプラズマ!せめて奥義で葬ろうとかそういう話ですか!?
ゼーロスさん楽しそうですね。ハレハレ。
牛さんの元にも冥闘士がやってくる。これは、バレンタインだっけか?
まあ、牛さんは健在でしたから、回想での負けはないですわな。たぶん。

・さらし首 三人衆
妖怪「さらし首舐め」
むう、なんというエロス。艶かしさを感じる。肉をねぶるのが趣味な人と仲良くなれそうね。
そして、「さらし首回し」は江戸最強の妖怪・・妖怪のランクが気になりすぎる。

・出陣!!ムショ高排球軍
将軍のビンタで迷いも飛んだぜ。たぶん。
というわけで、ストレートにジャリジャリ砲で勝負だ!
一流アスリートは、多く食べても太らない。それは大量の筋肉があるからである。
デフロのボディは実は、ほとんど筋肉である!肥満!?否、デブではないッ!!
デフロの過去回想。元日本代表の駄菓子屋のじいちゃんを喜ばせたい。
そのために子供のころから磨いてきたスパイクの腕!デフロのこの肉体も子供のころからの努力の賜物なのだ。
しかし、それもたかし麿先輩には通じませんでした。
これは、むしろストレートにいきすぎだな。正面からじゃなければ、さすがのたかし麿先輩でも・・おそらく。
というか、ブロックの腕にぶつけてへし折ったらいいんじゃね?とか言ってみる。コートは戦場だ!
さて、第1セットは2年生軍の圧勝。ここから巻き返しがあると信じたいが、あるのか?

・ANGEL VOICE
シンゴは練習の中、自分である技を見つけ出していた。
メイア・ルア。ポルトガル語で半月を意味する言葉。蹴りだしたボールと反対側を回って追いつくという。
スピードが要求される技とのことだが、シンゴには凄いピッタリな技だな。
そして、さらにシンゴがゴールに至るイメージを見るようになる。
バンをシザーズで抜き去り、ワッキーをメイア・ルアで抜き去る。
そして、ヒサシが距離を詰める前に、ゴールの隅にキレイに決める・・
誰だお前!まるでストライカーのようじゃないか!カッコイイぞ、オイ!
これは本当に凄いといわざるをえない。これが本番でも出来れば・・かなりの戦力であるなぁ。

・釣り屋ナガレ
勢い余って台から落下するヒロ!幼いころの事故を思い出しているようだ。
そのヒロを抱え上げるのは、ダン!ヒロよ・・なぜ赤くなる!
人前で抱え上げられ赤面するヒロ。そのヒロに仲間に頼れというダン。
どさくさに告白するユウであったが、あまり届いていない雰囲気だ。ダンに先を越されたな!
さて、最後の一投を決めて、この競技は終了・・そういえば、まだ4つぐらい競技残ってなかったっけ?
物語的には、これが最後の勝負みたいな雰囲気なのになぁ。

・ひよりびより
商店街と大手スーパーマーケット。まあ、仲が悪くなるのは当然ですな。
こりゃ、ペルソナ事件でも起こすしかないですよね。誰かテレビに放り込め!
まあ、そんなことはしなくても、ひよりちゃんがいれば解決ですよ。泣く子にゃ勝てない。
でも、自治会長が大人気なさすぎるのでありました。
哲弘先生の次回作に期待だ!

・木曜日のフルット
無職と漫画家は一日中屋根の下にいられる。
これは、言い換えれば、一つ屋根の下に一日中一緒だねという意味にならないだろうか?
まあ、白川先生は、そんなこと考えている余裕はなさそうですが。残念!



2010年 41号


・ケルベロス
巻頭のカラーページを使って薄汚れたおっさんと、子供の死体の山!
これがフクイタクミクオリティか・・やーいやい。
娘が可愛かったりするからまた困る。

景君が良い人なのは、ちょっとあっただけで分かってしまいます。まっすぐだからなぁ。
おかげで春告君も、いきなり失恋したような心境に。
景と友恵のクラスメイトで、友恵に恋愛感情抱いている人はみなこんな心境なのであろう。辛そうだな!
さて、ここで新キャラ登場!斬子さんはなんとなくジョギリっぽい。いやさギコ引きか。
牙の感じが墓守時の景と一緒である。
常世の墓守ですかねぇ。いきなりここでからんでくるとは・・面白くなってきた。
そして、景VS仰岐。予想通り人質を取られてボコられる景。
ここで、巻等に出てきたおっさんの何かが弾けた!そう来たかッ!
守りてえんだ――きっと、誰だって、本当は・・そういう意気地が――欲しいんだ
一気に決着に向かいそうで何よりですな。

・弱虫ペダル
左側を抜くことはできない!御堂筋君は右側を譲る気はない。どうする、オレ!
箱学の仲間達は言った。右側を抜くスペシャリストになればいいと。
しかし、尽八はウザカッコイイな。褒めてますよ?
箱根3年連中の仲の良さはわかったが、状況は好転していない。
左側を抜こうとしても手は勝手にブレーキをかけてしまう。ならば目を閉じればいいじゃない?
それか、車体を反転させ後ろこぎで抜くのを狙うとか!そういう漫画じゃねーから、これ!
新開さんがどうでるか、答えは次週。箱根の直線に鬼が出る!
あれだな!譲らないなら、後ろから突き破ればいいんだ!
というわけで、次週は鬼が御堂筋君のカマ掘るという話と見たぜ!厄いな。

・元祖!浦安鉄筋家族
怖い話って冷却効果あるもんなんですかねぇ。
何時間も話していると記憶がごっちゃになるのはわからないでもない。

・シュガーレス
いきなりマウントとられた卜部。ピンチだ!
タバコを押し付け脱出。そしてタバコがきれたとブチギレ。なんて人だ・・ッ!そりゃバカにされる。
襲ってきたゴリラの名前は、盛田イサミ。
「暇潰しに1年狩って遊ぼうぜ」組の1人だ。なんだそのネーミングセンス。今決めただろ。
ハズレ扱いされた卜部さんの反撃が始まる。
と思ったら倒されていた。ううう卜部さーんッ!!
卜部が2年に狩られる。このニュースは1年に衝撃を走らせた。ヒラオリも驚愕だ!キャーヒラオリー
次に狙われたのは・・シロ。次回はハズレじゃない男の戦いだぜ。ああ、卜部さん・・
いや、まあ。卜部さんのリベンジマッチもありえると思いますけどね。

・ナンバデッドエンド
自主退学した理由を吟子に告げる。しかし、これは2人だけの秘密。
とはいえ、そんな状態では納得できないクラスメイト達。
秘密を持ったから大事になってしまったのに、また秘密を作っちゃーいけないな。
というわけで、いい人代表、伍大の登場だ。この3人は剛にいろいろ言ってやっていい。

・バチバチ
どんな状況でも心を乱さない冷静さ。それが空流部屋、吽形さんの最大の武器だ。
酒を飲んだら暴れたりすることは忘れろ!
ともかく、そんな吽形さんがやり返した!不意をつたれて尻餅をつくブタフグ。ブザマ!
さて、本立会い。
ブタフグの突きが吽形さんの目をこすり、さらに怪我をした足に痛烈な一撃を加える。さらに追撃が・・
これはヤバイ・・このまま負ける、なんてことはないだろうけど・・ヤバイなぁ。
ヤバイ。ブタフグの顔とかほんとヤバイ。誰だよ、オマエ。

・ハンザスカイ
男子団体組手のトーナメント表が出ている。31校による組み合わせだ。
あれ、参加高校63校じゃなかったっけ?団体戦でれるだけ数がいるのは半分以下なのか?
どうでもいいが、市立泥沼って凄い名前だな。1回戦で負けてるけど。
さて、御門の初戦の相手は一ノ橋。一番槍、半座いきます。味方の激励も受けて気合十分だ。
半座龍之介 168cm 65Kg
木田稔   192cm 98Kg

24cm差の、33Kg差である。普通に考えたら圧倒的な体格差である。
まあ、ポイント制の空手道ならば、そこまで体格は差にならないかもだが。
しかし、その巨漢相手に真っ向から打ち合いを挑む!あれが範馬バ・・半座龍之介だ!
でもあっさり弾き飛びました。
圧倒的な体格差を見せ付けて、相手の勢いを削ぎ、萎縮させる。それが相手の狙い。
よい狙いだと思いますが、どこがギリ反則なんだろう?
まあ、そんなことでビビル半座ではありませんわな。一番槍らしく突撃でまずは先制である。さすがだ。

・行徳魚屋浪漫 スーパーバイトJ
やはり男だけの漫画は描きたくないらしい。わからなくはない。
しかし、この妖精キャラはどうだろうか。エギョエギョアザラク。チャンピオンネタをからめてくるのはさすがだ。

・釣り屋ナガレ
投擲台の上でステップを踏むナガレ!どっかの歌舞伎テニスを彷彿とさせてくれる。
端ですべったときとかかなり痛そうだ。
ナガレの投法にあてられて、必死な形相のヒロ。なんとなくガンダム種のキャラに見えてきた。
しかし、人にはいろいろ言っているのに、自分の番になると途端に冷静さを欠きますね、ヒロ。
そんなヒロが落下の危機である。これは確実にファールっすね。

・範馬刃牙 SON OF OGRE
現れたのは・・三つ首龍!ちゃんとキングギドラといいなさい。アニメでも配慮した言い方だったけど。
やりあうのに理由が必要ですかい?
そりゃ・・黙って受ければカッコイイけど・・
さすがにそれは・・俺と柴さんじゃあ・・
格が違いすぎて話にならねぇ!
もとい。闘う理由がない・・!
いや、このモノローグだと本当に相手にならないよとか言い出しかねなかったからつい・・
闘う理由がないという刃牙。実際、千春は花山さんに嗾けられていたのだった。
花山さんの狙いは何か?オヤジに怖気づいてる刃牙に根性を見せてやれってことですかね?
一方、烈先生は苦戦していた。
アゴを打ち抜いたはずの烈先生が、逆に打ち抜かれていた!不覚・・
いきなり負けちゃうの?なんとも不可解な相手である。
もう少し強そうなエピソードをもってきてくれないと、本当におきていることなのか判断つかないよ。
読者が催眠術にかけられている可能性は否定できないしな。パンッ。ハッ!

・侵略!イカ娘
イカ娘のアニメが10月放送決定!テレビ東京系だ!全国区でゲソ!
放送時間は、月曜日26:00だ。ド平日の深夜かよ!辛いが、なんとかしましょう。

さて、本編。
謎の穴の正体があきらかに・・なってない!
秒速100万コマでも追いつけない拳とは・・ファントムと呼ばれた神様も形無しだ。

・みつどもえ
縦笛を舐める小学生の話というのは定番ですが、男女が入れ替わるとこうなるのか・・どちらにしろ変態だー!
しかも、隠れての行動でないというところが素晴らしい。痴女痴女しいな。
しかし、縦笛に口をつけようとする加藤さんの絵はなんだかエロちっくである。おぉ、ひわいひわい。
そして、さすがの伊藤さん。そっちの方法もあったか!
楽しんでるからいいんだよと言われても、当のしんちゃんは・・
ふたばの縦笛を貸してもらうということで満足してもらえました。よかったね!

・はみどる!
恋するチャンピオン。少チャンだって恋をするんですってか。
ヨゴレ芸人のような行いが多かったわりにピュアな感じの3人でありました。
いや、ピュアというには少し遠い気がしないでもない。
しかし、まともなアイドル活動もしてたんだな。実ってないけど。

・ドカベン スーパースターズ編
三太郎はトレードでしんみり。一方、スターズは足利が活躍し、3連勝だ。
そんな状況での交流戦。三太郎もファンの声援を受けて乗り気になっている感じ。
さて、次回の巻頭カラーでは活躍を見せてくれるのか?

・聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話
さすがは水鏡。一輝に言わせると、これまであった黄金以上らしいとのこと。
でも幻魔拳は効くらしい。ボスのくせに状態異常が効くとはな。
というか、いつのまに鳳凰幻魔拳は伝説の技になったんですか?教皇が使うのはまた違う技だし。
それはともかく、牛が活躍中。
ここは通さん!→スペクター来る→先に行け。
シオンと同じ流れじゃないっすか。まあ、ボス敵いないし、スペクターもここで全滅っしょ?
これでザコに牛倒されたら・・本当にどうしよう。
あとからとてつもなく強いやつが向かってきているというのが気になるところですが。

・仁侠姫レイラ
選手X登場。流氷仮面だ。オマエかよ。
わざわざ隠していてこれとは・・ガッカリだ。あっさりやられたしな。
しかし、ゲストで来てマスク剥がされて引退とか。厄介払いされに来たのか、お前は。
さて、レイラの次の相手はザ・土偶。ぶちかましたれ土偶〜!
小柄な身体に合わないパワーファイター。決して巧いとはいえないファイトスタイル。
見たところ、かなり巧いファイトしてそうな気がしますが・・
しかし、鎧は脱いじゃうのね。なんか残念。だけどモノアイが動くのは楽しそうだ。
それにしても、今回のレイラはなんとなく作画が安定してないような。レイラ自身の。こんな顔だったかな?
そして、レイラの父親らしき人物が登場。物語まとめに入ったか?

・クローバー
夜の楽しみはBBQ!定番ですね。
ハヤトのいらないっ子ぶりが酷い。役に立ちたいけど立てないんです。しょうがないね。
そんなハヤトは最高の一枚を育てようとしていた・・凄いわかりやすいフラグだ。
そして今回のうちにフラグを回収するハヤト。パネェ!
しかしこのヤンキーども、本当にカッコワルイな。そんなだからモテナイんだよ。

・ひよりびより
はだかの女の人が載っているビックリ本から子供達を守らないと!
うむ、ビックリ本を回収するのは大人の役目である。でもビックリ本はないと大人も困るのさ。
草むらに置いておく事で青年達がりさいくるしてくれるというためになるお話でした。

・聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
回想である。
獅子座のイリアス。大地と語る男!
魚と会話し、食事となるものを差し出させた。生贄ですね、わかります。
でも感謝していただいているから仰岐さんとは違うよ。全然違うよ。
そのイリアスの元に訪れたのは、牛。ハスガードさんだ。NDとあわせてのW牛祭りだ。今夜はBBQだね!
イリアスさんは死んだ星を例に出して分かりやすい問答をしかけてくれる。
でも牛には通じませんでした。男なら拳で語らんかい!
しかし、若いころの牛さんは落ち着きがないですな。これが若さか。

・さらし首 三人衆
さらし首3人によるコメディーでございます。これがシュールってやつか・・
なんとも感想が難しいのがシュールな作品の困ったところだ。
というか、集中連載で何回も話が持つ・・のか?

・ANGEL VOICE
シンゴの1対1の練習の第2段階。と見せかけてヒサシの練習でした。
ループ恐怖症を克服するための練習らしい。さすがに箱学とは違いますな。
ループが怖いならば、後ろでずっと守るスペシャリストになればいい!ダメに決まっている。
しかし、じいさんの恐怖症への心配をよそに、ヒサシは冷静だった。
うむ、ゴールは絶対に割らせないという意思がなによりも大事なわけである。

―――――――――― _,-'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`-,―――――ト、―‐
―――――――――‐_,-':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',―‐、__人_ノ `ー′
―――――――――‐ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::_;:-r、::.r-、::i―ノ
――――――――― ´{::::i、ト(ヽ( !、r'ソ-'フ_,..- l::!r、l::}―> そう何度も
――――――――――l、!¨フp、._   _.. イヾハ !ノノ l:::}ー>
―――.--、_―――――! .l l.._`′     ー ′  .ノ:,'..:..:>   抜かれて
―‐ 「`ヽ.、__ノ――‐.. -‐'' ^'.l.   ,.ニ-‐‐ 、   r'.:/..:..:..>
―r┴、、_ノ { ―‐r''´..:..:..:..:..:..:.}    ト、._.. -}    `K..:..:..::>     たまるか〜!!
‐⊥‐r┘  `ー-┴'⌒ソ..:..:..:...-ト.、 レ' ̄ `V   .   〉..:..<
(、__`ヽ、       /..:..:.:/ /:..:.:`r、`ー‐ ′,.イ  /..:..:..:..´⌒ヽ

これもまた意思だけどね!
それはさておき、シンゴも何かに気づいたようだ。強い武器の入手なるか?

・出陣!!ムショ高排球軍
将軍様、大笑い。この将軍様の顔ムカツクわ〜偽者だけど。
ジャリジャリ砲をおとりにした攻撃は失敗。
これならば、威力のある攻撃で腕にダメージ与えた方がよかったかもね。結果論だが。
しかしやはり2年は強い。才能の塊の連中だしなぁ。まだ未知数なのも半分いるというし。
本当に勝てるのかと心配になる天馬に将軍様のビンタが飛ぶ。
このビンタの意味は!というか、本当に勝てる気がしないんだぜ。

・キガタガキタ!〜『恐怖新聞』より〜
キガタの幼馴染登場。そして退場。いや、いい話だった。恐怖新聞関係なかったけど。
ずっとキガタが笑顔の上、どっかに誘おうとするもんだから何を企んでいるのかと思ったら。
理解してから読み直すと、笑顔が悲しそうに見えるな。
それにしても、右側をぶつけてとめたのにえぐれているのは左側なのは何故に。
実際はああいう風にはなってなくて、演出なのかもしれないけどね。

・木曜日のフルット
残暑もひどいけど、それ抜けたらいきなり寒くなりそう。中間が欲しいよ。



2010年 40号


・ハンザスカイ
IH予選千葉県大会開幕!燃えるぜ!
参加高校総勢63校。こりゃあまさしくお祭りでございますな。
強豪高校は以下の通り。
ベスト8
東嶺大市川(元全日本王者が監督)
藤ヶ丘高校(スタメン全員180cmオーバー)
ベスト4
照命高校(仏教系の男子校。刻み突きの絵が微妙にシュール)
要陵学園(名門。3年の吹越は昨年の個人組手王者。たぶんイケメンの人がそれ)
準優勝校
私立一ノ橋高校(御門の初戦の相手)
優勝校
蓮城高校(常勝無敗)

やぁ、なかなかの顔ぶれではないですか。よくもこんなメンバーを揃えたものだ・・
そんな中で白帯の半座は確かに場違いに見えなくもない。峰岸のおかげで存在アピールできましたけど。
さらに宣戦布告に近い感じで吠えるものだから会場大注目。先生も大興奮。いい表情だなぁ・・
いい具合に盛り上がったところで1回戦開始である!
団体戦の方はわかったけど、個人戦は後日なんですかね?
他の高校も女子はいるみたいだけど、女子は個人戦だけなのかねぇ?その辺が不透明だなぁ。

・弱虫ペダル
ロードレースじゃだましはひとつのテクニック!
あのピギーも演技だったとは!割と騙されました。
迫る御堂筋君から逃げる新開さん。ほら逃げたァ!!そりゃ逃げるワ!キガタも逃げるさ。
ウ――
ウ――ッ
ウ――ッ
ウッウーじゃないよ。いきなりなんだよ御堂筋君。不安の種終わったらいきなりテンションあがりおって。
とか思ってたら、ウサギきた、ウサギ。ウサギ美味しいかの山!
さすが策士御堂筋。人の心を操り導く策士の技であるな。データ収集は完璧だ。
そのデータにはこんな情報が。なんと新開さんはあの日以来、敵の左側を抜けないらしい。
いろいろと致命的じゃないっすか。でも新開さんなら・・新開さんならなんだかわからないけど克服してくれるはず。
でないとあまりにも出オチなキャラでございますよ。直線鬼の本性を見せて欲しい。
しかし、御堂筋君のデータ収集能力はさすがだな。これは福富も危ない。
御堂筋「聞いたでえ・・福富くんは、昨年、前行く選手のジャージ引っ張って落車させたってな」
これ出されたら福富主将も焦らざるをえないだろうな。本当に御堂筋君は厄いぜ。

・ナンバデッドエンド
桐山にとてもムカついてしまってしょうがありません。
アンタ、ボクの生徒に何言ったんだよ!
おや、林田先生カッコイイ。全くもってこんなのおかしいでしょ。
剛は自主退学。代わりに改ざん書類を得て長谷川先生を護ることはできたが・・これは・・
ここまで来てしまうともうどうしようもないのかなぁ。うむむ、悔しい。
これは母ちゃんにモンスターになってもらうしかないのではないだろうか。モンペじゃなく、文字通りに。
憂さ晴らしレベルの報復でもいいから、桐山と校長に何かしておいて頂きたい。

・みつどもえ
ひと夏のアバンチュール。アバンチュールってそもそもなんなんだろう。
溺れた振りをしての人工呼吸作戦。ベタですな。痴女痴女しいぜ。
人工呼吸をしようと名乗り出る矢部っちを止めるひとは。うむ、この光景は・・矢部ひと派にはたまらんな。むふう。
イケメン様の時はさすがに宮下さんも嫌がってませんね。嫌がる前に突っ込みどころが多かったせいかもしれんが。
さりげなく蹴り落とす伊藤さんは本当に見事や。
そして、最後は泣きじゃくる杉ちゃんをなぐさめるみっちゃん。なんだかいろいろな要素をはらんだ回だった!

・元祖!浦安鉄筋家族
青田君人形はいきなり目が会うとかなり怖い。そういえばうちにも似たようなのがいたような・・
順子さんの中から大量の赤子が・・エロスを感じないでもない!

・範馬刃牙 SON OF OGRE
あれは忍者だった――
って柴千春じゃねぇかッ!見開き登場カッコイイっすね。
道の真ん中で待ち構えていたのは、刃牙。千春が刃牙に喧嘩を売る?どういう展開だ??
特に説明はないままカメラは烈先生に。
身長180cm体重92kgの小さなヘヴィ級。その相手に威圧される烈先生。
はたしてスモーキン・ジョーの実力はいかに。
これでまた一撃KOとかは勘弁してつかぁさい。

・バチバチ
ついに始まる吽形さんの大事な一番。
いきなりフライングで挑発してくるブタフグ。いやはや。わかったからさっさと轢かれろや。
次週こそは、吽形さんがブタフグをブッ倒してくれることを期待したいものです。

・仁侠姫レイラ
背中の刺青を暴いたら虚空僧侶大激怒。血管が浮かびすぎてマスクが裂けている!どんなんやねん。
素の部分を剥き出しにした虚空僧侶はエグいぜ。レフェリーだって殴るよ。
レイラだって負けてないぜよ。エグイのはキライじゃないってな風情だぜ。
ガチの喧嘩のような殴り合いを続ける2人。ありゃあ、2人とも最高に幸せそうな状態だぜ。
というわけで、台本通り勝ちを譲ろうと言う虚空僧侶。
敗れながらもスッキリとした表情です。なんかカッコイイじゃないですか。オヤジ坊主の癖に。
しかし引退を賭けた戦いなだけにファンの悲鳴が物悲しいなぁ。

・ケルベロス
仰岐さんは本当に気持ち悪いっすね。もうちょっとガマンしなさい。
でもダメ。ガマンできない!

まだまだ人質はいるぜという仰岐さん。景はこういう相手には本当に弱いなぁ。
カラスもじっくり見ているだろうし、どんどん苦戦していくことになりそうだ。

・聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話
アテナはちゃんと道標を残してくれていた!おぉ。なんとなく意外だ。
これで龍と白鳥も後を追ってこれますね。どれだけ後かわからないけど。リアルだと何年後になるやら・・
とにもかくにも、フェニックス一輝、聖域に降臨!
ここぞとばかりにカラーページでの登場。うーむ、やはりカッコイイなぁ・・
このフェニックス一輝をさえぎる者は敵味方関わりなく倒して通る!本当にやりかねないぜ・・ゴクリ。

・釣り屋ナガレ
ダンは世界クラスか・・いきなりレベルが跳ね上がったな!
そして、ナガレとヒロの似たもの対決である。動きまで似通ってきおったでー。

・侵略!イカ娘
外国の人も、ゆっくり単語で喋るようにしてくれたらこちらもわかりますのにねぇ。まくし立てるな!
私服のシンディーがなかなか可愛くって驚いた。普通にしていればなぁ・・
しっかり英語を学べているイカ娘は侮れない。なんだこの学習能力は!?侵略は学ばないのに。
そしてテンパる栄子もまた可愛いのであった。

・シュガーレス
さっそく2年の校舎で暴れる岳。もうすっかり犬扱いですね。鎖につないどけよとか言われておる。
トオルはすっかり岳のことが気に入ったみたいですね。可愛がってやるぜ!
4人組みはそれぞれ、シロ、マリモ、卜部をターゲットにして動き出した。
しかし卜部さんはすっかりハズレ扱いですね。まあ、あんまり活躍してないしなぁ。なんとか払拭できるか?

・クローバー
ケンジが意識しているぞ!しかし相手のほうはケンジを高校生とも思っていなかったとは・・しょうがないか。
トオル達色黒4人はゲンゲン達をたいした事ないのと言っているがどこを見て評してるんだろうか。
どう考えてもルックスも強さも上回っているとは思えないが・・そりゃ、水沢さんに無理と言われるわ。

・ドカベン スーパースターズ編
三太郎がトレード!まだ噂の段階なのかとか思ったら、もう決まったことだった!
相手は広島の若手投手、酒丸。新聞の絵だとどっちが若手かわからねぇ!
そして交流戦の相手がいきなりカープ。さてはて、いきなり三太郎復活なるのか?

・行徳魚屋浪漫 スーパーバイトJ
明太子はご飯のお供王者!いや、全くあたりまえのことでございますな。
クリーム冷やっこはどうだろう・・牛丼のご飯の変わりにトウフとかあるけど、クリームか・・
やはり組み合わせは王道がいいよね。

・キガタガキタ!〜『恐怖新聞』より〜
他にも恐怖新聞の読者がいた!
読者達が力を合わせれば・・なんて展開になるどころか、殺しにきましたよ。
もう一人の恐怖新聞読者、預言者・バンドー。たった100日の寿命で明日のことがわかるから嬉しい、か。
といっても人の不幸の予言しかできないのではなぁ。しかも、努力で外れるクラスの予言だぜ。
殺そうとするバンドー、逃げ切ろうとするキガタ。
ボクはお前を始末しようなんて思っていない!
かっこよく言い放ってみたが、あれは嘘だ。自分の用意した罠じゃないからハメてもOK!
あいかわらずキガタ君は堂々といい加減なことを言い放ってくれる・・それもまたよし!

・はみどる!
アガリさんは学校でアマリ呼ばわりされていた―ッ!
これはわりとショックな出来事ですな。というか、アマリって・・それは余りにもアマリ。
見た目の可愛さという点では、芸能界の人間からも高く評価されているアガリさんなのに・・
いろいろと疑問だったが、すずのさんの乱入でなんとなくわかった。ここの学生はイロイロおかしい。
いや、すずのさんが好評価なのはいいんだが・・いまどき金髪で渡来人とか。群馬が南蛮と申したか?

・聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
マスクをかぶって臨戦態勢の神竜のダンナ。しかし、すぐに外されてしまいました。おやおや。
まあ、ラダマンティスはかなりのイケメンですしね。マスク外しておく価値はある。
ここで先代獅子のお話。ああ、やはりレグルスの父親だったんですね。
いきなりここでラダマンティスとレグルスに因縁が判明。うむ、戦う理由バツグンじゃないですか。
いままでそんなそぶりを見せていなかった気もしますが、まあいいでしょう。存分に戦って欲しい。

・ANGEL VOICE
船学が八津野に敗れた。しかも、3−0の一方的なスコアだ!
しかし、船学はなんと選手権に出場したメンバー抜きのBチームだったという。なんだそりゃー
でも、そのBチームにも得点王になった選手がいたという。
さらに八津野の新キーパーは、あの船学の正キーパー皆川の弟だという!あいつの弟だと!
船学も八津野も本当に人材が豊富だねぇ・・しかし、市蘭だって負けてないさ。キット。
シンゴの大弱点だった1対1のスキルも格段にあがってますしね。ワッキー達も驚いている。
さらにこの練習で大きな武器を手に入れるらしいし・・ようやくストライカーとして期待できそうな予感だ!

・出陣!!ムショ高排球軍
努力対才能!ホラ貝の音も高らかにいざ開戦である。
しかし、たかし麿先輩も、カッチンもユニフォームの上にその頭は・・ムショ高ゆえに致し方なし!
まずは天馬のサービスエースが決まる。おや、あっさり1点くれましたね。
まあ、様子見というところだろう。2回目は超守備範囲のたかし麿先輩がレシーブをあげる。カッケー!
そして、次なる2年生、村尾。長身の彼はなんと超能力を使うぞ!
嘘だッ!嘘かよ。
心理誘導かよ。見開きでめっちゃオーラつきで飛んでおきながらのだましとは、さすが忍者汚い。
しかし、その汚さもまた戦場の理である。厳しい世界だぜ。
で、村尾殿は本当に超能力が使えますんで・・?なんという雰囲気の持ち主であるか・・

・ひよりびより
週チャンが誇る異端児・哲弘先生が帰ってきたーッ!
集中短期連載でございます。小学生が主人公のハートフルギャグだ。
主人公はハートフルだったが、町の人たちはやはり哲弘キャラ達だったぜ!いや、ましな部類か。
ハゲのお兄さんは中途半端なハゲじゃないから、外してもわりとカッコイイ気がした。虚空僧侶になれそうだ。

・MOB〜私立宝蔵学園萌え部〜
集中新連載のMOBでしたが、ここで最終回でございます。うーむ、面白くなってきたとこなのになぁ。
部長のゴートは悩んでいた。まあ、確かにモブは必要な部なのかどうかと言われると・・ハハハ。
隠れマニアを探すのはなかなか難しい。ええ、私も隠れオタクの側ですしね。
チャンピオン読者であることを隠す気はないんだけど、アピールする機会も少ないのがなんとも。
少数派の趣味の人に居場所を与える。これがモブの役割!おぉ、そう来たか。
確かに肉をねぶるのが趣味な人を5人集めるのは簡単じゃないでしょうなぁ。
しかし、天職の話。最初は何のことかわからなかったが、ああ・・そういうことか・・
それに気づいてから読み返すとなんともいえない気分になりますな。オギオギ。
というわけで、MOB終了であります!緋采先生の次回作に期待!
最初の方は読みづらかった原稿も後半は大分見やすくなり、キャラが出揃ってからは話も転がってました。
もう少し見ていたかった作品ですが、まあ広げるのも難しそうな作品でしたからねぇ。
次は新しい作品での次回作を期待しております。

・木曜日のフルット
乙女心 復活ッッ!
乙女心 復活ッッ!
烈先生のごとく叫びたくなるぐらい、乙女な鯨井先輩が可愛い。素晴らしい・・乙女心 復活ッッ!

週刊少年チャンピオン感想


2010年 39号


・ナンバデッドエンド
ナンバデッドエンドの9巻が9月8日に発売。この特服剛怖ェッ!色がやばいよ。
これだけ見た目が違うなら髪が降りても気づかれないんじゃとか思わなくもなかったり。

さて、本編。
呼び出された剛。何かと思ったらこう来たか。これは汚い。
まわりの学校をシキるヤンキーだからといって学業を怠ってたわけでもないし、内申よくてもいいジャン。
しかしこんな脅しをかけていることが知れたらそっちもヤバクね?まあ、剛にはそんな駆け引きはできないだろうけど。
基本的にお人よしだからなぁ・・まだまだ決着が見えないぜ。

・元祖!浦安鉄筋家族
じいさん頑張ったじゃないか・・
筋力が衰えたなら消力(シャオリー)使えばいいじゃない!

・みつどもえ
最初のページの松岡さんの食べっぷりが、みっちゃんとシンクロしてて厄いと思ったら・・
それにしても、松岡さんは宿題もう終わったのかね?

・弱虫ペダル
熊本は火の国!
なんでこう、いきなり出てくるチームはかませ臭が酷いのだろう。
しかし良い役割であったな。わざわざ坂道&田所の状況を教えてくださるとは・・
集団の後ろでウロウロしてると聞かされて笑顔になる総北メンバー。
絶望的だった状況から希望の日が見えてきたわけですからねぇ。そりゃ笑顔もでるさ。
一方、先頭。御堂筋君も笑顔が出ていた。バァ。
まあ、これは新開さんが悪いな。勝負がつくまえに勝利宣言するやつがあるか!
しかし、御堂筋君には何やら秘策があるような様子。なんだろう。
ウサギの大群でも飛び出してくるのかしら。なんだかんだでちゃんと名前呼んでるし、下調べしてそう。

・範馬刃牙 SON OF OGRE
ジョー・クレーザー36歳。
スモーキンの異名を取る男である。なんとも微妙な年齢だ!
烈先生曰く、彼には才能がない。
乏しい才能――
低い身長――
それでもなお絶望を断固拒否し――
死線を踏み越えた!
おやおや、ベタ褒めじゃないですか。烈先生自身、身長は恵まれてないほうだからかしら。
そんな烈先生の下に神様降臨!ボクシングといえば、この人!アライ父の登場だ!
息子はまだファイターでいられているのだろうか・・まあ、いいや。
神様アライは烈先生とジョー・クレーザーの試合を止めに来たという。
奴はホンモノの煙(スモーキン)だ!
まさか、本当にモクモクの実の能力者だったなんて・・これはヤバイ!?
しかし、烈先生は止まりません。ピクルにだって挑んだお人ですしねぇ。
アライもなんだかんだであんまり止める気がなさそうですし。
いきなりの神様の評価により、勝負は分からなくなってきた!・・か?
なんせ、アライ関係は周りの評価が当てにならない。達人2人が刃牙とアライJrの勝負結果大外ししてるし。
とりあえず、期待も失望もしないというスタイルで見守るとしましょう。俯瞰というやつだ。

・バチバチ
どうにか敗戦のショックから立ち直った鯉太郎。負けを知るのも成長だ。
さて、吽形さんの大事な一番が迫っています。
というわけで、ブタフグの残虐アピール!いやいや・・これはいかんでしょう。
白水さんがカッコイイだけにより非道さが際立つ。
ここはひとつ吽形さんにスカッと勝っていただきたい。
しかし、微妙に負けて引退なんて展開もありそうな気がして・・いやいや、それはいかんでしょう。
ブタフグには吽形さんに負けて、帰り道にダーク王虎に轢かれるぐらいしてもらわないとなぁ。

・ケルベロス
敵を前にしているのにそっちのけで友恵さんに向かうのはどうかと思うのですよ。
護るために戦っているというのはわかりますが、順序というものがあるでしょう!?
でも、後ろから陸劫かましてたら、勝負はついてたけどクラスメイトも死んでたかもしれないのか。
いや、景の判断はなかなか素晴らしい・・(手の平返し)
それはそうと、ピンチですな。まあ、そうそう負けることはないと思うけど。
他にもクラスメイトが吸収されてないかが心配ですな。

・ドカベン スーパースターズ編
アウトーおそまつ。
次週まで引っ張ったけどあっさりアウトでございます。まあ、そうだろうね。
そして、その後の大事な場面でも併殺打。いつもどおり三振しておればよかったのに・・
ついに微笑さんにトレードの話が!これはどうなる!?土井垣は責任取らないの!?
微笑さんがこの結果を受けてブラックになったりしないだろうか。暗黒微笑さんとか。厄いわね。

・侵略!イカ娘
ゲームで口論になり、絶交宣言。なんとも仲のいい話じゃなイカ。
ゲームのキャラ名で謝罪の言葉。これも割と聞く話ですな。律儀にゲソまでついてるのは流石でゲソ。

・聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話
ならばごらんあれ!われらが粉砕する様を!

カッ
ぐわー!

宣言通りに粉砕しやがった!
その後は水鏡のいうとおり、シオンをスルーしようとする冥闘士達。
ページめくったらまたカッ!ぐわー!で吹き飛んでたら爆笑したんだがそんなことはなかったぜ。
で、シオン対水鏡。あっさり吹き飛ばされるシオン。展開速いな。
血の涙を流す水鏡の真意はいかに?連載の間が空きすぎて水鏡のキャラが読めないぜ!
さて、一方現代。
フェニックス一輝は道に迷って往生していた。何してるんですか兄さん!
まあ、兄さんならどうにかして来てくれるだろう・・瞬よ、早くピンチになるんだ!

・クローバー
ケンジに春が来た!?この子可愛いですなー
それにしてもからんでくる男達がいかにもすぎて笑える。お前らそれでナンパできると思っているのか?

・シュガーレス
岳はすっかり自分のことをイヌと呼ぶようになったんですな。狂犬といえば格好はつく、か・・?
2年生は4人組。そして、一番目立っているのはトオル。クローバーとのコラボか?
次号は2年生による1年狩りとのことだが・・ヒラオリさんの出番がありそうだ!

・はみどる!
なんだか今回のヘアスタイルのすずのさんが凄い可愛く思えた。何故だろう。
しかし、相変わらずトップアイドル2人はヒマそうだな。スケジュールの合間をぬってわざわざ来てるのか。
まあ、ののかの方は好んで来ているんだろうけど・・せりかの方も好んで来てそうだ。
そう考えるとかすみさんの人間力も侮れないな。

・ハンザスカイ
そういえば、佐倉ちゃんは部活とかしてないんですね。
マネージャーの位置に入るのは定められたごとく、だったわけだ。
それにしても、佐倉もなかという名前はどうなんだろう。桜最中?うまそうだな。
まあ、この空手道部、道着の繕いとかも部員がやってたくらいだし、マネージャーの仕事多そうだな。

・キガタガキタ!〜『恐怖新聞』より〜
う・・カワイイじゃん!
いや、やっぱりそれはないと思うじゃん。ジャンジャン。
多足はやはりキツイ。その部分さえ見ないでおけば・・いや、やはりキツイじゃん。
でもカッコよかったよ。ギチギチ。お前は最高のヒーローだ!
しかし、恐怖新聞さん。記事の内容が曖昧すぎ。新聞のクオリティが問われる!

・釣り屋ナガレ
ダンがしゃべった!ヒロのスタンドじゃなかったんですね。
空気抵抗を少なくするダンの戦車投法と、風に乗せたリズのファンタジック妖精投法。地味だが派手なやつらだぜ。

・聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
テンマはずっと神聖衣のままで行けるんですな。大きなパワーアップだ。
そして、パンドラ様。不屈ですなぁ。泣き跡が残っている姿の方が似合って見えるのがなんとも。
さて、土星宮ではラダマンティスとレグルスの戦いが始まろうとしていた。
レグルスが命をかけるにはふさわしい相手でありましょうなぁ。
ところで、パルティータが天王星だとすると、あと海王星もあるはずだが、そこの守人は誰なんだろう?
今更にパピヨンのミューが現れるのか?

・出陣!!ムショ高排球軍
1年生の追加メンバーも揃い、チーム結成。努力組だ!デフロは昔からバレーやってたんだっけ?
そして、2年生レギュラー陣登場!真ん中三人が凄い異彩を放っている。
逆に端の学生服の人は普通すぎてかえって怖い。普通すぎるなんて怖すぎる!
キャプテンは入院中で、一人は病欠とのこと。キャプテンか・・どんなやつなんだろうなぁ。
とか思う前に最後の2年生、カッちん。忍者かよ。心理戦とか流石に汚いな忍者。忍者汚い。
1セットだけ取ればいいと言っても、正直勝てる気がしないわけだが、果たしてどう展開するかな。

・仁侠姫レイラ
虚空僧侶の回想シーン!普通に元ヤクザだ!
この事実には観客もざわめく。それをかき消すのもプロレスラーの技。
ロープの上で座禅!さらに、般若心経による催眠術!
対するレイラは毛針攻撃だ!父さん、妖気です!
いきなり現実世界から大きく離れた攻防が当たり前のように行われだしたぞ・・
まあ、火炎攻撃が普通に行われている世界だから何をかをいわんやだが。
そして、ラストは虚空僧侶の公開脱衣ショーだ!
みんな、もっと見てみたくないーっ!?
見たーいっ!!
やめろおおおおおっ!!
おっさんが剥かれて絶叫して引きとか・・素晴らしいカオスだ。
というか、虚空僧侶。別に隠す気はないとか言ってたじゃないの。やめろぉーじゃないよ。

・ANGEL VOICE
予備キーパーの万代とシンゴによる1対1の練習。バン、喧嘩っぱやすぎだ。
まあ、それはそうと。この練習で決定力があがるのはよいことですな。敗北で弱点を見つめなおせるようになったのはよい。
しかし、そんな市蘭イレブンにもたらされたのは、船学の敗退。
やはりあのキーパーが卒業したのが痛かったか?市蘭戦でのあのセーブ力は異様だったしなぁ。

・MOB〜私立宝蔵学園萌え部〜
この学校は一体どれだけ学生がいるのだろうか・・
ゴウトが部活の一覧用紙もってたけど、実際はあれより多そうな気がするぞ。
トレーディング部はかなり金かかりそうだなぁ。一種類どころじゃないとは。
自分もモンスターコレクションには手を出したが、いやぁ金が飛ぶ飛ぶ。
ロープレ部があるなら、TRPG部もあるのかしら。
オチはモブが一番いらないんじゃね、という結論。うむ、全く方向性が違う連中だしなぁ・・
まあ、部長のゴウトは自分の趣味のからまないとこだと変に度量があるから、まあ・・なんとか・・ならんか。

・AL
牙王死す!大暴れしてたんだけど、最後はわりとあっさりでしたなぁ。
まあ、エド爺も逝ってしまわれたし、なかなかの強さのボスでした。
白牙と玄牙は途中で逃走したっぽい。ふむ、これもまた生物史の1ページか。
最後は大きくなったアルの勇姿で締めである。うーん、可愛くはないけど、まあよし!
というわけでAL終わってしまいました。うーむ、もう少し読みたかった感じはあるなぁ。
やはり人間無しで進めるのは難しかったということなのかどうなのか。
牙王さんが喋らないキャラだったらもっと行けたのかもしれない。
まあ、所十三先生の次回作に期待したいところであります。

・木曜日のフルット
ロックな生き方・・なんてもう望めない状態ですね。まるで最終回のような流れだったぜ!



2010年 38号


・聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話
長い休みから帰って来ました、ND星矢。今回は何回続けれるのか!?
表紙は、またもや一輝兄さん。一輝、聖域へ!のアオリがついているが、今回は姿もでてきません。
前のときも登場とアオリくれておいて、最後の一コマだけだったなぁ・・出ただけ嘘ではないが。
というか、一輝は時空越えてなかったような気がしたけど来れるのか?まあ、瞬がいるなら来るか。一輝だし。

さて、本編。
カラーで聖域の全体像が見える。こうしてみると、最初の方の宮は間隔が長いな。
魚座カルディナーレの裏切りにより、ヤバイ状態の乙女座シジマ。テレパシーで助けを求める。
揺れる文字が凄い切羽詰った感じを出しているなぁ。その思念をキャッチしたのは牡羊座シオン。
アテナが赤子で降臨したことを知らされ、さらに教皇と魚座が裏切ったことを知る。大ショック。
そしてこのタイミングで冥闘士の軍団が到着だ!盛り上がって参りました。
テンマと瞬にシジマを助けに向かわせ、シオンは冥闘士と戦うことに。おぉ・・ついに白羊宮が戦場に!?
いつもいつも素通りされて次の牡牛座に迷惑をかける羊がついに仕事をする時が来た!
さりげなく張っておいたクリスタルウォールにひっかかり冥闘士1人いきなり戦闘不能。
ええ〜い全員で打ち破れぇ!
それで全滅したら面白かったがさすがにそんなことはない。
ここで現れた大物。その姿は・・冥界三巨頭の一人、ガルーダのアイアコス!いやさ水鏡!
仲間からもずっと水鏡の方の名前で呼ばれてますのね。
水鏡はシオンのクリスタルウォールを小石で砕く。いきなりの大物対決だが、果たして!?

・元祖!浦安鉄筋家族
涙&ノムさんのロッテ愛が炸裂しておる・・みつどもえ並の勘違いっぷりだな。
しかし、おなかを叩かれたノムさんが可愛い。

・みつどもえ
巻頭の声優グラビアについては、ノーコメントの方向で!スイカを切っているシーンとかなんとも厄いわね・・
センターカラーはアニメ絵の丸井家。草次郎は本当に独特な絵柄だ。
さて、その丸井家はみんなでお祭りに。確かに草次郎、甚平が似合っているせいか不審者度が下がっている。
でも、草次郎の場合、行いの不審者っぷりがハンパないからなぁ。ショタはまずかろう。

・弱虫ペダル
新開さんの回想入りました!
1年前。福富と新開は同じ中学出身。共に2年でインターハイに出場が決まった。
福富「3日間のうちどれか――オレは、ステージ優勝を獲ります」
おお、いうねぇ。実際その実力はあったんだよねぇ。でも、やらかしちゃったんだよねぇ・・
まあ、福富さんの方は置いておいて、新開さんの方です。なんと出場を辞退。
5番なんてつけてられるか、エースの4番をよこせ!なんて理由ではありません。
箱根の直線鬼と呼ばれた新開さんだが、勝負することが重いと語る。
レース中に飛び出した母ウサギをひき殺したことが軽くトラウマになっているようだ。
なるほど、この子ウサギを育てているのはその贖罪というわけかね。
その話を聞き、子ウサギを掴む福富さん。ごりっ。何をする気だ?贖罪ならぬ食材にするつもりか?
このウサギがお前を縛っているならオレが解き放つとか言うんですか?厄いです。
まあ、そんなことはなく。今年は辞退させてやるが、来年は走れと言う。待っているから!
福富さんの熱い思いに答え、3年のインターハイで現れた箱根の直線鬼。史上最強のスプリンター!
その熱い加速に御堂筋君も沈む。ピギーッ!ピギーッ!じゃないよ!ピギーッ!

・範馬刃牙 SON OF OGRE
父親が目の前から去ったことに安堵する刃牙。ホッとしているのか俺はッ!?
あれ、このセリフ昔も聞いたことがある気がするな。
このままじゃ、前と変わりがない。というわけで、去ろうとする勇次郎を呼び止める。
玄関をそっと閉めなきゃだめだろう。その通りだな。
会話は終わり。再び去っていく勇次郎。戻ってやり直せとは言えない刃牙。う〜ん。ヘタレ。
親子対決は本当にいつ起こるのかサッパリだな。また夜叉猿さんにやられてもらうしかないのか?
舞台はかわって徳川さんと鎬紅葉。悔いなき道を歩むというみっちゃん。
結局何をするつもりなんですか?早いところ明らかにしてくださいよー
さらに舞台は変わり、烈先生。次の対戦相手は煙のような男、スモーキンだ。
うーん。ぶっちゃけ期待ができない!もう少しぶっとんで見て欲しいところである。
過去一度も殴られたことがないとか。殴ったと思ったら煙になったとか。モクモクの実の能力者とか。そんな感じで。

・ナンバデッドエンド
退学はいったん白紙!立てこもり側の勝利だー!
話し合い多数決の結果、停学3週間に減刑である。喜ぶ人たちが多い中、不快感をあらわにする校長。
親にも知られずに白百合に入学することなど・・
いまさらその話を持ってきますか。この話がどういう問題を起こすのか、ちょっとわからないですね。
まだまだ悶着がありそうな気がするなぁ。校長もびびってないであと半年ぐらい様子見ればよいのに。

・バチバチ
まずは田上さんの解説。相性の悪さがもろに出たのだと言う。さすが田上さんの解説は的確だ!
それにしても、黒星という現実。ショックはかなりでかいようだ。
今までの稽古は無駄だったのかと落ち込む鯉太郎に怒る白水さん。自分だけが特別だと思うな!
負け続けながらも、なんとか上にあがろうとする白水さんらしいお言葉である。
鯉太郎は過去を思い出し、自分がここにいる覚悟と重さを振り返る。
が、ふと周りを見渡せば・・その覚悟を抱えているのは自分だけではないと気づかされる。
負けを知って勝ちの重さに気づく。これもまた貴重な経験といえましょうな。
げん直しに家に電話をかける鯉太郎。電話に気づいたマコ姉が可愛い。
まあ、なんとか今後の取り組みで引きずることはなさそうだなぁ。負けて兜の緒を締めよ、

・侵略!イカ娘
連載150回でゲソ!今回は花火。
ヘビ花火は普通に気持ち悪いと思う。うんこ花火はないだろう、たけるよ。

・はみどる!
ののちゃん、ビーチバレー大会に出る。さすがに売れっ子らしい仕事っすね。
運動オンチであるののちゃんはブルーな様子。というわけで、基本おせっかいなはみどるメンバーが支援を申し出る。ヒマだし。
本番でも乱入して支援だ!いろいろはみだしまくりながら。
このあいだはショウちゃんを犠牲にしてまで守っていたというのに・・

・ケルベロス
さすがに金屋ちゃんのサイズなら景でも無理なく抱えて走れます。
友恵さんのときはかなりサイズ差あったからなぁ。まあ、相手はメガトンだし。
さて、友恵達を発見した景は最短最速でたどり着こうとする。
墓守の姿で友恵の前に現れるわけにはいかない!ということだが、見た目的にそんなに変わってなくない?
むしろ見た目を大幅に変えたらいい気がするんだが。仮面を皮でつくるとか。
全体的に大きくなってみるとか。成長してゴンさんならぬ景さんと呼ばれてみるとか。
まあ、最後は可愛さが下がりそうなのでやめてください。わりとマジで。

・ハンザスカイ
青柳さんもかつて事件を起こし、空手道部を廃部においやっていた。
でも青柳さんは言ったね。仲間も護れねぇ拳ならいらねぇってさ。
これが護るための拳というやつか!あまりの迫力にチンピラたちも逃げ出す。
ようするに、アレだ。目撃者がいなければ何の問題もない!ということですな。
青柳さんに助けられた半座は部室に。謝罪する半座と、それを許す一同。
穂波嬢も、人の為に体を張れる奴は大好きだぞと言ってくれる。これは赤面する。
しかし、今週の佐倉ちゃんも可愛かったですなぁ。
さて、部を護るために、菅野先生も大人のマジックを見せてくれるらしい。
大人の女性の交渉術というわけですな!
取り出しますのは、過去のセクハラ写真。いやぁ、これは問題だ。
新たに色仕掛けでもしてくれるのかと思ったが、そんなことはなかったぜ!まあ、とりあえず不問になってよかった。

・ANGEL VOICE
市蘭メンバーの英語力は低い。まあ、そうだろうな。
しかし、ほとんどのメンツが成績が何段階評価か知らないというのもなぁ・・興味なさすぎだ。
真面目にやらなくても体育は10もらえる連中だしなぁ。
乾も、このメンバーならば船学に勝てる可能性があると言ってくれているし。
それぞれの身体能力は結構なもんなんですよねぇ。これがまとまりさえすれば・・
というわけで、ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン。君は決して一人じゃない。
この歌に感化された一同は一気にやる気を取り戻したのでした。
しかし、マイちゃんがかなりヤバイ・・病院に行ってくだされ。早いうちに。

・キガタガキタ!〜『恐怖新聞』より〜
霊能力はないけど、悪霊は普通に見える鬼型冥。それは立派な能力だ!松岡さんもうらやましがる。
さて、今回恐怖新聞に記事が載ったのは、同じ学校の生徒、真淵沢妖湖さん14歳
キガタは言う。お前に悪霊が憑りついているので引き剥がす。今からお前の家に行こう!
確かに図々しいナンパに聞こえるな。そりゃロシアンフックもいただきますよ。
妖湖さんは、今、悪霊と暮らしているという。あっさりと。
しかも、その悪霊を気に入っているから除霊なんてまっぴらだとも言う。
紹介されたのは、人懐っこくおとなしい、元は猫の霊と推測されるギチギチ。いや、可愛くはないよッ!
キガタ(こんな醜悪なヤツは今まで見たことがない・・)
冒頭に出てた悪霊の方が醜悪だった気もするが、まあよく見てないのでしょう。
この見た目で擦り寄ってこられてもなぁ・・しかも、飼いかた教えろといわれてもなぁ・・
パンツ見せてやったんだからギブアンドテイクと言われましてもなぁ・・見せてんのよってか、オイ。
よく見たら最後のコマの奥にある人形も妙な造形なのばかりだな。元々そういう美意識の持ち主なのか?

・ドカベン スーパースターズ編
微笑さんは辞める相談をしにきたのではないかと山田はいう。
母校を見てたそがれる微笑さんの姿はせつないな。
その不調まっただなかの微笑さんに代打の出番です。まだナインの期待もファンの期待も高い。
しかし、不調で苦しんでいる選手に、ぼくの誕生日だからホームラン打ってはなかろう。ファンの残酷さがよく出ている。
代打、微笑さんがサードゴロ。力走の結果は・・というところで次号に続く。
この結果で微笑さんの進退が決まる・・のか?

・聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
砕け散ったはずの聖衣があらたな姿になって蘇った。これぞ神聖衣(ゴッドクロス)!
神聖衣をまとったテンマとパルティータの最後の戦い。その戦いに敗れたパルティータの真実が見える。
元々オウルはアテナに仕える聖闘士。アテナと共に人としてこの世代に生まれてきたという。
ふむう、やはりパルティータの目的はテンマを鍛えることだったと?
まあ、見事に神聖衣をまとうまでにいたったわけであるが、なんだか微妙にスッキリしない。
テンマのほうはともかく、パンドラ様はずっとおいてけぼりだったというのが問題なのかも知れない。
せっかく生き残って乱入したのに、結局無視されたままなパンドラ様・・本当にパンドラ様はヘッポコなお方。

・クローバー
クローバーの世界も夏休み。というわけで、女の子をつれて海である。青春漫画みたいだな、オイ。
ゲンゲンも参加だ。反省の印に坊主頭になっています。って黒くなってるだけではないか。
ハヤトも突っ込む。坊主が坊主になってもそりゃ反省にはならないわな。
しかし、そのゲンゲンを誘った元はハヤトだという。おぉ・・いいとこあるじゃないか。ハヤトも人間力が上がっているな。

・シュガーレス
またコンビニでエロ本を凝視する岳。デジャヴだな。ヘタレめ。
タバコを無理矢理買おうとする卜部の姿もデジャヴだ。前回は結局買えたのか?
岳「マリモ、お前何食ってるんだ?」
マリモ「何で俺が何か食ってると思うんだ?
岳「だっていつもそうだろ」
これは岳のいうことが正しい。思われないと思うほうがおかしいぜ。
さて、新キャラは2年の千倉トオル。九島の頂点を獲る気はないらしい。
岳が久しぶりに出番をもらえたからということで嬉しそうに噛み付いています。今が踏ん張り時だ!

・釣り屋ナガレ
なんだあの「反り」! シルエットでみると凄いシュールな反りだ。弾丸だって交わせるぜ。
柔軟な体を思いっきり反らし、全身を竿の延長にしている!柔軟性より、筋力を使いそうな技だと思うぞな。
実際背筋に負担がかかっているみたいですしねぇ。まあ、意気込みはよし。

・出陣!!ムショ高排球軍
あらたな2年生のレギュラー登場。女、子供に優しい平行伸さんです。自分で言うのか。
その力は、驚異的な跳躍力。ふくよかな体してますのにねぇ。
その、跳躍力はバックアタックを行ってもフロントから打ち込まれたかのように感じるという。
ブッショワアアア。しかし、この絵面は・・正面から見ていると純な目のデブが近づいてくるわけか。キツイな!
平さんはバレー部に入る前にも幅跳びで成果を出しているという。これが才能の力だ。
才能がなければ勝てないのか?努力したヤツが勝つのではないのか?それは、結果で示してみせい!
というわけで、本日の部活は紅白戦を行うとのこと。ほほう、それは楽しみですなぁ。
果たして、2年生から1点でも取ることができるか・・取っちゃったよ。
いや、全くもって・・打てよ。みんな突っ込む。読者の自分も思わず突っ込んでしまった。

・MOB〜私立宝蔵学園萌え部〜
今回は心春回ということで、下校風景を観察。
裏庭でネコにエサを・・というか、一緒に食事をし雑談する。
その後、駅前でハトに狩猟本能を刺激され、電車の中ではオッサンの脇に吸い付く
さらにヅラにまとわりついて吹き飛ばす暴挙を行い、ようやく地元到着。ネコは自由だな!
地元のココハは愛されキャラだ。評判のノラネコっすね。
八百屋のところでもにゅもにゅ食ってるココハは可愛い。
親は普通のネコ好きだというのに・・まあ、もう手遅れだということで。

・仁侠姫レイラ
流血は派手なアピールにつかえてよいですな。マスクマンだとどうなんだろうという気もするが。
虚空僧侶の攻撃が続く。拳は反則だけど、見逃してもらえるぐらいの技です。
しかし、やはりこの作者。レイラが攻撃されているときの方が絵のノリがよい。
プロレスラーらしいやりとりで反撃に転じたレイラ。しかし、再び虚空僧侶のターン!
耳打ち!勇次郎も得意としている技である。下手したら本当に鼓膜が破れるぜ。
すがりつくレイラが見たのは、虚空僧侶の背中の入墨。本当に親子対決くるー?

・AL
鳥が気をひいている隙に、エド爺が最終決戦を挑む。
ははぁ、牙王の胸にはエド爺のあのときの角が刺さったままだったんですな。
何故かその可能性には思い至りませんでした。それで、角が倍長くなるとか言ってたんですな。
つむじさんたちを踏み台にして、カブさんが舞う。零距離射撃でのアル砲が決まった!
というわけで、次号大団円!エ〜!?やはり終わってしまうのか。
展開が速いなぁとは思ってたんですがねぇ・・ううむ、残念だ。
しかし、もう片方の白牙と玄牙はどうするんだろう?凶悪の遺伝子は残るという伏線だったりして。

・不安の種
あつかましいバアさんは普通に怖いよ。バアさんじゃなくても怖いだろうなぁ。
佐藤君はいつもこのようなつきまといをされているというのか・・!?
怖くなってきたところで、不安の種終了。むう、もう少し見ていたかったな。

・木曜日のフルット
こちらも夏ということで怖い話だ!
いやいや、傾斜が緩いどころか水平じゃないっすか。頼子は気づいてなかったようだけど。
いきなりあんなの張られたら気づく間もないですわな。おぉ、コワイコワイ。
しかし、MZG(みずぎ)はないな。凄いセンスだ・・


週刊少年チャンピオン感想TOPに戻る  作品別感想INDEXに飛ぶ

HPのTOPに戻る